メインメニューを開く

ライアン・バーネット (ボクサー)

北アイルランドのプロボクサー

ライアン・バーネットRyan Burnett1992年5月21日 - )は、北アイルランドプロボクサーベルファスト出身。元IBF世界バンタム級王者。元WBA世界バンタム級スーパー王者ボブ・アラムトップランク所属。

ライアン・バーネット
基本情報
本名 ライアン・バーネット
身長 163㎝
リーチ 168cm
国籍 イギリスの旗 イギリス
誕生日 (1992-05-21) 1992年5月21日(27歳)
出身地 ベルファスト
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 21
勝ち 20
KO勝ち 10
敗け 1
テンプレートを表示

目次

来歴編集

2013年5月24日、リヴァプールリヴァプール・オリンピア英語版でデビュー戦を行い、初回1分14秒KO勝ちを収め白星発進をした[1]

2015年10月10日、マンチェスターマンチェスター・アリーナでロバート・カナラスとWBOヨーロピアンバンタム級王座決定戦を行い、2回TKO勝ちを収め王座獲得に成功した[2]

2015年11月21日、マンチェスターのマンチェスター・アリーナでジェイソン・ブースとBBBofC英国バンタム級王座決定戦を行い、12回3-0(3者とも120-107)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した[3]

2016年2月27日、マンチェスターのマンチェスター・アリーナでアンソニー・セトゥルとWBCインターナショナルバンタム級王座決定戦を行い、10回3-0(100-90、100-89×2)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した[4]

2016年7月30日、リーズファースト・ダイレクト・アリーナ英語版でセサール・ラミレスと対戦し、10回3-0の判定勝ちを収めWBCインターナショナル王座の初防衛に成功した[5]

2016年10月15日、リヴァプールのエコー・アリーナ・リヴァプール英語版でライアン・ファラグと対戦し、12回3-0(118-111、117-111、118-110)の判定勝ちを収めBBBofC王座の初防衛に成功した[6]

2017年6月10日、ベルファストオデッセイ・アリーナでIBF世界バンタム級王者のリー・ハスキンスと対戦し、12回2-1(119-107×2、108-118)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した[7][8]。試合後、クラーク・サンマルティノ以外の2者が119-107と採点しバーネットを支持したのに対しサンマルティノのみが118-108と採点しハスキンスを支持したことが問題視され、BBBofCは「彼(サンマルティノ氏)はこの国に戻って来ることはないだろう。」と話し、エディ・ハーン氏も「彼(サンマルティノ氏)は10-8でハスキンス優勢と採点した回が2回もある。これは明らかな間違いだ。」と80歳のサンマルティノ氏を批判するなどIBFが説明を求められる事態となり[9][10][11]、IBFは「バーネットがユナニマス・デジションで勝っていた試合を集計ミスでスプリット・デジションでの勝利としてしまった。」と全面的に非を認め、再発防止を約束した[12][13]

2017年10月21日、ベルファストのSSEアリーナWBA世界バンタム級スーパー王者ザナト・ザキヤノフと王座統一戦を行い、12回3-0(118-110、119-109、116-112)の判定勝ちを収め、IBF王座の初防衛とWBAスーパー王座の獲得に成功し[14][15][16]、王座統一を果たした。

2018年2月12日、マッチルーム・スポルトがバーネットがIBF王座を返上したことを発表した[17]

2018年3月31日、カーディフのプリンシパリティ・スタジアムでWBA世界バンタム級2位のヨンフレス・パレホと対戦し、12回3-0(120-108×2、116-112)の判定勝ちを収め初防衛に成功した[18][19][20]

2018年5月9日、イギリス・ロンドンで記者会見を開き、World Boxing Super Seriesに出場することを発表[21][22]。7月20日にロシアモスクワで抽選会が開催され、初戦で5階級制覇王者ノニト・ドネアと対戦することが決定した[23]

