CHAGE and ASKA

日本の音楽ユニット(1978-2009)

CHAGE and ASKA(チャゲ・アンド・アスカ、: 차게 앤 아스카[6]: 恰克与飞鸟[7]: 恰克與飛鳥[8])は、日本音楽ユニット[9]。通称:チャゲアス。略表記:C&A。公式ファンクラブはTUG OF C&A[10]

CHAGE and ASKA
別名
  • チャゲ&飛鳥
  • CHAGE&ASUKA
  • CHAGE&ASKA
  • C&A with BLACK EYES[1]
出身地 日本の旗 日本 福岡県
ジャンル
活動期間
レーベル
事務所
  • ヤマハ音楽振興会(1979年 - 1990年)
  • リアルキャスト(1990年 - 2000年)
  • ロックダムアーティスツ(2000年 - 2009年)
共同作業者
公式サイト CHAGE and ASKA Official Web Site
メンバー Chageボーカルギター
旧メンバー ASKA(ボーカル・ギター)
CHAGE and ASKA
YouTube
チャンネル
活動期間 2013年 -
ジャンル 音楽
登録者数 18.0万人
総再生回数 1.3億回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2022年9月21日時点。
テンプレートを表示

概要編集

高校の同級生同士であったChageASKAで結成し、1979年に「ひとり咲き」でデビュー[9]。1980年に「万里の河」、1986年には「モーニングムーン」がヒット。1991年に「SAY YES」がオリコンチャート13週連続1位を獲得し、ダブルミリオンを記録。1992年にはアルバム『SUPER BEST II』もダブルミリオンを記録し、アルバム年間1位を獲得。シングルでは「if」がミリオンを記録。1993年に「YAH YAH YAH/夢の番人」が史上初となる同一歌手でシングル2作目のダブルミリオンを記録し、年間1位を獲得[9]。1994年には「HEART/NATURAL/On Your Mark」と「めぐり逢い」がミリオンを記録。自身初の海外ツアーを開催し、1996年にアジア出身者初の『MTV Unplugged』に出演して、2000年には韓国で日本人初の大規模ライブを行った。

2009年にデュオでの無期限活動休止を宣言し、2013年に再始動を発表したがASKAの一過性脳虚血発作の疑いと薬物事件により白紙となり、デビュー40周年となる2019年8月25日にASKAが脱退を発表した[11]

バンド名の由来編集

アマチュアで活動していた時は互いのニックネームを合わせた“チャゲと飛鳥”で活動を行なっていたが、ポプコンに出場した際にその司会者を担当していた大石吾朗が本番で“チャゲ&飛鳥”と言った際に2人は「&(アンド)」の方が良いと思ったと言う[12]

バンド表記の変更編集

表記名 使用期間 出典
チャゲ&飛鳥 1979年 - 1989年 [13][14]
CHAGE&ASUKA 1989年 - 1990年 [14]
CHAGE&ASKA 1990年 - 2000年 [14][15]
CHAGE and ASKA 2001年 - [15]

メンバー編集

人名 本名 生年月日(年齢) 出身地 血液型 備考
Chageチャゲ 柴田しばた 秀之しゅうじ (1958-01-06) 1958年1月6日(64歳) 福岡県北九州市 B型 -
ASKAアスカ 宮﨑みやざき 重明しげあき (1958-02-24) 1958年2月24日(64歳) 福岡県大野城市 A型 2019年8月25日に脱退した。

来歴編集

出会い、デビュー前編集

ChageとASKAの出会いは高校時代からであり、ASKAが高校2年生の時に父親の仕事の関係で札幌から福岡へ転校したことがきっかけである[5]:112[16]。2人が会話をしたのは高校3年生の時で、Chageが学園祭のために組んだバンドで練習をしていところ、隣の教室から、バンド演奏にも勝るようなASKAの大きい歌声が聞こえてきたという。当時、高校内ではASKAは剣道の腕前が優れていることで有名であったため、ChageはASKAに「お前、剣道じゃなかったのか」と声をかけたという[16]

2人とも第一経済大学(現:日本経済大学)へ入学し、在学中にASKAはChageにヤマハ『第15回ヤマハポピュラーソングコンテスト(通称:ポプコン)』への出場を声をかけ、別々で出場した。同コンテスト福岡大会でChageがグランプリを獲得し、ASKAが最優秀歌唱賞となった。九州大会へ進む際に、ヤマハの九州地区担当ディレクター・秋吉恵介の勧めにより初めてChageとASKAによるデュオが組まれた[17][16]。その後、7人編成のバンドチャゲと飛鳥として活動を始め、1978年10月開催の『第16回ポプコン』の直前にチャゲ&飛鳥となり、「流恋情歌」で念願の『つま恋本選会』に出場し入賞する[18][5]:373

1979年5月開催の『第17回ポプコン』には「ひとり咲き」で『つま恋本選会』に出場するが、またしてもグランプリ獲得にはならず入賞となった[19][5]:373。しかしデビューの話は進行していき、7人編成のバンドとしてではなくChageとASKAのみでデビューという方向で話が進んでいった。これで7人編成のバンドは解散となり、『第18回ポプコン』九州大会のゲスト出演という形で7人編成最後のステージを行った。このライブでは、それまで未完成だった楽曲「歌いつづける」をバンドを去る5人への餞の曲として完成して披露した[5]:114

