ラブ・アフェアー

ラブ・アフェアーLove Affair)は、イギリスロックバンド

ラブ・アフェアー
Love Affair
Aankomst Engelse beatgroep The Love Affair op Schiphol, Bestanddeelnr 921-1871.jpg
ラブ・アフェアー(1968年)
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランド ロンドン
ジャンル ポップソウル
活動期間 1966年 - 1971年
レーベル デッカCBS
旧メンバー レックス・ブレイリー
モーリス・ベーコン
ミック・ジャクソン
スティーヴ・エリス
リントン・ゲスト
モーガン・フィッシャー
ジョン・ウォッチマン

来歴編集

  • 1966年
スティーヴ・エリス、モーガン・フィッシャー、イアン・ミラー、ワーウィック・ローズ、モーリス・ベーコンで「ソウル・サヴァイヴァーズ」を結成。モーリスの父親シド・ベーコンがマネジャーとなった。
ミラー、ローズ脱退。ジョージ・マイケル、ミック・ジャクソン加入。既にアメリカに「ソウル・サヴァイヴァーズ」というバンドがいたため、バンド名をで「ラブ・アフェアー」に改名。
  • 1967年
デビュー・シングル「She Smiled Sweetly / Satisfaction Guaranteed」録音。
マイケル脱退。レックス・ブレイリー加入。
フィッシャーが進学のためバンド脱退。キーボードがピーター・バーデンス→リントン・ゲストに交代。
シングル「Everlasting Love / Gone Are The Songs Of Yesterday」や1stアルバム『エヴァーラスティング・ラヴ・アフェアー』の録音を開始。
  • 1968年
フィッシャー復帰。1stアルバム『エヴァーラスティング・ラヴ・アフェアー』を録音。
  • 1969年
エリスがソロ活動を行うためバンドを脱退。
  • 1970年
エラスティック・バンドのガス・イードン加入。2ndアルバム『New Day』録音。
ブレイリー、ジャクソン脱退。ユーナン・ブラディー、ボブ・サプセッド加入。
  • 1971年
ブラディーが解雇され、その後ギターがベニー・ホランド→ジョン・ウォッチマンに交代。
フィッシャー、サプセッド、モーリス・ベーコン脱退、モーガンを結成。
残ったイードン、ウォッチマンは、エラスティック・バンドの同僚シーン・ジェンキンス、ポール・マルティネスと「コルト」を結成。レコード会社はフィッシャーの新バンドのモーガンが「ラブ・アフェアー」と呼ばれるのを良しとせず、契約を理由に「コルト」を改名して「ラブ・アフェアー」とした。
マルティネス脱退、その後ベースがロビン・ロッジ→レイ・オールドに交代、ツアーを行う。
  • 1972年
ツアー終了後に解散。
シングル「Let Me Dance」(フィリップ・グッドハンド・テイトの曲)を録音するために再結成。マネージメントはシド・ベーコン。メンバーはボブ・イングランド、ディック・スカーフ、ジョン・クック、ビル・ギバード、デイヴ・ポッツ。
  • 1973年
解散。
  • 1974年
シド・ベーコン死亡。モーリス・ベーコンがマネージメントを引き継いだ。彼はバンドのツアーにうんざりしていたので、既成のバンドジョ・ジョ・ガンに「ラブ・アフェアー」としてギグをさせる様プロモーターのバリー・コリングスに働きかけ、バンドのマネージャーとなった。
  • 1975年
解散。
  • 1976年
モーリス・ベーコンとバリー・コリングスは新しい「ラブ・アフェアー」を立ち上げた。
メンバーはマーティン・リヨン、ボブ・バナシアク、イアン・ヘンダーソン、クリス・ノース。
  • 1977年
イングリッシュ・アサシンのメンバーが合流。この時期都合の良いメンバーがツアー、レコーディングに参加していた。
  • 1979年-1980年
リヨン、バナシアク、フィル・ミッチェル、ノースで「Just One Drink」録音。
  • 1982年-1983年
リヨン、ラッフェル、イアン・ギボンズ、ミッチェル、ノースで 「The New Recordings」、「Greatest Hits」録音。
  • 1999年
フィッシャー、ジャクソン、ベーコンで「It's A Love Affair」録音。
  • 2006年
ベーコンがバンドに再加入。
  • 2007年
ラッフェル脱退。テッド・トムリンが代わりにギグをこなした。
  • 2008年
リヨン脱退。マーク・サリヴァン加入。2月のギグ以降はジョニー・ワーマンをボーカルに迎えている。
  • 2009年
新ボーカリストとしてロブ・ムーアが加入。

