ラガド・サッダーム・フセイン

ラガド・サッダーム・フセイン(Raghad Saddam Hussein、アラビア語: رغد صدام حسين‎ 、1968年9月2日 - )[1]は、かつてのイラクの大統領サッダーム・フセインの長女[2]

1980年代半ばないし後半に撮影されたサッダーム・フセイン一家の家族写真。後列右から3人目、青い服を着て赤ん坊を抱いている女性がラガド。

経歴編集

ラガドは、後にイラクの大統領となった父サッダーム・フセインと、その第一夫人である母サージダ・ハイラッラーの間の3番目の子どもとして1968年9月2日に生まれた。両親が同じであるきょうだいとして、上にふたりの兄たち、ウダイクサイがおり、下に二人の妹たち、ラナー英語版ハラースペイン語版がいた。

ラガド・フセインは、1983年フセイン・カーミル・ハサン・アル=マジードと結婚したが、彼は後に国際連合大量破壊兵器廃棄特別委員会 (UNSCOM)や、アメリカ合衆国中央情報局 (CIA)、イギリス秘密情報部 (MI6) に軍備に関する情報を流していた離反者英語版として有名になった。アル=マジードは、弟サッダーム・カーミル英語版とともに、同じ部族の面々によって反逆者として殺害された。サッダーム・フセインは後に、自身はアル=マジードとその弟を恩赦を与えたが、兄弟はすべての地位を失い、何らの保護も与えられなかったことを明らかにしたとされている。ラガドの妹ラナーは、兄と運命をともにしたアル=マジードの弟サッダーム・カーミルと結婚していた。

ラガド・フセインは、アル=マジードとの間に、3人の息子たち、アリー (Ali)、サッダーム (Saddam)、ワヘジ (Wahej) と、2人の娘たち、ハリス (Haris) とバナン (Banan)、合わせて5人の子どもたちをもうけた。

2003年、彼女は、多数のイラク・バアス党英語版の有力者たちとともにヨルダンへ逃亡し、国王アブドゥッラー2世から個人的に保護を与えられた。

2006年7月2日、イラクの国家安全保障担当顧問ムワッファク・アル・ルバーイー英語版は、ラガドと彼女の母サージダ・タルファーフを、イラクにおける反乱英語版を支援したとして指名手配し[3]、彼女たちがテロ活動に資金を提供し、イラク正式政府打倒を目指す軍事グループを支援したと指弾した[4]ヨルダンの首相アルーフ・アル・バヒート英語版}は声明を発表し、「ラガドは王室の保護下にある」、「ラガド・サッダーム・フセイン女史とその子どもたちがヨルダンにいるのは、人道的観点に基づくものである。彼女は、(アブドゥッラー2世の)王家ハーシム家の客人であり、アラブの伝統に基づき保護を求める難民である」と述べた。しかし、彼女の正確な居場所は、明かされていない[5]

2006年、イラク政府は、ラガドを含む、旧政権関係者41人を指名手配するリストを作成し、ヨルダン政府に対してラガドの身柄引き渡しを求めたが、ヨルダン側はこれを拒んだ[2]

2006年12月30日、イラクでサッダーム・フセインの死刑執行がなされた。処刑に先立ち、ラガド・フセインは、連合軍英語版がイラクから退去するまで、父の遺骸が暫定的にイエメンに埋葬されることを望んだ[6]。処刑後にイエメンで催された追悼式典に出席し、公の場に姿を現した[7]

2007年8月、国際刑事警察機構(インターポール / ICPO)は、彼女が配下とともにイラクの反乱を支援したという容疑で、国際逮捕手配書を出したと発表した[2][8]。一連の嫌疑は、Spiegel Online2014年8月に掲載した記事にも反映され、「テロ・ゴッドマザー (Terror Godmother)」との標題が掲げられた[9]。この記事によれば、ヨルダンで裕富な生活を送っている彼女は、サッダーム・フセインの数千万ドルに及ぶ遺産を使って、イラクとレバントのイスラム国 (ISIL) を支援しており、最終的にはバグダッドで権力に復帰したいと考えているとされた。この記事に先立つ6月、FOXニュースも彼女がインタビューで同様の意向を述べたと報じていた[10]

ラガド・フセインは、イラクの最重要指名手配者のリストに、他の59人とともに載っている。このリストには、28人のISIL戦闘員、12人のアルカーイダ関係者と、20人のバアス党員が、それぞれの組織において果たした役割の詳細や、犯罪の嫌疑、そして、ほとんどの対象者については写真も掲載されている[11]

脚注編集

  1. ^ No New Request from Interpol Regarding Saddam Hussein's Daughter”. Ekurd Daily (2010年4月7日). 2019年11月26日閲覧。
  2. ^ a b c AFP (2007年8月18日). “ICPO、故サダム・フセイン元大統領長女の国際手配書を発行”. AFPBB News. 2019年11月25日閲覧。
  3. ^ “Hussein's wife, daughter on new 'wanted' list”. CNN. (2006年7月2日). オリジナルの2007年12月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071205152841/http://www.cnn.com/2006/WORLD/meast/07/02/iraq.main/ 2013年6月12日閲覧。 
  4. ^ Jordan monarch visits Iraq for first time since 2008”. Press TV (2019年1月14日). 2019年11月25日閲覧。
  5. ^ “Jordan stands by Saddam Hussein's daughter”. TurkishNews.com. (2006年7月2日). http://www.turkishpress.com/news.asp?id=131563 2013年6月12日閲覧。 
  6. ^ “Saddam daughter asking body be buried in Yemen”. Reuters. (2006年12月29日). オリジナルの2010年6月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100612165056/http://www.alertnet.org/thenews/newsdesk/L30825677.htm 2013年6月12日閲覧。 
  7. ^ AFP (2007年2月7日). “故フセイン元大統領の追悼式典、実娘と孫たちが出席 - イエメン”. AFPBB News. 2019年11月25日閲覧。
  8. ^ “Warrant out for Saddam daughter”. BBC News. (2007年8月17日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/middle_east/6952128.stm 2013年6月12日閲覧。 
  9. ^ Salloum, Raniah (2014年8月29日). “"Islamic State" in Iraq: Saddam's daughter is godmother Terror”. Spiegel Online. http://www.spiegel.de/politik/ausland/tochter-saddam-husseins-sponsert-islamisten-a-988581.html 2014年8月31日閲覧。 
  10. ^ Hall, Benjamin (2014年6月23日). “ISIS joins forces with Saddam loyalists in bid to take Baghdad”. Fox News Channel. http://www.foxnews.com/world/2014/06/23/isis-joins-forces-with-saddam-loyalists-in-bid-to-take-baghdad/ 2014年8月31日閲覧。 
  11. ^ Saddam's eldest daughter Raghad on most wanted list”. Aljazeera (2018年2月5日). 2019年11月25日閲覧。