メジャーデビュー、レコード会社移籍編集

1979年8月25日に「九州から大型台風上陸!熱い喉が衝き叫ぶ!」というキャッチコピーでワーナー・パイオニア(現:ワーナーミュージック・ジャパン)からシングル「ひとり咲き」でデビューした[20]。1980年2月には『第16回ポプコン』で披露された「流恋情歌」が2枚目シングルとして発売され、4月にはそれらのシングルを収録した1枚目アルバム『風舞』が発売された。その後、自身初となる全国コンサートツアーが9月まで開催された[5]:374

同年9月には3枚目シングル「万里の河」を発売。自身初となるオリコンチャートトップ10入りを果たし、50万枚を超えるヒットとなった[5]:374,387[21]。10月からは『学園祭コンサート』を開催した[5]:374。1981年2月に2枚目アルバム『熱風』を発売した。「万里の河」のヒットもあり、オリコンアルバムチャート1位を獲得[22]。3月からは約60公演となるコンサートツアー『熱風』を開催した。さらに8月には田園コロシアムで『The 夏祭り'81』を開催した。10月には5枚目シングル「男と女」を発売した[5]:375。1982年は1年を通して、ツアーの開催など多忙に活動を行い、シングルとアルバムは2枚ずつの発売となった[5]:376。1983年も前年同様にコンサートツアーを積極的を開催し、その中でも9月に史上初めてとなる国立代々木競技場第一体育館をコンサート会場として使用した[5]:377[注 1]。1984年2月に10枚目シングル「MOON LIGHT BLUES」を発売した。この当時、「ひとり咲き」や「万里の河」の路線イメージを脱却するため、打ち込みの音を利用するサウンドとなった。しかし、所属レコード会社のワーナー・パイオニアは否定的であったことから2人との間に亀裂が入った。3月から8月までコンサート『SUPER EVENT "INSIDE"』を開催した[5]:378。4月にはChageが石川優子とコラボして発売した「ふたりの愛ランド」が45万枚を記録するヒットとなった[23]

1985年2月に12枚目シングル「誘惑のベルが鳴る」、13枚目シングル「オンリー・ロンリー」を2枚同時に発売。3月から12月にかけてコンサートツアー『SHAKIN' NIGHT』、福岡・大阪で『THE 夏祭り'85』を開催した。開催中となる10月にレコード会社をキャニオン・レコード(現:ポニーキャニオン)に移籍。ワーナー・パイオニアとの契約が完全に終了してから、移籍先を探してキャニオン・レコードへの移籍となった。移籍後、初作品となるベスト・アルバム『Standing Ovation』を12月に発売した[5]:378。1986年2月にはキャニオン・レコード移籍後初となった14枚目シングル「モーニングムーン」を発売した。この年はシングル4枚、アルバム2枚、アナログ盤限定でミニアルバム1枚を発売し、コンサートも夏に横浜スタジアムで開催するなど、1年を通して精力的な活動を行った[5]:380。1987年3月にはベスト・アルバム『SUPER BEST』を発売し、4月からは全国55箇所で全国ツアーを開催した。9月にはASKAが当時使用していた飛鳥涼の名義で「MY Mr.LONELY HEART」を発売した[5]:382。同年にChageとASKAは光GENJIへ楽曲提供を行い、シングルとしては「STAR LIGHT」「ガラスの十代」「パラダイス銀河」がヒットした[24]

1988年2月には20枚目シングル「恋人はワイン色」が発売され、自身初のドラマ主題歌に起用された。この年はシングル・アルバム共に2枚ずつ発売され、ASKAはソロ活動も並行に行われた。5月から8月、10月から12月までは前年ツアーを開催している[5]:383。デビュー10周年を迎える1989年となり、3月には23枚目シングル「WALK」、6月に24枚目シングル「LOVE SONG」を発売した。デビュー日の8月25日には12枚目アルバム『PRIDE』を発売した。1981年の『熱風』以来となるオリコンアルバムチャート1位を獲得した[22]。しかし、10月にChageは新しいバンドとなるMULTI MAXを結成し、ASKAは12月渡英したことでCHAGE and ASKAが活動休止となった[5]:384。1990年4月にChageも渡英して、ASKAと合流してロンドンでレコーディングを始めた。6月に2人が日本へ帰国後に25枚目シングル「DO YA DO」が発売され、1981年発売の「万里の河」以来となるオリコンチャートトップ10入りを果たした。8月には13枚目アルバム『SEE YA』が発売され、50万枚を超える売上となった。発売後にはアルバムを引っ提げ、全国60箇所でライブ『SEE YA』が1991年2月まで開催された[5]:385-387[25]