特徴編集

音楽性編集

エリス在籍時の1stアルバムは「Hush」「Tobacco Road」「The Tree」の様なハードな曲もあるが、大半はヒットした「Everlasting Love」の様なブリティッシュ・ポップスとなっている。

イードン在籍時の2ndアルバムはプログレッシブ・ロックジャズ・ロック的要素が加わった。イードンのフルート、モーガンのキーボードが特徴的で、ジェスロ・タルに通じるサウンドとなっている。

逸話・その他編集

1971年までのほとんどのシングルA面曲では、ボーカル以外はオーケストラ+セッション・ミュージシャン(ベースのハービー・フラワーズ、ドラムのクレム・カッティーニ等)が演奏しており、メンバーはシングルB面、アルバム曲で演奏していた。

1971年夏以降は、契約上、ラブ・アフェアーを名乗っているが、実質別バンドとなっている。

メンバーと担当楽器編集

ソウル・サヴァイヴァーズ (Soul Survivors) 1966年2月-8月編集

  • スティーヴ・エリス (Steve Ellis) - vocal
  • モーガン・フィッシャー (Morgan Fisher) - organ
  • イアン・ミラー (Ian Miller) - guitar
  • ワーウィック・ローズ (Warwick Rose) - bass guitar
  • モーリス・ベーコン (Maurice Bacon) - drums

第1期 1966年8月-1967年3月編集

  • スティーヴ・エリス (Steve Ellis) - vocal
  • モーガン・フィッシャー (Morgan Fisher) - organ
  • ジョージ・マイケル (Georgie Michael) - guitar
  • ミック・ジャクソン (Mick Jackson) - bass guitar
  • モーリス・ベーコン (Maurice Bacon) - drums


デビュー・シングル「She Smiled Sweetly / Satisfaction Guaranteed」録音。

第2期 1967年3月-8月編集

  • スティーヴ・エリス (Steve Ellis) - vocal
  • モーガン・フィッシャー (Morgan Fisher) - organ
  • レックス・ブレイリー (Rex Brayley) - guitar
  • ミック・ジャクソン (Mick Jackson) - bass guitar
  • モーリス・ベーコン (Maurice Bacon) - drums

第3期 1967年8月-9月編集

  • スティーヴ・エリス (Steve Ellis) - vocal
  • ピーター・バーデンス (Peter Bardens) - organ
  • レックス・ブレイリー (Rex Brayley) - guitar
  • ミック・ジャクソン (Mick Jackson) - bass guitar
  • モーリス・ベーコン (Maurice Bacon) - drums


フィッシャーが進学のためバンド脱退。後釜にバーデンスが短期間在籍。バーデンスはこの後キャメルを結成。 

第4期 1967年9月-1968年8月編集

  • スティーヴ・エリス (Steve Ellis) - vocal
  • リントン・ゲスト (Lynton Guest) - organ/piano
  • レックス・ブレイリー (Rex Brayley) - guitar
  • ミック・ジャクソン (Mick Jackson) - bass guitar
  • モーリス・ベーコン (Maurice Bacon) - drums


