ユリア・バイチェバ

ユリア・バイチェバ(英語:Julia Baicheva、1972年2月12日 - )は、ブルガリアの元新体操選手。

人物編集

女王ビアンカ・パノバアドリアナ・ドナフスカの引退後、ブルガリアの新体操のエースとして期待された逸材で、優雅な演技の中にスピーディーな種具操作をこなす演技が魅力的であった。

当時新体操界をリードしていたソ連のアレクサンドラ・ティモシェンコオクサナ・スカルディーナと対等に渡り合い、1990年、欧州選手権大会では個人総合優勝を飾っている。

一度の引退を挟み、1993年世界新体操選手権で復帰、個人総合9位となる[1]

略歴編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ この大会から同郷のマリア・ペトロバが世界選手権3連覇を成し遂げている

関連項目編集

外部リンク編集