「SAY YES」「YAH YAH YAH」などのヒット編集

1991年1月にアルバム『SEE YA』から26枚目シングル「太陽と埃の中で」をシングルカットして発売された。シングルカットながらも50万枚を超える売上を記録[25][5]:387。3月から6月まではChageがMULTI MAXとして、ASKAがソロの活動を行った。特にASKAのソロ3枚目シングル「はじまりはいつも雨」がロングヒットとなり120万枚を記録した[26]。7月から2人がCHAGE and ASKAとして活動を始め、フジテレビ系列ドラマ『101回目のプロポーズ』の主題歌となった27枚目シングル「SAY YES」を発売。オリコンチャートで13週連続1位を獲得し、累計では280万枚以上を売り上げて自身最大のヒット作品となった。9月から全国ツアー『SAY YES』を開催し、10月には14枚目アルバム『TREE』を発売した。当時の最高初週売上であった99万枚を記録し、累計で235万枚を記録[25][27]。11月にはアルバムに収録されていた「僕はこの瞳で嘘をつく」を28枚目シングルとしてシングルカットして、80万枚を超える売上となった[5]:387[25]。1992年になり、3月から全国ツアー『CONCERT TOUR 1992 BIG TREE』が開催され、ベスト・アルバム『SUPER BEST II』が発売された。270万枚を売り上げ、同年のオリコン年間アルバムランキングで1位を獲得[5]:388[25]。さらに第6回日本ゴールドディスク大賞では主要7部門中6部門受賞した[28]。6月にASKAが渡英、7月にChageが渡英してレコーディングが開始された。その後、29枚目シングル「if」が発売され、110万枚を記録[5]:400[25]。10月には30枚目シングル「no no darlin'」を発売。11月には前述のシングルを収録した15枚目アルバム『GUYS』を発売。140万枚を超える売上を記録した[5]:400[25]。Chageは10月には帰国し、年末までMULTI MAXとして活動を行った[5]:400

1993年1月にASKAが帰国し、3月には31枚目シングル「YAH YAH YAH/夢の番人」が発売された。「YAH YAH YAH」がフジテレビ系列ドラマ『振り返れば奴がいる』の主題歌に起用されたこともあり、240万枚を超える売上を記録[5]:401[25]。同年のオリコン年間シングルランキング1位を獲得した。さらに第7回日本ゴールドディスク大賞を2年連続で受賞した[29]。3月から5月にかけてフジサンケイグループのイベント「LIVE UFO」の一環として、東名阪でコンサート『LIVE UFO '93 CHAGE&ASKA GUYS 〜夢の番人〜』を開催。5月にはモナコで開かれたThe World Music Awardsにアジア代表として初出場した[5]。8月に32枚目シングル「Sons and Daughters 〜それより僕が伝えたいのは」を発売し、80万枚を記録[5]:401[25]。10月には16枚目アルバム『RED HILL』を発売して160万枚を記録[30]。さらにアルバム発売と同時にコンサートツアー『史上最大の作戦 THE LONGEST TOUR 1993-1994』が開催された[5]:401[25]。同時に1993年からセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンとのチャリティー活動で「Save the Children with CHAGE and ASKA」という募金活動を始めた[31][32]

デビュー15周年を迎える1994年も第8回日本ゴールドディスク大賞グランプリシングル賞などを受賞[33]。5月にはThe World Music Awardsを3年連続受賞し、アジア代表として出場した。さらに初のアジアツアー『ASIAN TOUR 1994』を香港シンガポール台湾で開催[5]:401。8月には35枚目シングル「HEART/NATURAL/On Your Mark」が発売され、115万枚を記録。さらにベスト・アルバム『Yin&Yang』も発売され、70万枚を売り上げた[5]:402[25]。11月に36枚目シングル「めぐり逢い」を発売し、125万枚を記録。シングルとして5作目のミリオンセラーとなった[5]:402[25]。12月には全英語詞の楽曲「Something There」をエンディングソングとして起用したハリウッド映画『Street Fighter』が全米を皮切りに全世界で公開された[5]:402

1995年1月から3月にかけて、ASKAはソロ活動を行った。5月に37枚目シングルとして「Something There」を発売。55万枚を超える売上を記録[5]:403[25]。6月には17枚目アルバム『Code Name.1 Brother Sun』を発売し、75万枚を記録[5]:403[25]。発売直後後にコンサートツアー『CONCERT TOUR '95~'96 SUPER BEST 3 MISSION IMPOSSIBLE』を開催。さらに11月と1996年3月にアジアツアー『ASIAN TOUR II - MISSION IMPOSSIBLE』を台湾・シンガポール・香港にて計5公演開催した[5]:403。1996年2月に38枚目シングル「river」を発売し、4月には前述のシングルを収録した18枚目アルバム『CODE NAME.2 SISTER MOON』を発売。45万枚を超える売上となった[5]:403-404[25]。6月にはアジア出身者としては初となる『MTV Unplugged』へ出演を行い、7月にチャカ・カーンボーイ・ジョージマイケル・ハッチェンスら海外の実力派アーティストによるトリビュート・アルバム『one voice THE SONGS OF CHAGE&ASKA』を発売した。この作品はビルボード誌にも取り上げられた[34]

1997年以降はChageはMULTI MAXとして、ASKAはソロを中心に活動を始めた[5]:404-405

デビュー20周年、セルフプロデュース編集

1999年3月に東芝EMI移籍後初作品とった39枚目シングル「この愛のために/VISION」を発売した。CHAGE and ASKAとしての活動を再開し、5月にはアコースティックライブを赤坂BLITZで開催した[5]:406。デビュー20周年を迎えた8月25日には自身初のセルフプロデュースによる19枚目アルバム『NO DOUBT』を発売した。発売後にはコンサートツアー『CONCERT TOUR 電光石火』を開催し、11月には『ASIAN TOUR NO DOUBT』として北京上海公演を行った。12月にベスト・アルバム『CHAGE&ASKA VERY BEST ROLL OVER 20TH』を発売。45万枚を超える売上を記録した[5]:406[25]。大晦日には故郷福岡で初のドーム公演にして初のカウントダウン・ライブ『千年夜一夜ライブ 〜福岡ドーム 僕らがホーム〜』を開催した[5]:406

