ラカイン語

シナ・チベット語族に属する言語

ラカイン語英語: Rakhine languageビルマ語: ရခိုင်ဘာသာ)は、シナ・チベット語族に属する言語である。ヤカイン語アラカン語とも呼ばれる。

ラカイン語
ရခိုင်စာ (written Arakanese)
ရခိုင်စကား (spoken Arakanese)
発音 IPA: ɹəkʰàiɴzà
ɹəkʰàiɴ zəɡá
話される国 ミャンマーの旗 ミャンマー
バングラデシュの旗 バングラデシュ
インドの旗 インド
地域 ラカイン州(ミャンマー)
チッタゴン管区(バングラデシュ)
トリプラ州(インド)
話者数 3,346,000人
言語系統
言語コード
ISO 639-1 -
ISO 639-2 -
ISO 639-3 rki
テンプレートを表示

話者は主にミャンマーラカイン州に居住するラカイン族英語版(アラカン族)の人々である。隣国のバングラデシュインドにも存在しており、バングラデシュのマルマ族英語版が話すマルマ語英語版とは言語学分類的に近い関係にある。話者数はそれぞれ、約300万人(ミャンマー)、約20万人(バングラデシュ)、3万2千人(インド)で、総話者数は334万6千人である。ただし、エスノローグによれば総話者数は76万5千人である。

古字編集

  • 以下にラカイン語の35個の子音字を示す。これらはヴァイシャリ時代の327年から818年に用いられたものである。
 
(Ka Gyi)
 
(Kha Ngay)
 
(Ga Gwe)
 
(Kha Kyauk Shay)
 
(Ng)
 
(Sa Lone)
 
(Sa Lim)
 
(Za Gwe)
 
(Sith Myahain Swe)
 
(Nya)
 
(Tha Thi Cheik)
 
(Hta Wan Khwe)
 
(Tar Than Kauk)
 
(Dh Yi Hmot)
 
(Na Gyi)
 
(Ta Wan Tat)
 
(Ta Wan Si)
 
(Da Zwe)
 
(Dh Wan Yup)
 
(Na Ngay)
 
(Pa Oo Sauk)
 
(Fa Phauk Leik)
 
(Ba Lone)
 
(Ba Bone Yap)
 
(Ma)
 
(Ya)
 
(Ya Kauk)
 
(La)
 
(Wa)
 
(Tha)
 
(Sya)
 
(Sh)
 
(Ha)
 
(Ga Gyi)
 
(Ah)

方言編集

  • シットウェ方言
  • チャウッピュー方言
  • サンドウェ方言

関連項目編集

外部リンク編集