ユルガロシア語: Юрга, Yurga)は、ロシア連邦ケメロヴォ州都市。人口は84,100人(2005年)。

ユルガ市の市章

トミ川の河岸に1886年に建設された村を起源とする。シベリア鉄道の開通によりユルガ駅が設置され、ここからクズネツク炭田(クズバス)への支線が分岐するようになった。スターリンによる大粛清の時代にはグラグ(収容所)が建設され、鉄道建設や鉱山労働に収容者が駆り出された。1930年代末期にユルガに機械工場の建設計画が立てられたが、第二次大戦中、ドイツ軍の攻撃に晒されたヨーロッパ・ロシアから工場が移転してユルガの軍需工業が急速に発展した。1949年に都市として登録された。

軍事編集

ロシア陸軍第74独立親衛自動車化狙撃旅団が拠点を置いている。

外部リンク編集

座標: 北緯55度44分 東経84度54分 / 北緯55.73度 東経84.9度 / 55.73; 84.9