2000年8月に韓国第3次日本文化開放に伴い、ソウル蚕室体操競技場で日本人アーティスト初の大規模公演を2日間行った[35]。2001年1月にユニバーサルミュージックへ移籍し、4月に41枚目シングル「ロケットの樹の下で」を皮切りにシングル4枚を発売した。8月には各野外イベントに出演を行い、9月からホール会場中心のコンサートツアー『CHAGE and ASKA CONCERT TOUR 01>>02 NOT AT ALL』を翌年5月まで開催。ツアー中の12月には20枚目アルバム『NOT AT ALL』を発売した[36]。2002年9月には21年ぶりの学園祭ライブを青山学院大学で開催し、直後にコンサートツアー『CHAGE and ASKA CONCERT TOUR 02-03 THE LIVE』が翌年5月まで開催された。さらにセルフカバー・アルバム『STAMP』が発売された[36]。2003年8月には野外イベント『サウンドコニファー229』で小田和正財津和夫などと共演を行った。『RISING SUN ROCK FESTIVAL』やその他のイベントにも精力的に出演を行った。9月にSTARDUST REVUEとのコラボレーションシングル「デェラ・シエラ・ム」を発売。年末は札幌ドームで2度目となるカウントダウン・ライブ『CHAGE and ASKA COUNT DOWN LIVE 03>>04 in SAPPORO DOME』を開催した[36]

2004年4月から12月までコンサートツアー『CHAGE and ASKA CONCERT TOUR 2004 two-five』を開催し、デビュー25周年となる8月25日には45枚目シングル「36度線 -1995夏-」が発売された。発売直後にライブ『CHAGE and ASKA 25th Anniversary Special チャゲ&飛鳥 熱風コンサート』を東京・お台場野外特設会場で開催した。11月には、慶應義塾大学三田祭の前夜祭ライブを行い、12月に46枚目シングル「僕はMusic」を発売した[36]。2005年はお互いソロ活動を中心に行い[36]、2006年12月に国立代々木競技場第一体育館にて『Point Green Live 2006』が開催され、徳永英明岡本真夜とともに出演した[36]。2007年1月に47枚目シングル「Man and Woman」、48枚目シングル「Here & There」を同時に発売。直後には21枚目アルバム『DOUBLE』を発売した。3月から7月にかけてコンサートツアー『CHAGE and ASKA Concert tour 2007 DOUBLE』を開催し、11月からは、上海大舞台(旧称:上海体育館)での公演を皮切りに8年ぶりにアコースティック・ライブ『CHAGE and ASKA Concert 2007 alive in live』を行った[36]

デビュー30周年、無期限活動休止とASKAの逮捕編集

デビュー30周年を迎える2009年に入り、1月に一部のメディアがCHAGE and ASKAの解散を報道した[37]。所属事務所のロックダムアーティスツは解散を否定し[38]、後日にCHAGE and ASKAとしての活動を無期限休止にして、お互いソロ活動に専念することを正式発表した[39]。2月にはベスト・アルバム『CHAGE and ASKA VERY BEST NOTHING BUT C&A』が発売された[40]

2013年1月に公式サイトにてCHAGE and ASKAの活動再開することが発表された[41]。同年8月末に国立代々木第一体育館において、復活ライブを開催する予定であったが、6月にASKAに一過性脳虚血症の疑いで静養が必要と診断されたため、ライブを延期することが発表された[42][43]。しかし、8月に週刊文春がASKAの薬物使用疑惑を報じた[44][45]。10月にASKAは活動自粛する形となったが[46]、2014年5月に覚醒剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕された[47]。そして逮捕に伴い、ASKA、CHAGE and ASKAの音楽・映像および関連商品の販売中止・回収と、全楽曲・映像のデジタル配信停止が発表された[48][49][50]。6月にはロックダムアーティスツが、ASKAの契約解除を発表。CHAGE and ASKAのファンクラブ「TUG OF C&A」も8月末を以って休止する予定であることも併せて発表[51]。さらに7月にはセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンからの申し出より「Save the Children with CHAGE and ASKA」の活動を終了した[52]

2017年2月にASKAが薬物事件後初めてソロでオリジナル・アルバムを発売して、音楽活動を一部再開した。

5月に公式サイトでアルバム『CHAGE&ASKA VERY BEST ROLL OVER 20TH』がChageのライブツアーの5月18日以降の公演で、会場販売されることが発表された。ASKAの逮捕の影響で、CHAGE and ASKA及びASKAのCD・DVD等は販売中止となり、廃盤状態になっていた。また、ASKAの逮捕後にCHAGE and ASKAのCDが再発売されるのは今回が初めてである[53]。その後も順次に作品の再発売が発表され、7月にはアルバム『CHAGE&ASKA VERY BEST ROLL OVER 20TH』[54]、11月には2000年より前に発売されたアルバムとシングルの配信が再開された[55]。さらに『VERY BEST ROLL OVER 20TH』に続き、『SUPER BEST II』『THE STORY of BALLAD』『THE STORY of BALLAD II』のCDの販売が再開された[56]

2018年3月に映像作品『千年夜一夜ライブ 〜福岡ドーム 僕らがホーム〜』『ASIAN TOUR IN TAIPEI』『MTV UNPLUGGED LIVE』『CHAGE and ASKA LIVE DVD BOX 1』『CHAGE and ASKA LIVE DVD BOX 2』『CHAGE and ASKA LIVE DVD BOX 3』の販売が再開され[57]、4月にはヤマハミュージックコミュニケーションズから再発売された『風舞』から『NO DOUBT』までのアルバムが販売再開された[58]。11月に2001年以降に発売されたユニバーサルミュージック発売元の作品が販売再開された[59]

