メインメニューを開く

ヨネクラボクシングジム

ヨネクラボクシングジムは、かつて東京都豊島区目白二丁目に存在した、プロボクサー養成を主目的としたボクシングジム。運営は株式会社ヨネクラ.プロモーション[1]

株式会社ヨネクラ.プロモーション
Yonekura Promotion Co. Ltd.,
Yonekura boxing gym Tokyo 01.jpg
ヨネクラボクシングジム
西武池袋線の車窓から見ることができた
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 ヨネクラ
本社所在地 日本の旗 日本
東京都豊島区目白2-28-9
設立 1963年3月
業種 サービス業
法人番号 1013301013123 ウィキデータを編集
事業内容 ボクシングジムの運営
代表者 代表取締役 米倉健司
関係する人物 米倉健司
テンプレートを表示

沿革編集

メルボルンオリンピック選手で、プロボクシング日本フライ級東洋太平洋バンタム級王者の米倉健司1963年3月に開設し、2017年8月に閉鎖するまで54年間会長を務めた。

ジムは当初、東京・大塚に「NPヨネクラジム」として開設し、1969年に目白に移転し、ヨネクラジムに名を改めた[2]

閉鎖するまでの54年間で5人の世界王者を生み出した。これは協栄ジム帝拳ジムに次いで日本プロボクシング協会加盟ジム世界王者輩出数歴代3位の記録である。さらに東洋太平洋は8人・日本王者は歴代最多の31人にのぼり「日本一のチャンピオンメーカー」の異名を謳われた。また米倉がアマチュア出身だったこともあり、アマチュア選手の育成も行った。

柴田国明が世界王者だった1970年代には、BVDの日本法人(現在の富士紡ホールディングスとは違う会社)がスポンサーにつき「BVDヨネクラボクシングジム」という名称だった時期がある。

米倉は以前から「ジム経営は自分一代限り」と明言していたが、2017年4月、自身の年齢や体調等を理由に同年8月末をもってジムを閉鎖することを発表[3]、同年8月31日の最終日には成田城健(元日本ライト級王者)、西澤ヨシノリ(元日本ミドル級王者)らジムOBも駆けつけて最後の練習を見守り、ジムの歴史に幕を下ろした[4]。ヨネクラ.プロモーションは清算手続に入り、2018年5月28日に法人格が消滅した[1]

概要編集

選手の性格に合ったボクシングスタイルを見つけ、育てることを信条としていた。

選手編集

ジム出身世界王者編集

在籍した主な選手(世界王者以外)編集

練習生編集

関連画像編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 株式会社ヨネクラ.プロモーション国税庁法人番号公表サイト
  2. ^ さよならヨネクラジム!「日本の名門」が閉鎖を決めるまで”. 現代ビジネス(講談社) (2017年8月19日). 2019年5月28日閲覧。
  3. ^ ヨネクラジム 8月閉鎖 ガッツ、大橋ら世界王者5人輩出の名門 - Sponichi Annex、2017年4月28日 05:30配信、同年5月14日閲覧
  4. ^ “ヨネクラジム55年の歴史に幕 OB成田氏ら集結”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2017年8月31日). https://www.nikkansports.com/battle/news/1880778.html 2018年3月29日閲覧。 
  5. ^ a b ヨネクラボクシングジム 杉田兄弟のブログ 2008年4月4日

関連項目編集