1stアルバム『エヴァーラスティング・ラヴ・アフェアー』録音。
「Hush」のオルガンはリントン・ゲストである事が判明しているが、シングル曲「Everlasting Love」「Rainbow Valley」を除いたその他の曲のキーボードはモーガン・フィッシャーであると考えられる。

第5期 1968年8月-1969年12月編集

  • スティーヴ・エリス (Steve Ellis) - vocal
  • モーガン・フィッシャー (Morgan Fisher) - organ/piano/electric piano
  • レックス・ブレイリー (Rex Brayley) - guitar
  • ミック・ジャクソン (Mick Jackson) - bass guitar
  • モーリス・ベーコン (Maurice Bacon) - drums


フィッシャー復帰。1stアルバム『エヴァーラスティング・ラヴ・アフェアー』録音。

第6期 1970年編集

  • ガス・イードン (August "Gus" Eadon) - vocal/flute/harmonica
  • モーガン・フィッシャー (Morgan Fisher) - organ/piano/electric piano/mellotron
  • レックス・ブレイリー (Rex Brayley) - guitar
  • ミック・ジャクソン (Mick Jackson) - bass guitar
  • モーリス・ベーコン (Maurice Bacon) - drums


2ndアルバム『New Day』録音。

第7期-1 1970年12月編集

  • ガス・イードン (August "Gus" Eadon) - vocal/flute
  • モーガン・フィッシャー (Morgan Fisher) - organ/piano/electric piano/mellotron
  • ユーナン・ブラディー (Eunan Brady) - guitar
  • ボブ・サプセッド (Bob Sapsed) - bass guitar
  • モーリス・ベーコン (Maurice Bacon) - drums


ブラディーは数週間で解雇された。

第7期-2 1971年編集

  • ガス・イードン (August "Gus" Eadon) - vocal/flute
  • モーガン・フィッシャー (Morgan Fisher) - organ/piano/electric piano/mellotron
  • ベニー・ホランド (Bernie Holland) - guitar
  • ボブ・サプセッド (Bob Sapsed) - bass guitar
  • モーリス・ベーコン (Maurice Bacon) - drums

第7期-3 1971年4月-夏編集

  • ガス・イードン (August "Gus" Eadon) - vocal/flute
  • モーガン・フィッシャー (Morgan Fisher) - organ/piano/electric piano/mellotron
  • ジョン・ウォッチマン (John Watchman) - guitar
  • ボブ・サプセッド (Bob Sapsed) - bass guitar
  • モーリス・ベーコン (Maurice Bacon) - drums


シングル「Help (Get Me Some Help) / Long Way Home」を録音。
(但しA面はイードンのボーカル以外はオーケストラ+セッション・ミュージシャン(ギターのクリス・スペディング、ベースのハービー・フラワーズ、ドラムのクレム・カッティーニ等)が演奏しており、他メンバーは手拍子、バッキング・ボーカルのみの参加であったと言われている)

コルト (Colt) → 第8期-1 1971年夏編集

  • ガス・イードン (August "Gus" Eadon) - vocal/flute/acoustic guitar
  • ジョン・ウォッチマン (John Watchman) - guitar
  • ポール・マルティネス (Paul Martinez) - bass guitar
  • シーン・ジェンキンス (Sean Jenkins) - drums


イードン、ウォッチマンは、エラスティック・バンドの同僚シーン・ジェンキンス、ポール・マルティネスとコルトを結成。
レコード会社はフィッシャーの新バンドモーガンラブ・アフェアーと呼ばれるのを良しとせず、契約を理由にコルトラブ・アフェアーとした。

第8期-2 1971年編集

  • ガス・イードン (August "Gus" Eadon) - vocal/flute/acoustic guitar
  • ジョン・ウォッチマン (John Watchman) - guitar
  • ロビン・ロッジ (Robin Lodge) - bass guitar
  • シーン・ジェンキンス (Sean Jenkins) - drums

