ラブコメ』は、松久淳(執筆担当)と田中渉(原案・挿絵担当)著作の小説。および小説を元にした日本映画

小説編集

2004年6月16日に発売し、2010年8月5日には小学館文庫版が発売されている。韓国語版の題名は「バナナで釘を打つほど寂しい!」。2010年9月17日には森田富士作画によるコミック版が発売された。

シリーズ第2作として『ストーリー&テリング』が2005年9月より『女性セブン』に連載、2006年7月26日に発売され、第3作として『ラブかストーリー』が2006年7月より『きらら』で連載、2007年8月29日に発売されている。それぞれ独立して読める内容ではあるが設定は共有しており、『ラブコメ』登場人物も両作品に登場している。

ストーリー編集

アニメ脚本家の美晴は、17年ぶりに再会した男勝りな性格の花屋の松田真紀恵に恋に陥る。しかしそれは真紀恵が元彼と付き合い始めるという最悪のタイミングだった。

映画編集

ラブコメ
監督 平川雄一朗
脚本 石井薫
出演者 香里奈
音楽 高見優
主題歌 WEAVER僕らの永遠 〜何度生まれ変わっても、手を繋ぎたいだけの愛だから〜
撮影 大石弘宜
編集 今井剛
製作会社 ROBOT
配給 ショウゲート
公開   2010年9月25日
上映時間 93分
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ラブコメ』は、2010年9月25日公開のラブロマンス映画。auキャンペーン『LISMO Fes!』から生まれた映画で、KDDIが携帯キャリアとして初の100%出資映画。監督は『ROOKIES -卒業- 』の平川雄一朗。主演は『パレード』の香里奈、ほか。東京・新宿バルト9ほか全国10スクリーンで公開。

キャッチコピーは「17年ぶり、最悪のタイミングで出逢った彼女。やっぱり綺麗で、強かった…。」。

キャスト編集

スタッフ編集

Sweet 9 Flowords -愛しい9の花言葉-編集

Sweet 9 Flowords -愛しい9の花言葉-』(スイート ナイン フローワーズ -いとしいきゅうのはなことば-)は、携帯電話配信のau・LISMOオリジナルドラマ第16弾となる映画『ラブコメ』プロローグドラマ。全9話(毎週月曜日配信)。映画に繋がる涼子の視点からみたドラマとなっている。2010年8月2日より配信開始。またJCNグループ局グループ局のJCNプラスチャンネル(地デジ11ch)でも『ハッピーラボ』ラスト5分枠でも放送。1話配信では一部で動画が観られなくる不具合があった。

キャスト(LISMOドラマ)編集

  • 松田真紀恵 - 香里奈
  • 涼子 - 北乃きい
  • 美晴 - 田中圭
  • 西島 - 渡部篤郎

スタッフ(LISMOドラマ)編集

  • 監督 - 平川雄一朗
  • 企画・制作プロダクション - ROBOT
  • 著作・製作 - KDDI、ROBOT

主題歌(LISMOドラマ)編集

  • WEAVER『僕らの永遠 〜何度生まれ変わっても、手を繋ぎたいだけの愛だから〜』

脚注編集

外部リンク編集