デビュー40周年、ASKAの脱退編集

デビュー40周年となる2019年8月25日に『CHAGE and ASKA LIVE DVD BOX 4』『CHAGE&ASKA LIVE IN KOREA 韓日親善コンサート Aug.2000』を発売した。『DVD BOX 4』は期間限定発売の完全受注生産であり、「CHAGE and ASKA ASIAN TOUR 1994 LIVE IN HONG KONG」「CHAGE & ASKA CONCERT TOUR 電光石火 ~TUG OF C&A PRESENTS PREVIEW in 幕張メッセ~Aug.1999」「CHAGE & ASKA LIVE IN KOREA 韓日親善コンサート Aug.2000」が収録される[35]。そして、同じ日にASKAがCHAGE and ASKAからの脱退を発表した[60][61]

2020年5月に1989年から1994年にかけてVHSビデオで発売されて廃盤となっていた『WALK』『SEE YA』『TREE』『Go to Eleven~GUYS〜』『RED HILL』『On Your Mark』をDVDで順次発売されることが発表された[62]

音楽性編集

制作編集

Chage、ASKA各々の自作曲をレパートリーとし、大半のシングル曲の作詞作曲はASKAが担当している。メインボーカルは原則的に作曲者が担当するが、Chageが作曲、ASKAが作詞を手がけた楽曲や、初期の一部のChage曲ではASKAがメインボーカルを務めている。デビュー当時はギターでの楽曲作りをしており、"演歌フォーク""大陸的なサウンド"などと評されていた。しかし、デビュー5年目となる1984年頃から、キーボードコンピュータなどを使った楽曲作りと変わり、ポップスやロック色が強まっていった。1990年に発売されたアルバム『SEE YA』は、ロンドンで制作され、そして1991年に大ヒットとなる「SAY YES」が発売された。このヒットにより、チャゲアスは「シンセサイザーを使ったロマンチックなバラードを歌うラブソングの旗手」というイメージが定着した[注 2]。なお、コンピュータでの打ち込みは小室哲哉が率いるTM NETWORKが最初とされているが、実際はチャゲアスの方が先にコンピュータでの打ち込みを始めている[63]

作品に関して、大衆から売上枚数が注目されたりすることがあるが、「SAY YES」「Something There」の発売時に2人は「楽曲を作った時のテンションが注がれている状態で発売することが自分達のやり方」「売上枚数の数字ばかりが注目されるが、それらに対して意味はない」とコメントしている[64][65]

コンサートの二人の距離編集

コンサート等でステージに立つ際の2人の距離(正確には2人の使用するマイクスタンドの間隔)は基本的に「210cm」と決まっており、2004年のコンサートツアーの際に発行されたオフィシャルブック『two-five』の中でも取り上げられている。理由について、『two-five』では「手を伸ばしても相手にぶつかることなく、三歩足を踏み出せばそれぞれの肩に触れることができる」「お互いがお互いを引き立て合い、時に大きく、時にCHAGE and ASKAとしてのまとまりを見せてくれる」と述べられている。また、フジテレビ系『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜』では実際にライブ映像などを元に画像解析を行ってこれを検証したことがあり、その際にも検証に使用されたほぼ全ての映像で2人の距離が210cmであることが確認されている[66]

初めての記録編集

1991年にシングル「SAY YES」が250万枚以上の売上を記録し、1980年代のレコード市場には予測できなかった記録を作り、1992年に第6回日本ゴールドディスク大賞を受賞した際シングル390万枚を売り上げての受賞をし、1990年に記録したサザンオールスターズの60.4万枚の記録を大きく更新した。翌年の1993年の第7回も受賞しており、アルバム売上が409万枚となり、1990年代CDMDの普及の基となった[67]。また、自身のライブ「CHAGE&ASKA CONCERT MOVIE GUYS」を1992年末に上映した。今では、ライブを映画化することは多々あることだが、当時ライブを映画化にするのは失敗すると言われてた時代に大ヒットさせ、この常識を覆した[68]

他には1983年国立代々木競技場第一体育館で初となるコンサート開催を行なったり、日本人初として1996年にはMTVアンプラグド出演[69]2000年には韓国で日本人初の大規模ライブを行なっている。

2006年9月に自身のアルバム21枚、Chageのアルバム1枚、ASKAのアルバム5枚、MULTI MAXのアルバム6枚がiTunes Storeにて全世界に配信された。日本のメジャーアーティストが全アルバムを配信するのは初の試みである。シングルは日本でのiTunes Storeが開始された2005年8月から配信されている[70]

プロモーション活動編集

デビュー当時からASKAは音楽番組での披露の際は、テレビサイズ(番組の放送時間に合わせて、楽曲を短く演奏すること)に抵抗があり、フルサイズでの披露を強く希望していたという。また、「テレビサイズを受け入れなかったから、自分たちの輪郭を世の中に見てもらえるようになった」と語っているが、「SAY YES」の頃からはテレビサイズも受け入れ始めたとしている[71]

ファン層編集

ファンクラブのファンは8割以上が女性であり、年齢別だと「SAY YES」「YAH YAH YAH」が発売された時期の10〜20代からの支持が最も多い[72]