第8期-3 1971年-1972年9月編集

  • ガス・イードン (August "Gus" Eadon) - vocal/flute/acoustic guitar
  • ジョン・ウォッチマン (John Watchman) - guitar
  • レイ・オールド (Ray Auld) - bass guitar
  • シーン・ジェンキンス (Sean Jenkins) - drums

第9期-1 1972年9月編集

  • ボブ・イングランド (Bob England) - vocal
  • ディック・スカーフ (Dick Scarfe) - guitar
  • アラン (Alan) - keyboard
  • ビル・ギバード (Bill Gibbard) - bass guitar
  • デイヴ・ポッツ (Dave Potts) - drums

第9期-2 1972年10月-1973年編集

  • ボブ・イングランド (Bob England) - vocal
  • ディック・スカーフ (Dick Scarfe) - guitar
  • ジョン・クック (John Cook) - keyboard
  • ビル・ギバード (Bill Gibbard) - bass guitar
  • デイヴ・ポッツ (Dave Potts) - drums


シングル「Let Me Dance / Love's Looking At You」録音。

ジョ・ジョ・ガン (Jo Jo Gunne) → 第10期 1974年-1975年編集

  • ミック・ホウィーラー (Mick Wheeler) - vocal
  • ジョージ・ウィリアムズ (George Williams) - guitar
  • バリー・バーニー (Barry Barney) - keyboard
  • ビル・ボール (Bill Ball) - bass guitar
  • フィル・チェスタートン (Phil Chesterton) - drums


シド・ベーコン死亡。モーリス・ベーコンがマネージメントを引き継いだ。
彼はバンドのツアーにうんざりしていたので、既成のバンドジョ・ジョ・ガンラブ・アフェアーとしてギグをさせる様プロモーターのバリー・コリングスに働きかけ、バンドのマネージャーとなった。

第11期-1 1976年編集

  • マーティン・リヨン (Martin Lyon) - vocal
  • ボブ・バナシアク (Bob Banasiak) - guitar
  • イアン・ヘンダーソン (Ian Henderson) - bass guitar
  • クリス・ノース (Chris North) - drums

第11期-2 1977年-1983年編集

  • マーティン・リヨン (Martin Lyon) - vocal
  • ボブ・バナシアク (Bob Banasiak) - guitar
  • ジェリー・スティーヴンソン (Jerry Stevenson) - guitar
  • イアン・ギボンズ (Ian Gibbons) - keyboard
  • フィル・ミッチェル (Phil Mitchell) - bass guitar
  • イアン・ヘンダーソン (Ian Henderson) - bass guitar
  • ケヴィン・モリス (Kevin Morris) - drums
  • クリス・ノース(Chris North) - drums


イングリッシュ・アサシンのメンバーが合流。この時期都合の良いメンバーがツアー、レコーディングに参加していた。
リヨン、バナシアク、ミッチェル、ノースで「Just One Drink」録音。
ノースは1980年に脱退。エニドに加入。

第11期-3 1983年-2005年編集

  • マーティン・リヨン (Martin Lyon) - vocal
  • ルーファス・ラッフェル (Rufus Ruffell) - guitar
  • イアン・ギボンズ (Ian Gibbons) - keyboard
  • フィル・ミッチェル (Phil Mitchell) - bass guitar
  • クリス・ノース (Chris North) - drums


「The New Recordings」、「Greatest Hits」録音。

第12期 1999年編集

  • モーガン・フィッシャー (Morgan Fisher) - vocal/keyboard
  • ミック・ジャクソン (Mick Jackson) - vocal/guitar/bass guitar
  • モーリス・ベーコン (Maurice Bacon) - drums/percussion


「It's A Love Affair」録音。

第13期-1 2006年10月-2007年末編集

  • マーティン・リヨン (Martin Lyon) - vocal
  • ルーファス・ラッフェル (Rufus Ruffell) - guitar
  • デイヴ・デュレイク (Dave Dulake) - keyboard
  • マイク・スティード (Mike Steed) - bass guitar
  • モーリス・ベーコン (Maurice Bacon) - drums

