メインメニューを開く

ユリアン・スヘーデル(Juriaan Schaedel)は、スウェーデン生まれの砲術士官。傭兵としてオランダ東インド会社に勤務し、幕府に臼砲の射撃方法を伝授した。

目次

経歴編集

スヘーデルはスウェーデン人であるが[1]、当時のオランダ東インド会社はオランダ人だけでなく、様々な国籍の人間が勤務していた。スウェーデン人は当時傭兵として雇われるケースが多かったようであるが[2]、これは三十年戦争においてスウェーデン軍、とくにその砲兵隊が威力を発揮していたためと思われる[要出典]

1614年および1615年の大坂の陣では、実体弾を発射するカノン砲カルバリン砲が使用され、城壁や建物の破壊にそれなりの効果をあげた。ところが1638年の島原の乱では、実体弾は土塁で構築され建物もほとんど無い原城には、まったく効果が無かった。幕府焙烙玉のような炸裂弾を発射できる大砲の有無をオランダオランダ商館長に問い合わせとことろ、臼砲であれば可能との返答を得た。このため、当時の平戸オランダ商館長であったフランソワ・カロンに臼砲の作製を依頼する。カロンは部下の鋳物師であるハンス・ヴォルフガング・ブラウンに臼砲の製造を行なわせ、1639年6月16日、麻布の幕府鉄砲方井上正継の射場において試射が行われた。目標には命中しなかったものの、炸裂弾の威力に幕閣は満足した[3][4]

1649年、東インド会社はブレスケンス号事件以降のオランダと幕府とのわだかまりを解決するため、江戸に特使を派遣することとなった。そのときのバタヴィア商務総監はカロンであった。カロンは幕府の臼砲に関する興味を知っており、40ポンド臼砲2門を献上し、また正規の砲術士官による射撃を披露することとした。この任務にスヘーデルと助手としてヤン・スミットが選ばれた。

 
重要文化財 武雄鍋島家洋学関係資料『攻城 阿蘭陀由里安牟相伝』武雄市蔵

一行は長崎到着後、1649年11月25日に長崎を船で出発し、12月13日に大坂に到着。そこからは陸路を通ったが、臼砲他の献上品を運ぶこともあり、一行はオランダ人24人に加え、日本人310人、馬128頭の大規模なものとなった。江戸には12月31日に到着したが、その頃将軍徳川家光は既に病を得ており、拝謁はできなかった。その後も回復の目処がたたず、結局4月7日、家光に代わり老中ら幕閣に拝謁した。会見は友好的なものであり、カロンの予想通り、特にスヘーデルが40ポンド臼砲の砲撃を披露すると大いに喜ばれた[5]

家光は自身の目で臼砲射撃を見ることを希望しており、このためスヘーデルとスミットは江戸に残るように命じられた。滞在中の費用はすべて幕府が負担した。1650年9月1日、江戸郊外牟礼野(現在の三鷹市)の原野にて幕府が主催し、スヘーデルが指導した攻城戦の演習が行われた。スヘーデルは、攻城においては測量が重要であることも指導した。スヘーデルの教えを、軍学者の北条氏長は「攻城 阿蘭陀由里安牟相伝」にまとめ、家光に献上した。この本は幕末砲術家である高島秋帆も所有していた[6]。スヘーデルらが長崎に戻ったのは11月14日であった。その後、スヘーデルは一旦バタヴィアに戻り、東インド会社を退職して故国に帰った。

スヘーデルは日本人に三角測量を教えた最初の人物とも言われている[7]。三角関数表も提供しているが、複雑すぎたためか三角関数を使った計算による測距法は受け入れられず、その後は相似を利用した作図による測距法が紅毛法として普及していく[8][9]

脚注編集

  1. ^ スウェーデン式に発音すると、ヨーハン・シェーデルとなる。スウェーデン人としたのはムレーンによったが、延岡繁は他のスウェーデン人(ヨーハン・オーロフソン・ベリエンシェーナ)との混同ではないかと指摘している。したがって、スヘーデルはスウェーデン人ではない可能性もある。
  2. ^ 海運の研究者である篠原陽一によると、やや時代が下がるが、1687-88年の東インドにある商館や要塞のヨーロッパ人従業員数11551人の内、軍人は7806人(うち高級軍人200人)と70%近くを占めている。またオランダ本国の人口が少なかったこともあり、東インド会社の全期間を通して、水兵の40%、陸兵の60%は外国人であった。
  3. ^ オランダ商館長日記
  4. ^ Till Weber
  5. ^ グンナル・ムレーン
  6. ^ 武雄市図書館・歴史資料館 平山醇左衛門
  7. ^ これに関しては、スヘーデルと共に江戸に滞在していた、ドイツ人医師カスパル・シャムベルゲルとする説もあるが、小曾根は両者の経歴からスヘーデルであろうと推測している。
  8. ^ 小曾根2011
  9. ^ 小曾根2012

参考資料編集

外部リンク編集