ラジオのアナ〜ラジアナ

FM NACK5で放送されている深夜帯番組

ラジオのアナ〜ラジアナ』は、FM NACK5で2014年4月1日から放送されているラジオ番組。

ラジオのアナ〜ラジアナ
放送方式 生放送
放送期間 2014年4月1日 -
放送時間 月 - 木 25:00 - 29:00
(火 - 金 1:00 - 5:00)
放送局 FM NACK5
パーソナリティ (月)小林アナ
(火)だいすけ
(水)藤原倫己
(木)パーマ大佐
テンプレートを表示

概要編集

これまでの「STROBE NIGHT!」の枠を受け継ぎ、新たな深夜の生ワイド番組として再スタートするもの[1]

この番組では、担当曜日のパーソナリティーが、リスナーに対して、どんな事が好きで、何を望んでいるかを「アナライズ」して、癖になる番組を制作していくものである[1]

10代・20代には、「ラジオのハート」を、30代・40代には「マニアックなセンス」をそれぞれ、感じてもらうのがこの番組の目的[1]

なお、この番組のタイトルには「ラジオとアナタを結びたい。ラジオでアナタの想いをアナウンス出来る番組に!」という意味が込められている[1]

番組開始当初のパーソナリティのHappyだんばらは「MAGICAL SNOWLAND」から、松浦千佳は「MIDNIGHT ROCK CITY + R」からそれぞれスライド登板、柴田聡は「MAGICAL SNOWLAND」(2003年から2007年を担当)以来約7年ぶり、山蔭ヒーロは「RADIO-X」以来約6年ぶりの登板となった。

なお英字表記では英単語の「Radio」ではなく、ヘボン式ローマ字表記の「Rajio」を使っている。

内容と沿革編集

同一のタイトルで放送される帯番組だが、内容は曜日ごとに大きく異なり、同一のコーナーは持たない。メインタイトルの他に曜日ごとにサブタイトルがついていて、そちらがメインテーマを示している。

しかしサブタイトルについては放送開始間もなくして、オープニングとエンディングでしかコールされず、番組中でもほとんどは各パーソナリティも「ラジアナ○曜日」と言うのが常態化していた。

この為サブタイトルの認知度が低く、2016年秋の大改編に伴うパーソナリティー総入れ替えに際し、新しい各曜日のサブタイトルが発表されると、「2016年秋の大改編でラジアナに新たに各曜日ごとにサブタイトルが付いた」という誤報が飛び交うことになった。

2014年からの第1期ではHappyだんばらの担当する月曜日が万人向けのバラエティ番組と位置付けられ、火・水・木は各パーソナリティの特色を押し出した内容になっていた。特に火曜日は松浦の前番組である「MIDNIGHT ROCK CITY + R」の色を濃く引き継いでいた。

深夜ラジオ放送と言うこともあって、所謂性的な下ネタが多く出るのも特徴である。総合バラエティである月曜日が特に顕著だったが、他の曜日でも同様である。

NACK5の特徴であるWebを介したリスナーとのやりとりを多用する疑似的な双方向放送が特に生かされた。また、Twitterの活用も特色である。番組にコメントを送る為のTwitterハッシュタグは「#raji795」。

その中で木曜日だけは放送開始当初より山蔭ヒーロの体調不良が続き、別の曜日のパーソナリティーや、NACK5の別番組のパーソナリティーによる代打放送が濫発された。この体調不良の為か、番組ブログ「NACK日記」でも他の曜日のパーソナリティーが自身の写真を多く掲載していたのに対し、山蔭の写真はほぼ皆無である。結局山蔭は2014年11月に正式にリタイアし、ポマーレ・そりまちに引き継がれた。

その後は番組内コーナーはいくつか改変があったものの、基本路線は維持したまま約2年間放送が続いた。

しかし2016年春になって今度は木曜パーソナリティーを引き継いだポマーレ・そりまちが体調を崩してしまう。代打放送の濫発はなかったが6月末を持ってリタイアすることになり、後任パーソナリティーは月曜日に数度ゲスト出演していたYANAKIKUが担当することになった。現在のところ、唯一のコンビによるパーソナリティーになった。

2016年9月、NACK5の大改編に伴って全パーソナリティーの入れ替えが発表された。2016年は9月30日が金曜日の為、同月の最終週に揃って第1期を終了することになった。

