伝統(でんとう)は、信仰風習制度思想学問芸術などの様々な分野において、古くからの仕来り・様式傾向血筋、などの有形無形の系統を受け伝えることをいう。

伝統とは編集

伝統とは、古くからの仕来り・様式・傾向、血筋などの有形あるいは無形の系統を受け伝えること[1]、民族や社会・団体が長い歴史を通じて培い伝えて来た、信仰、風習、制度、思想、学問、芸術、あるいはそれらの中心をなす精神的あり方[2]などのことをいう。

様々な分野において、様々な由来の様々な伝統が存在する。

創られた伝統編集

本来は「伝統」ではないものが「伝統」として広まることもあり、これらは「創られた伝統」、「伝統の発明」、「伝統の捏造」等と呼ばれる[3][4][5][6]エリック・ホブズボウムテレンス・レンジャーの1983年の編著『創られた伝統』により、この概念は広く知られるようになった。

ロジャー・キージング英語版など一部の文化人類学者は、社会的・政治的要請によって創出される伝統的事象は、民族集団や階層に正当性を与えるためのものであり、近代的なナショナリズムと密接に関連していると指摘し、真に伝統的なものとそうでないものを区別しようとした[7]

政治的要請によって創出された伝統的事象を真正ではないものとする議論は文化人類学のみならず、先住民の権利回復運動の活動家たちの反響を呼んだ[7]。たとえば、ハワイ先住民運動のハウナニ=ケイ・トラスク英語版は、創られた伝統論を権利回復運動の力を削ぎ落とそうとするものであると批判し、キージングをはじめとした文化人類学者たちをアメリカ政府同様にハワイの主権を奪い取っている植民地主義者と断じた[7]

伝統とするのが問題とされる例としては、以下のような指摘が挙げられることがある。

日本における例編集

夫婦別姓問題編集

夫婦同姓は日本の「伝統」とはいえないという考えがある[3][5]。夫婦同姓が規定されたのは、1875年(明治8年)に平民苗字必称義務令による国民皆姓制度ができてよりもかなり後、明治後半の1898年(明治31年)である。それ以前は夫の家を相続する場合をのぞき婦女に対し夫婦別姓が1876年(明治9年)に通達されていた(夫の家を相続する場合は夫の家の氏を称する、とされた)[8]。さらにそれ以前は夫婦同姓・別姓にとどまらない様々な氏名制度があったとの研究がある[9]

日本文化編集

  • 江戸しぐさ」は江戸時代からの「伝統」ではない[3]。江戸しぐさは1980年代に創作された、と指摘されている[10][11][12]
  • 武士道」は江戸時代からの武士の「伝統」ではない[5][13]。「武士道」という言葉が書かれた最も古い書物は江戸時代初期に成立した『甲陽軍鑑』であるが、ここでの武士道は、武名を高めることにより自己および一族郎党の発展を有利にすることを主眼に置いているなど、倫理観を表すものではない。
  • 演歌」は日本の「伝統」的な歌謡ではない[14]。ベースは西洋音楽であり、戦後の進歩的知識人のレコード歌謡批判に対抗して昭和40年代以降に新左翼ナショナリズムから称揚された。

慣習編集

神社・神道関連の民習編集

  • 正月元日初詣を行うのは日本の古くからの伝統というわけではなく、明治中期に成立した新しい行事であるという指摘がある[16]
  • 日本の元号は中国の制度を取り入れたものであり、日本固有の伝統とはいうわけではない[17]
  • 大相撲では神道との関わりを理由に土俵女人禁制とされているが、古くからの伝統ではない。室町時代や江戸時代にも女相撲の記録は残っており、明治末期に近代化や家制度の創設に伴って女性が相撲から排除されていった[18]

国民性編集

ゴミが少ないのは昔からの日本の「伝統」ではない[3]。現在の日本においてゴミが少ないのは、第二次世界大戦後のさまざまな取り組みによるもので「伝統」ではない、という指摘がある[3]。日本人が温厚というイメージも現代になってからであり、近世までは些細なことから喧嘩に発展することがあるため、非武士階層であっても喧嘩や護身のために帯刀していた[19][20]

家族観編集

  • 戦後日本は「伝統的家族」が壊れ、家族の絆が弱まって家庭の教育力が低下した、といった意見が見られることがあるが、実際には、日本で教育のノウハウ等が登場したのは1910年頃で、富裕層や役人・知識人ら新中間層が家庭教育に注力し始めたものの、一般庶民には普及しておらず、子供は「放任」が一般的だった[6][21]
  • 「家族の絆が弱まった」「家族が崩壊しつつある」と言われることがあるが、実際には、1958年の政府の調査では「一番大切なもの」として「家族」を挙げていたのはわずか12%である一方、2013年の調査では44%にまで上昇している[6]
  • 「3世代の大家族は昔は日本のどこでも見られた」と言われることがあるが、1920年の調査で核家族が全世帯の54%にのぼり、3世代以上の同居家族は31%にすぎなかった。地方によってはむしろ複数夫婦の同居はタブーだった[6]
  • 「専業主婦は日本の伝統」と言われることもあるが、1970年ごろまで日本女性の就労率は欧米諸国よりも高く、専業主婦が一般化するのは高度成長期。1898年の明治民法の施行や近代化の過程で多様性が消され、儒教的で権威的な、中国のような家族像と西洋的な性別分業が強調された[6]