不仲説・解散騒動編集

CHAGE and ASKAの2人には人気、収入の格差などで不仲説が度々流れることがあるが、2人は高校からの付き合いでもあり、テレビ出演時に喧嘩は一度もないとChageもASKAもお互い不仲説を否定している[73][12]

1996年にチャゲアスの活動休止を発表し、翌年の1997年からお互いソロ活動が発表された際も、解散説がメディアによって流れた[74]。2009年の時の無期限活動休止の際は、2人の不仲説や音楽性の違いで解散するとメディアで流れた。実際もChageとASKAで話し合い「中途半端で活動するなら解散しよう」と話しあっていた。しかし、2人は色々と話を詰める内に「解散はやめよう」と決め活動休止を選んでいる。ASKAも「50歳になると色々考える時期で、1人で作るとしたらどれくらいやれるのか今は興味があるけど、気持ちが乗ってきたら、チャゲアスをやろうという気持ちもある」と話している[75][76]

2014年のASKAの薬物逮捕により、チャゲアスの解散が報道された。しかし、活動休止を継続していたが、2017年にASKAがフジテレビ情報番組ノンストップ!』に出演した際に「今、チャゲアスの復活はない。いずれは復活したい。」と述べた[77]

しかし、2019年にASKAは脱退を表明。形式上はChage1人のグループという扱いになっているが、これによりグループは事実上の解散となった[11][78][79]

2022年6月13日、ASKAが古舘伊知郎との対談で、「きっと、2人になれば“色々あったな”って言い合えるんですけど。なかなかその機会がなくても、もうお前そんなこと言ってる歳じゃないぞと。64、65になって、あと何年声が出るんだと。僕は自分にそれを突き付けてるから、あいつも同じように突き付けなきゃダメ。僕も頑ななときはありましたけど、今はもっと(CHAGEが)頑なだから。それをほぐしていくのが、僕の役目かもしれない」と話し、「CHAGE and ASKA」復活の可能性について言及した[80]

評価編集

ミュージシャンやシンガーソングライターでは、堂本剛KinKi Kids)、藤巻亮太レミオロメン)、星野源スキマスイッチ鬼龍院翔ゴールデンボンバー)、綾小路翔氣志團)、中田裕二澤野弘之、小林祐介(THE NOVEMBERS)などがチャゲアスやソロの楽曲に影響を受けている[81][82][83][84][85]

ミュージシャン以外にも天海祐希万城目学村田修一和久井映見中野浩一吉田秀彦中島史恵ビビる大木ケンドーコバヤシ小池栄子松陰寺太勇ぺこぱ)など、多岐にわたって活躍する人達がファンを公言している[81][86][87]

その中でもケンドーコバヤシはASKAの薬物事件をきっかけに楽曲を聞くようになり、チャゲアスに関して「素晴らしいアーティストだ」と述べている[88]

1990年代にテレビ等でChageとASKAのモノマネをする人が多く現れ、その中でもウッチャンナンチャンが自身の番組『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!』(フジテレビ系)の企画「CHAKE&YASKA 栄光の軌跡」で、チャゲアスのモノマネを行い、チャゲアス本人達にも公認とされた[注 3][89]

2003年にHMVが発表した『邦楽アーティストの重要な100人(Top 100 Japanese pops Artists - No.1)』の62位に選ばれている[90]

2018年に女性SPA!が調査した復活してほしい音楽グループランキングにて19位にランクインしている[91]

賞・記録編集

日本レコード大賞編集

カテゴリー 作品
1991 第33回 ゴールド・ディスク賞 SAY YES
作曲賞

日本ゴールドディスク大賞編集

カテゴリー 作品
1988 第2回[92] The Best Single of the Year 作曲賞 STAR LIGHT
1992 第6回[93] 日本ゴールドディスク大賞
ベスト5アーティスト賞
グランプリ・シングル賞 SAY YES
ベスト5シングル賞
グランプリ・アルバム賞 TREE
アルバム賞
1993 第7回[94] 日本ゴールドディスク大賞
ベスト5アーティスト賞
アルバム賞 SUPER BEST II
1994 第8回[95] ベスト5アーティスト賞
グランプリ・シングル賞 YAH YAH YAH/夢の番人
ベスト5シングル賞

World Music Awards編集

カテゴリー 現地披露曲
1992 Best-selling Artist/Japan
Best-selling Artist/Asia
N/A
1993 no no darlin'
1994 Sons and Daughters 〜それより僕が伝えたいのは

JASRAC賞編集

カテゴリー 作品
1993 金賞 SAY YES
銀賞 僕はこの瞳で嘘をつく

MTV JAPAN編集

カテゴリー 作品
1995 International Viewer's Choice Award Something There

オリコン編集

  • シングル・アルバム総売上:3141万枚(歴代13位・2016年12月現在)[96]
  • グループ&ソロ作品シングル・アルバム同時週間1位:1991年8月26日付 シングル「SAY YES」・アルバム『SCENE II』(ASKA)[注 4][97]

