ヨーハン・マルリェー

ヨーハン・マルリェー(C. Johan Masreliez)は1939年ストックホルムに生まれ、1967年からアメリカのシアトルの近くに暮らしていた物理学の工学士である。

カール・ヨーハン・マルリェー
生誕 Carl Johan Masreliez
(1939-11-30) 1939年11月30日
 スウェーデン ストックホルム , Bromma
居住 スウェーデン (1939-1967)
アメリカ合衆国 (1967--)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究分野 物理学
電気工学
現代宇宙論
研究機関 Boeing, Seattle
ワシントン大学
Honeywell Marine Systems
Analytic Technology Corp
出身校 スウェーデン王立工科大学 (KTH)
University of Washington
博士課程
指導教員
R. Douglas Martin
博士課程
指導学生
不明
主な業績 マルリェーの定理
スケールで広がる宇宙
主な受賞歴 不明
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

伝記編集

彼は、ボーイングハネウェルで産業研究としてのキャリアをつみながら、1972年ワシントン大学で彼は博士号を得た 。[1] 1973年から、彼はカルマンフィルター博士研究員を行った。[2] 後方の研究は彼の死後マルリェーの定理と名付けられた。[3] 彼は独自にいくつかの特許をとり続けた。[4]

天体物理学編集

1995年から、彼は主に天体物理学、とりわけを難解な宇宙モデルに焦点をあてた研究を個人で進めている。その研究を彼はスケールで広がる宇宙(Scale Expanding Cosmos, EST) と名付けた。[5] 規模を拡大し、宇宙は第五次元はスケールの構成時空間で、モデルを使用して、ハンス・アルヴェーンオスカー・クライン、スウェーデンの伝統にリンクされている。[6]

ESTは、パイオニア・アノマリー の説明

 

をしうるものとして注目を集めている。[7] マルリェーの結果はまた、Fahr & Siewert (2008)の2つの記事にコメントされている。[8][9]

もう一つの定量的な結果は、彼の予測が付属した新しい宇宙抗力効果のことで, 太陽系の中で永年変化の背後にある理論。[10]

関連項目編集

出典・注釈編集

  1. ^ Masreliez, C. J.; Robust recursive estimation and filtering, Ph.D. dissertation, University of Washington, Seattle, 1972.
  2. ^ Masreliez, C. J. Approximate non-Gaussian filtering with linear state and observation relations , IEEE Trans. Auto. Control (1975), 20, pp. 107—110.
  3. ^ T. Cipra & A. Rubio; Kalman filter with a non-linear non-Gaussian observation relation, Springer (1991).
  4. ^ C. Johan Masreliez; Method and apparatus for apical detection with complex impedance measurement, US Patent 5759159
  5. ^ Masreliez C.J.; The Scale Expanding Cosmos Theory (1999), revised online-version July 2006, Astrophysics & Space Science, Ap&SS, 266, 399-447
  6. ^ Masreliez C. J., Inertia and a fifth dimension-Special Relativity from a new perspective, Ap&SS, V. 326, Number 2, 281-291, (2010)
  7. ^ Erhard Scholz; Another look at the Pioneer anomaly, ArXiv preprint astro-ph/0701132, (2007) - arxiv.org.
  8. ^ Hans J. Fahr and Mark Siewert; Imprints from the global cosmological expansion to the local spacetime dynamics, Naturwissenschaften, Volume 95, Nr 5, 413-425, (Jan 2008) – Springer
  9. ^ Hans J. Fahr and Mark Siewert; Testing the local spacetime dynamics by heliospheric radiocommunication methods, PDF - Ann. Geophys, (April 2008).
  10. ^ Yuri B. Kolesnik & C. Johan Masreliez; Secular Trends in the Mean Longitudes of Planets Derived From Optical Observations, The Astronomical Journal, 128:878-888, (2004).

参考文献編集

  • R.D. Martin и C.J. Masreliez, Robust estimation via stochastic approximation. IEEE Trans. Inform. Theory, 21(263—271), (1975).
  • C. Johan Masreliez; The Progression of Time - How expanding space and time forms and powers the universe, Amazon, Createspace, 345 p. (nov 2012). ISBN 1456574345.

外部リンク編集