放送時間編集

月曜 - 木曜 25:00 - 29:00

パーソナリティとサブタイトル編集

第1期(2014年4月 - 2016年9月)編集

  • 月曜:HappyだんばらHappy が Go Lucky
  • 火曜:松浦千佳まつうらRock'n Tuesday
  • 水曜:柴田聡シバタサトルのMIDNIGHT RUN
  • 木曜:YANAKIKU深夜道中膝栗毛」(2016年7月7日 - 2016年9月29日)

過去のパーソナリティ編集

第2期(2016年10月 - )編集

内包番組編集

2020年5月時点

25:40-26:00

  • 月曜日 かなみんジャンプ Radio♪ - 伊原佳奈美 (Fragrant Drive)
  • 火曜日 i-rock circuit - だいすけ、BenjaminJasmine
  • 水曜日 R WORLD RADIO - Raychell志崎樺音
  • 木曜日 w.o.d.サイトウタクヤのパジャマ de ラジオ - サイトウタクヤ (w.o.d.)

26:40-26:50

  • 月曜日 なし
  • 火曜日 恋するスポーツ - 野々垣武志、沼田大輔、奥紗瑛子
  • 水曜日 るーのつぶらじ - 土光瑠璃子 (FES☆TIVE)
  • 木曜日 ウノ山本ミッドナイトでろんず - ウノ山本

新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う対応編集

2020年3月29日、NACK5は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、当番組と『FANTASY RADIO』『手賀沼ジュンのウナンサッタリ・パンツ』の深夜生放送3本について、4月21日(20日深夜)以降、パーソナリティの出演を取りやめて内容を変更することを発表した[2]。出演パーソナリティの変更対応は例がある[3]が、番組そのものの内容変更は初の事例。

当番組においては、1時の時報明けからまずは当番組内包の各番組を先にすべてオンエア。以降はスタッフによる音楽セレクションで朝まで放送する形態となった。

2020年6月8日(月曜日)から当番組と『FANTASY RADIO』『手賀沼ジュンのウナンサッタリ・パンツ』全て通常内容の放送を再開することが発表された[4]

火曜(月曜深夜) - 「あげあげマンデー」
  • 1:00 Clef Leaf かなみんジャンプRadio♪
  • 1:20 Moja's Record Selection - モジャモジャのアナログレコードをノンストップでお届け。
  • 3:00 イカ健PlayList - 「あげマン」ADイカ健セレクトの音楽
  • 4:00 「Now Hits!! and more...」~「Morning Selection」
水曜(火曜深夜) - 「まな板SHOW・TIME!」
  • 1:00 i-rock circuit
  • 1:20 恋するスポーツ
  • 1:30
木曜(水曜深夜) - 「Fから始まりIで終わるフジワラジオ」
  • 1:00 R WORLD RADIO
  • 1:20 るーのつぶらじ
  • 1:30
金曜(木曜深夜) - 「パーマネンと一緒」
  • 1:00 w.o.d.サイトウタクヤのパジャマ de ラジオ
  • 1:20 ウノ山本ミッドナイトでろんず
  • 1:30 「色んな音楽を聴きましょう」
    • 1:30 テンションが上がるJ-ROCK
    • 2:00 テンションが上がるJ-ROCK~ゆるめの曲を添えて~
    • 3:00 洋楽の詰め合わせ
    • 4:00 Dの気まぐれ

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 体調不良のため療養することになり降板。
  2. ^ 山陰ヒーロに変わって木曜パーソナリティーを担当していたが、こちらも体調不良のため療養することになり降板。
  3. ^ YANAKIKUの海外遠征時に代打パーソナリティーとして登板(2016年9月15日)

出典編集

  1. ^ a b c d NACK52014年春改編情報”. 2014年3月25日閲覧。
  2. ^ 番組内容変更のお知らせ
  3. ^ エフエム栃木では東京在住のパーソナリティ岡山エフエム放送では関西在住のパーソナリティにかわってそれぞれ各局のアナウンサーが代役を担当。
  4. ^ 【6月1日(月)更新】番組内容変更のお知らせ”. エフエムナックファイブ. 2020年6月5日閲覧。

外部リンク編集

FM NACK5 平日深夜のワイド番組(月曜日 - 木曜日、2014年4月 - )
前番組 番組名 次番組
ラジオのアナ〜ラジアナ
-