シングル記録編集

  • シングル総売上枚数:1649.2万枚(2019年9月現在)[注 5]
  • シングルミリオン獲得数:5作品(ミリオン3作品 / ダブルミリオン2作品)(歴代5位タイ、2016年12月現在)[注 6][96]
  • 連続ミリオン獲得年数:4年(歴代3位タイ、2020年1月現在)[99][100][注 7]
  • シングル歴代売上ランキング
    • 7位「SAY YES」[101]
    • 11位「YAH YAH YAH/夢の番人」
    SMAPの「世界に一つだけの花」に売上を抜かれる前は「YAH YAH YAH/夢の番人」がオリコン歴代シングル売上10位を記録しており、歴代TOP10に「SAY YES」「YAH YAH YAH/夢の番人」がランクインしていた。同一アーティストで2作ランクインしていたのはCHAGE and ASKAのみであった[102]。なお、シングル2作品ダブルミリオンをもつ同一アーティストとして、歴代1位タイである[96][注 8]
  • 歴代週間連続1位獲得数:「SAY YES」(13週連続・歴代5位)[103]

アルバム記録編集

  • アルバムミリオン獲得数:ミリオン2作品 / ダブルミリオン2作品(歴代14位タイ)
  • アルバム1位獲得数:12作品(歴代17位タイ・2017年1月現在)
  • アルバム10位以内獲得数:28作品(歴代11位タイ・2012年12月現在)
  • 1993年10月18日付のオリコンチャートにてアルバムの総売上が1000万枚を突破し、ボーカルグループとして初めての快挙となった[104]
  • 3年代アルバム1位獲得:1980〜2000年代[注 9][105]
  • TREE』は、男性デュオとして初の累計売上枚数が200万枚を突破した作品[106]
  • SUPER BEST II』は、男性デュオとして史上最速で200万枚を突破した作品[106]

作品編集

CHAGE and ASKAのディスコグラフィ
リリースリスト
スタジオ・アルバム 21
ライブ・アルバム 4
ベスト・アルバム 9
EP 2
シングル 48
映像作品 35
ミュージック・ビデオ 9
サウンドトラック 1
トリビュート&カバーアルバム 2

順位はオリコンによる最高順位である。太字の順位はオリコンによる累計売上枚数がミリオンセラー以上を記録してる作品[107]。販売状況に関しては公式サイトの各作品のページを参照[108]

シングル編集

発売日 タイトル 順位 収録アルバム 販売状況
ワーナー・パイオニア(現:ワーナーミュージック・ジャパン
1st 1979年8月25日 ひとり咲き 24位 風舞 廃盤
2nd 1980年2月25日 流恋情歌 56位
3rd 1980年9月25日 万里の河 6位 熱風
4th 1981年5月25日 放浪人 (TABIBITO) 30位 黄昏の騎士
5th 1981年10月25日 男と女 28位
6th 1982年4月25日 熱い想い 51位 熱い想い
7th 1982年10月25日 北風物語 27位
8th 1983年4月23日 マリオネット 38位 CHAGE&ASUKA IV -21世紀-
9th 1983年9月28日 華やかに傷ついて 46位 INSIDE
10th 1984年2月22日 MOON LIGHT BLUES 52位
11th 1984年10月25日 標的 (ターゲット) 38位 Z=One
12th 1985年2月25日 誘惑のベルが鳴る 44位
13th オンリー・ロンリー 42位
ポニーキャニオン(キャニオン・レコードも含む)
14th 1986年2月5日 モーニングムーン 11位 TURNING POINT 廃盤
15th 1986年5月21日 黄昏を待たずに 17位 MIX BLOOD
16th 1986年8月21日 Count Down 20位 SUPER BEST
17th 1986年11月21日 指環が泣いた 18位 Mr.ASIA
18th 1987年4月21日 SAILOR MAN 13位
19th 1987年10月5日 ロマンシングヤード 23位 RHAPSODY
20th 1988年2月5日 恋人はワイン色 16位
21st 1988年5月21日 ラプソディ 22位
22nd 1988年10月5日 Trip 14位 ENERGY
23rd 1989年3月8日 WALK 20位 PRIDE
24th 1989年6月21日 LOVE SONG
25th 1990年6月27日 DO YA DO 10位 SEE YA
26th 1991年1月30日 太陽と埃の中で 3位
27th 1991年7月24日 SAY YES 1位 TREE
28th 1991年11月21日 僕はこの瞳で嘘をつく 1位
29th 1992年7月1日 if 1位 GUYS
30th 1992年10月10日 no no darlin' 2位
31st 1993年3月3日 YAH YAH YAH/夢の番人 1位 RED HILL
32nd 1993年8月20日 Sons and Daughters 〜それより僕が伝えたいのは 1位
33rd 1993年11月19日 You are free 5位
34th なぜに君は帰らない 4位
35th 1994年8月3日 HEART/NATURAL/On Your Mark 1位 Code Name.1 Brother Sun
36th 1994年11月16日 めぐり逢い
37th 1995年5月10日 Something There 2位
38th 1996年2月19日 river CODE NAME.2 SISTER MOON
東芝EMI
39th 1999年3月10日 この愛のために/VISION 3位 NO DOUBT 廃盤
40th 1999年6月9日 群れ 7位
ユニバーサルミュージック
41st 2001年4月25日 ロケットの樹の下で 8位 NOT AT ALL 販売中
42nd 2001年8月8日 パラシュートの部屋で 6位
43rd 2001年9月19日 C-46
44th 2001年11月28日 夢の飛礫 9位
45th 2004年8月25日 36度線 -1995夏- 6位 DOUBLE
46th 2004年12月8日 僕はMusic 7位
47th 2007年1月10日 Man and Woman 2位 廃盤
48th Here & There 3位

