ヨハン・レメン・エベンセン

ヨハン・レメン・エベンセン(Johan Remen Evensen、1985年9月16日 - )は、ノルウェーヌールラン県オークネス出身のスキージャンプ選手。

ヨハン・レメン・エベンセン
Johan Remen Evensen NOR.JPG
基本情報
フルネーム ヨハン・レメン・エベンセン
誕生日 (1985-09-16) 1985年9月16日(35歳)
出身地  ノルウェー
ノルウェーヌールラン県Øksnes
身長 179cm
選手情報
クラブ Molde og Omegn IF
最高記録 246.5m(2011 ヴィケルスン)
ワールドカップ
シーズン 2008年–
優勝回数 1回
他の表彰台 5回
表彰台獲得数 6回
 
獲得メダル
男子 スキージャンプ
オリンピック
2010 バンクーバー 団体
ノルディックスキー世界選手権
2009 リベレツ ラージヒル団体
2011 オスロ ラージヒル団体
スキーフライング世界選手権
2010 Planica 団体
最終更新日:2011年5月14日
テンプレートを表示

プロフィール編集

エベンセンは7歳の時家族とともにムーレ・オ・ロムスダール県モルデに移り住み、父親に勧められてジャンプを始めた。 16歳の時トロンハイムのGranåsenで大転倒し腎臓を損傷する大けがでしばらく車椅子の生活を送った[1]。 医師には選手生活を断念するように宣告されたが、彼は努力して復活した[2]。 この怪我のため彼は比較的遅咲きの選手で、2007年3月に21歳で初めての海外遠征で日本を訪れた。FISカップを兼ねた国際蔵王ジャンプ大会NHK杯宮様スキー大会国際競技会ノルディックスキー・スペシャルジャンプで優勝してようやく頭角を現した。

2008-2009シーズンにスキージャンプ・ワールドカップへデビューし総合20位、2009年ノルディックスキー世界選手権団体銀メダルに貢献した。

2010年バンクーバーオリンピックアンデシュ・バーダルトム・ヒルデアンデシュ・ヤコブセンとともに団体銅メダルを獲得した[3]。このシーズンのワールドカップ総合は18位だった。

2011年2月11日、改築されたヴィケルスンフライングヒルで行われたスキージャンプ・ワールドカップの予選ラウンド、まずは試技で243mを飛ぶと続く予選で246.5mを飛んで世界新記録とした[4][5]。 翌日の本選ではグレゴア・シュリーレンツァウアーと同点優勝、自身ワールドカップ初優勝となった[6]

自国開催の2011年ノルディックスキー世界選手権ではラージヒル団体で銀メダルを獲得した。

2011-2012シーズンは不調で代表を外れたが、2月20日、現役引退を発表した[7]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Remen Evensen fryktet at karrieren var over (ノルウェー語)
  2. ^ Johan Evensen bisher der Shootingstar der Saison
  3. ^ Resultat: Skispringen Olympische Spiele Vancouver (CAN) HS140 Team, Finaldurchgang Herren”. live-wintersport.com. 2011年5月14日閲覧。
  4. ^ Remen Evensen hoppet 243 meter”. Aftenposten. 2011年5月14日閲覧。(ノルウェー語)
  5. ^ 246,5 meter i Vikersund11. februar 2011”. VG.no. 2011年5月14日閲覧。(ノルウェー語)
  6. ^ - Jeg er jo gal i hodet12. februar 2011”. VG.no. 2011年5月14日閲覧。(ノルウェー語)
  7. ^ Evensen retires - Norway nominates team for SFWC”. Fisskijumping.com. 2012年2月20日閲覧。

外部リンク編集