2018年11月3日、グラスゴーのSSEハイドロで5階級制覇王者ノニト・ドネアとWBSS一回戦を行うが、試合中に右側の腹斜筋を痛めてしまい棄権を申し出た為、4回終了TKO負けを喫し2度目の防衛に失敗し王座から陥落した[24][25]

2019年4月29日、ボブ・アラムトップランク社と契約を結んだ[26]

2019年5月17日、ベルファストのアルスター・ホールで、ジェルバート・ゴメラと空位のWBCインターナショナル・スーパーバンタム級王座決定戦を行い、6回1分56秒でTKO勝ちを収めた。

獲得タイトル編集

脚注編集

  1. ^ James Tennyson and Ryan Burnett both win in Liverpool Belfast News Letter 2013年5月24日
  2. ^ RYAN BURNETT CROWNED WBO EUROPEAN BANTAMWEIGHT CHAMPION British Boxing News 2015年10月12日
  3. ^ Ryan Burnett beats Jason Booth to land British bantamweight title BBC 2015年11月21日
  4. ^ Talented Ryan Burnett is aiming to take on the World after WBC international bantamweight title win Belfast Telegraph 2016年2月29日
  5. ^ Burnett stays unbeaten Sky Sports 2016年7月31日
  6. ^ Ryan Burnett Holds On To British Belt With Farrag Victory Boxing Scene.com 2016年10月15日
  7. ^ Burnett dethrones IBF bantam champ Haskins Fightnews.com 2017年6月10日
  8. ^ ハスキンス判定負け、IBFバンタム級王座陥落 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年6月11日
  9. ^ 118-108 judge won’t judge again in UK Fightnews.com 2017年6月11日
  10. ^ Robert Smith says Ryan Burnett-Lee Haskins judge 'wont be back' Sky Sports 2017年6月11日
  11. ^ バーネットvsハスキンスの採点が問題に Boxing News(ボクシングニュース) 2017年6月12日
  12. ^ Official IBF Burnett-Haskins Statement Fightnews.com 2017年6月12日
  13. ^ IBFが採点ミス認める、バーネット勝利のB級戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年6月13日
  14. ^ Burnett unifies WBA and IBF bantam titles Fightnews.com 2017年10月21日
  15. ^ Burnett decisions Zhakiyanov to take the WBA title WBA公式サイト 2017年10月22日
  16. ^ バーネットがザキヤノフに勝利、IBF&WBA王座統一 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年10月22日
  17. ^ バーネットがIBF王座返上、パレホとWBA王座防衛戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年2月13日
  18. ^ Burnett retains WBA bantamweight title Fightnews.com 2018年3月31日
  19. ^ Burnett Retains WBA Title Against Parejo WBA公式サイト 2018年3月31日
  20. ^ バーネットがV1 WBAバンタム級スーパー王座 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年4月1日
  21. ^ WBSSバンタム級の3王者出場 井上尚弥の参戦に期待 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年5月10日
  22. ^ BURNETT, RODRIGUEZ AND TETE SIGN-UP FOR SEASON II”. WBSS公式サイト. 2018年7月10日閲覧。
  23. ^ 井上はパヤノ指名、バーネットはドネア WBSS初戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年7月21日
  24. ^ ドネア4回終了TKO勝ち バーネット負傷による棄権 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年11月4日
  25. ^ Ryan Burnett suffered torn oblique in TKO loss to Nonito Donaire”. ESPN.com (2018年11月10日). 2019年1月6日閲覧。
  26. ^ Burnett, ex-unified 118-lb champ, signs with TR”. ESPN.com (2019年4月29日). 2019年7月15日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

前王者
リー・ハスキンス
IBF世界バンタム級王者

2017年6月10日 - 2018年2月12日(返上)

空位
次タイトル獲得者
エマヌエル・ロドリゲス
前スーパー王者
ザナト・ザキヤノフ
WBA世界バンタム級スーパー王者
2017年10月21日 - 2018年11月3日
次スーパー王者
ノニト・ドネア