メインメニューを開く
ラストコマンドポスト

ラストコマンドポスト (Last command post[1])は、サイパン島北部のマッピ山の崖下にある戦跡地。

概要編集

 
トーチカ内部

太平洋戦争中、マッピ山の崖下にある洞窟状の窪みにトーチカが造られ、日本軍最後の司令部が置かれたとされる。トーチカの壁には、アメリカ軍の砲弾が直撃し、直径2m程の穴が刻まれており、戦闘の激しさを物語っている。トーチカの前には、砲台が残されている。

ラストコマンドポスト周辺は、サイパン戦最後の組織的な戦闘が行われた地であり、戦没者慰霊碑が多く建立されている。

戦没者慰霊碑編集

中部太平洋戦没者の碑編集

1974年日本政府はサイパン戦で亡くなった戦没者を慰霊する「中部太平洋戦没者の碑」を建立した。石碑は遺骨箱をかたどっており、台座の下には遺品が納められている。碑の前には石畳や灯籠が設けられ、日本庭園風になっている。2005年には、明仁天皇美智子皇后(いずれも当時)が慰霊のために訪問した。

おきなわの塔編集

1968年、犠牲になった沖縄県出身者の霊を慰めるために、当時の琉球政府によって建立された。戦前、サトウキビのプランテーションの労働者として、約9500人の沖縄県民が入植し、多くの人が戦禍に巻き込まれた。

太平洋韓国人追念平和塔編集

韓国政府によって建立された慰霊碑。当時の朝鮮からも多くの人が入植し、約700人が犠牲になった。

脚注編集

  1. ^ 現地の看板の表記より。「最後の司令部跡」という日本語による併記も。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集