古典作品評価編集

万葉集は、伝統的に評価が高かったわけではなく、明治期に、庶民から天皇までの歌が収められているために、「日本」という統一国家観の形成のために価値が創りだされた、と品田悦一は指摘している[22]

憲法編集

大日本帝国憲法及び日本国憲法はそれぞれ大日本帝国憲法は右派から、日本国憲法は左派から日本の伝統的な社会規範であると指摘されているが、大日本帝国憲法は靖国神社などにみられる江戸時代の全否定から始まっており、日本帝国憲法は戦前の否定から始まっている。それぞれ1889年(明治22年)2月11日から1945年(昭和20年)8月15日の56年間、1946年(昭和21年)11月3日から現在までの75年間である。それぞれ明治憲法は明治期、昭和憲法は高度経済成長・バブル期の成功が強調されることが多い。

イギリス・アイルランドにおける例編集

タータンチェック・スカートはスコットランドの「伝統」ではない[4]。もともと、タータンチェックは17世紀後半頃、スコットランドの高地地方に住む人々が「伝統」として始めたものだった、との指摘がある。

インドにおける例編集

ヨーガと言えば独特のポーズ(アーサナ)をとる練習風景を連想するが、このポーズ練習を中心に据えた現代のハタ・ヨーガは、インド古来の伝統なハタ・ヨーガではない。19世紀後半から20世紀前半に西洋で発達した西洋式体操が、近代インドに輸入されてできあがったものである[23][24]。現在日本で行われている「ヨーガ教室」などの大半はこの流派に入る。

脚注編集

  1. ^ 日本国語大辞典、小学館、2005年。
  2. ^ 広辞苑、第六版、岩波書店、2008年。
  3. ^ a b c d e 「それホンモノ? 『良き伝統』の正体」毎日新聞、2016年1月25日
  4. ^ a b エリック・ボブズボウム、テレンス・レンジャー(編)、『創られた伝統』紀伊國屋書店、1983年。
  5. ^ a b c 「創られちゃう伝統――「夫婦別姓」最高裁判決を受けて生じる無邪気な言説」、Yahoo News、2015年12月18日
  6. ^ a b c d e 特集ワイド:「家庭教育支援法」成立目指す自民 「伝統的家族」なる幻想 家族の絆弱まり、家庭の教育力低下--!?” (日本語). 毎日新聞. 2021年8月17日閲覧。
  7. ^ a b c 白川千尋 国立民族学博物館(編)「創られた伝統」『世界民族百科事典』 丸善出版 2014 ISBN 9784621088234 pp.56-57.
  8. ^ 法令全書明治九年1453頁
  9. ^ 井戸田博史『夫婦の氏を考える』世界思想社、2004年
  10. ^ 原田実『江戸しぐさの正体 教育をむしばむ偽りの伝統』星海社、2014年。
  11. ^ 原田実『江戸しぐさの終焉』星海社、2016年
  12. ^ 宋美玄、他、「各分野の専門家が伝える 子どもを守るために知っておきたいこと」、メタモル出版、2016年。
  13. ^ Michele M. Mason “Empowering the Would-be Warrior: Bushido and the Gendered Bodies of the Japanese Nation”
  14. ^ 輪島裕介『創られた「日本の心」神話 「演歌」をめぐる戦後大衆音楽史』光文社新書、2010年。
  15. ^ 熊倉功夫 (1999). 『文化としてのマナー』. 岩波書店. p. 47-49 
  16. ^ 平山昇『鉄道が変えた社寺参詣 · 初詣は鉄道とともに生まれ育った』交通新聞社新書
  17. ^ 成澤宗男週刊金曜日編 『日本会議と神社本庁』 金曜日、2016年、40ページ。
  18. ^ 相撲の”女人禁制”は明治以降に作られた虚構? 救命中の女性に「土俵から降りて下さい」が波紋」『キャリコネニュース』、2018年4月5日。2018年4月6日閲覧。
  19. ^ 清水克行『喧嘩両成敗の成立』講談社メチエ、14頁。
  20. ^ 近藤好和『弓矢と刀剣』吉川弘文館、121頁。
  21. ^ 広田照幸、日本人のしつけは衰退したか、講談社、1999年。
  22. ^ 品田悦一、「萬葉集の発明」、新曜社、2001年。
  23. ^ マーク・シングルトン『ヨガ・ボディ - ポーズ練習の起源』喜多千草訳、大隅書店、2014年。ISBN 978-4-905328-06-3
  24. ^ 伊藤雅之「現代ヨーガの系譜 : スピリチュアリティ文化との融合に着目して」『宗教研究』84(4)、日本宗教学会、2011年3月30日、 417-418頁、 NAID 110008514008

関連項目編集

外部リンク編集