第13期-2 2007年末-2008年1月編集

  • マーティン・リヨン (Martin Lyon) - vocal
  • テッド・トムリン (Ted Tomlin) - guitar
  • デイヴ・デュレイク (Dave Dulake) - keyboard
  • マイク・スティード (Mike Steed) - bass guitar
  • モーリス・ベーコン (Maurice Bacon) - drums

第13期-3 2008年2月-2008年末編集

  • マーク・サリヴァン (Mark Sullivan) - guitar/vocal
  • デイヴ・デュレイク (Dave Dulake) - keyboard
  • マイク・スティード (Mike Steed) - bass guitar
  • モーリス・ベーコン (Maurice Bacon) - drums

+

  • ジョニー・ワーマン (Johnny Warman) - vocal(ゲスト/2008.2.2のギグ以降)

第13期-4 2009年-編集

  • マーク・サリヴァン (Mark Sullivan) - guitar/vocal
  • デイヴ・デュレイク (Dave Dulake) - keyboard
  • マイク・スティード (Mike Steed) - bass guitar
  • モーリス・ベーコン (Maurice Bacon) - drums
  • ロブ・ムーア (Rob Moore) - vocal

ディスコグラフィ編集

スタジオ・アルバム編集

  • 『エヴァーラスティング・ラヴ・アフェアー』 - The Everlasting Love Affair (1968年 第4期~第5期)
  • New Day (1971年 第6期) ※LA名義
  • The New Recordings (1985年 第11期-3) ※1982年-1983年録音。過去のヒット曲の再録も含む、カセットのみ
  • Greatest Hits (1985年 第11期-3) ※1982年-1983年録音。過去のヒット曲の再録も含む、カセットのみ
  • Just One Drink (1994年 第11期-2) ※1979年-1980年録音

コンピレーション編集

  • No Strings (2000年 第1期、第4期-第6期、第12期) ※第1期の未発表曲を含む
  • Complete Collection Vol. 1 & 2 (2003年 第4期-第6期)
  • Complete Collection Vol. 3 (2003年 第7期-3、第9期-2、第11期-2、第11期-3、第12期)

シングル編集

  • "She Smiled Sweetly / Satisfaction Guaranteed" (1967年 第1期)
  • "Everlasting Love / Gone Are The Songs Of Yesterday" (1967年 第4期)
  • "Rainbow Valley / Someone Like Me" (1968年 第4期)
  • "Io Senza Te / Someone Like Me" (1968年 第4期)(A面は“Rainbow Valley”のイタリア語ヴァージョン)
  • "A Day Without Love / I'm Happy" (1968年 第5期)
  • "Un Giorno Senza Amore / A Day Without Love" (1968年 第5期)(A面は“A Day Without Love”のイタリア語ヴァージョン)
  • "One Road / Let Me Know" (1969年 第5期)
  • "Bringing On Back The Good Times / Another Day" (1969年 第5期)
  • "Baby I Know / Accept Me For What I Am" (1969年 第5期)
  • "Lincoln County / Sea of Tranquility" (1970年 第6期)
  • "Speak Of Peace,Sing Of Joy / Brings My Whole World Tumbling Down" (1970年 第6期)
  • "Wake Me I Am Dreaming / That's My Home" (1971年 第6期)
  • "Help (Get Me Some Help) / Long Way Home" (1971年 第7期-3)
  • "Let Me Dance / Love's Looking At You" (1973年 第9期-2)
  • "Private Lives / Let A Little Love Come In" (1977年 第11期-2)
  • "Witch Queen Of New Orleans / Stumbled On Love" (1988年 第11期-3)

EP盤編集

  • Build On Love (1969年 第5期)
  • One Road (1969年 第5期)
  • Everlasting Love (1981年 第11期-2)

関連項目編集

外部リンク編集