板橋グリーンホール

板橋グリーンホール(いたばしグリーンホール、英語Itabashi Green Hall)は、東京都板橋区栄町に所在する複合施設である。旧名は板橋区立産業文化会館板橋産文ホール。2004年に改修工事が行われ、現在の施設名となっている。

板橋グリーンホール
Itabashi Green Hall
Itabashi Green Hall.JPG
情報
正式名称 東京都板橋区立グリーンホール[1]
旧名称 板橋区立産業文化会館、板橋産文ホール
開館 1969年4月
用途 格闘技・コンサート・見本市会場
運営 公益財団法人板橋区文化・国際交流財団
所在地 東京都板橋区栄町36-1
位置 北緯35度45分3.3秒 東経139度42分18.7秒 / 北緯35.750917度 東経139.705194度 / 35.750917; 139.705194 (板橋グリーンホール
Itabashi Green Hall
)
座標: 北緯35度45分3.3秒 東経139度42分18.7秒 / 北緯35.750917度 東経139.705194度 / 35.750917; 139.705194 (板橋グリーンホール
Itabashi Green Hall
)
アクセス 都営三田線板橋区役所前駅徒歩5分
テンプレートを表示

施設編集

イベントホール、会議室のほか、板橋区の行政施設(板橋福祉事務所など[注釈 1])が入っている。

  • 1階ホール(300席)
  • 2階ホール(250席)
  • 第101会議室
  • 第501会議室
  • 第502会議室
  • 第503会議室
  • 第504会議室
  • 第601会議室

マイクの使用及び飲食が可能な部屋は、2階ホール・1階ホール・601会議室のみとなっている。

交通編集

その他編集

都心から近く、会場使用料も比較的安いことからインディー系のプロレス団体の興行に使用される事が多く、特にNEO女子プロレスは早くからこのホールを使用し、常打ち会場となっていた。NEO解散後にその後継として旗揚げされたワールド女子プロレス・ディアナも2012年より(同区出身Sareeeの凱旋として)大会を開いている。板橋区に拠点を置くいたばしプロレスリングは、2014年の旗揚げ興行より観戦有料の興行の会場として使用しており、2020年には6回の興行を行なった[4]

会場がカーペット敷きである事から、紙テープ紙吹雪の使用が禁止されている(紙テープについては2012年にプロレスリング我闘雲舞が使用した際に可となった[5])。また、横断幕を壁に貼ることは可となっているが、ガムテープの使用は禁止。

プロレスは通常2階ホールで興行を打つが、埼玉プロレスのようにリングではなくマットを使用する団体が1階ホールで打つ場合もある。この場合、マットの周りに1列分のスペースを空けてパイプ椅子を並べる格好となる。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 開館直後から1972年までは板橋区立郷土資料館の前身である郷土資料室が設置されていた[2]。産文ホール時代には7階に板橋区史編さん調査会および後身である板橋区公文書館が設置されていた(2002年12月、旧板橋第三小学校跡地に移転)[3]

出典編集

  1. ^ 東京都板橋区立グリーンホール条例
  2. ^ 板橋・郷土資料館が一時休館へ 開設50周年の節目、パノラマ展示など一部撤去も”. 板橋経済新聞 (2019年8月22日). 2021年1月24日閲覧。
  3. ^ 板橋区公文書館の活動と姿勢”. 国立公文書館 (2015年3月). 2021年1月24日閲覧。
  4. ^ 試合結果 2020年”. いたばしプロレスリング. 2021年8月8日閲覧。
  5. ^ 『取り急ぎまして板橋大会』11月4日(日)板橋グリーンホール全対戦カード”. わふーでよよよ (2012年10月30日). 2012年12月22日閲覧。

外部リンク編集