企画盤シングル編集

種類 発売日 タイトル 順位 備考 収録アルバム 販売状況
ポニーキャニオン
再発売 1992年3月25日 LOVE SONG 1位 ベスト・アルバム『SUPER BEST II』と同日に発売された
カップリングに「ロマンシングヤード」を収録
SUPER BEST II 廃盤
WALK 3位 ベスト・アルバム『SUPER BEST II』と同日に発売された
ユニバーサルミュージック
コラボレーション 2003年9月10日 デェラ・シエラ・ム 3位 CHAGE and ASKA+Stardust Revue名義のコラボレーション・シングル アルバム未収録 販売中
該当なし 2004年4月7日 SEAMLESS SINGLES 13位 シングル4曲を収録した作品 該当なし

オリジナル・アルバム編集

発売日 タイトル 順位
ワーナー・パイオニア(現:ワーナーミュージック・ジャパン
1st 1980年4月25日 風舞 11位
2nd 1981年2月25日 熱風 1位
3rd 1982年2月14日 黄昏の騎士 5位
4th 1983年6月29日 CHAGE&ASUKA IV -21世紀- 8位
5th 1984年3月25日 INSIDE 14位
6th 1985年1月25日 Z=One 9位
ポニーキャニオン(キャニオン・レコードも含む)
7th 1986年4月21日 TURNING POINT 4位
8th 1986年9月21日 MIX BLOOD 3位
9th 1987年5月21日 Mr.ASIA 4位
10th 1988年3月5日 RHAPSODY
11th 1988年11月21日 ENERGY 6位
12th 1989年8月25日 PRIDE 1位
13th 1990年8月29日 SEE YA 4位
14th 1991年10月10日 TREE 1位
15th 1992年11月7日 GUYS
16th 1993年10月10日 RED HILL
17th 1995年6月28日 Code Name.1 Brother Sun 1位
18th 1996年4月22日 CODE NAME.2 SISTER MOON 2位
東芝EMI
19th 1999年8月25日 NO DOUBT 1位
ユニバーサルミュージック
20th 2001年12月27日 NOT AT ALL 10位
21st 2007年1月24日 DOUBLE 4位

ベスト・アルバム編集

国内盤
※『1979-1982 BEST』『SUPER BEST』『Yin&Yang』は、廃盤作品である。
種類 発売日 タイトル 順位
ワーナー・パイオニア(現:ワーナーミュージック・ジャパン
ベスト・アルバム 1982年12月21日 1979-1982 BEST [注 10] 60位
ポニーキャニオン(キャニオン・レコードも含む)
ベスト・アルバム 1985年12月5日 Standing Ovation 23位
1987年3月5日 SUPER BEST 11位
バラードベスト 1990年2月7日 THE STORY of BALLAD 2位
ベスト・アルバム 1992年3月25日 SUPER BEST II 1位
1994年8月25日 Yin&Yang 1位
東芝EMI
ベスト・アルバム 1999年12月16日 CHAGE&ASKA VERY BEST ROLL OVER 20TH 2位
ヤマハミュージックコミュニケーションズ
バラードベスト 2004年11月3日 THE STORY of BALLAD II 22位
ユニバーサルミュージック
ベスト・アルバム 2009年2月4日 CHAGE and ASKA VERY BEST NOTHING BUT C&A 2位
海外盤
発売日 タイトル 主な発売国 備考
1993年5月17日 倆心知〜原創紀念歌集       ASKAの「伝わりますか」・「はじまりはいつも雨」も収録されている
1995年12月20日   中国盤にはボーナス・トラック2曲が追加収録されている
1994年7月22日 Singles - The European Collection  
1998年1月13日 GREATEST HITS        
1999年2月10日 倆角形 Duet Angle 20th anniversary   2枚組。CHAGE SIDE, ASKA SIDEに分かれているがソロの楽曲は収録されていない
2004年1月13日 THE BEST   韓国の第4次日本文化開放を記念して発売された
2008年4月23日 Asian Communications Best           4枚組。CHAGE and ASKA, CHAGE, ASKA, MULTI MAXの楽曲が収録されている

ライブ・アルバム編集

発売日 タイトル 備考 順位
1981年9月10日 ライブ・イン田園コロシアム 〜The 夏祭り'81 初のライブ・アルバム 6位
2009年10月21日 ライブ・イン・田園コロシアム 完全収録盤
〜二人がチャゲ&飛鳥になった日〜
12曲を追加収録し、2枚組<完全盤>となって初CD化した 36位
1983年11月16日 1983.9.30 CHAGE&ASUKA
LIVE IN YOYOGI STADIUM
国立代々木競技場第一体育館を初使用したコンサートを収録した2枚組ライブ・アルバム 17位
2009年9月23日 初CD化 57位
1996年10月7日 CHAGE&ASKA MTV UNPLUGGED LIVE MTV Unplugged』出演時の音源を収録したライブ・アルバム 1位

サウンド・トラック編集

発売日 タイトル 備考 順位
1982年5月25日 熱い想い 映画『真紅な動輪』のサウンドトラック 14位

ミニ・アルバム編集

発売日 タイトル 備考 順位
1986年12月5日 Snow Mail クリスマス・ミニアルバム 18位
2009年11月25日 Snow Mail add 3 songs クリスマスソング3曲を追加収録 65位

カバー・アルバム編集

発売日 タイトル 備考 順位
1996年7月8日
(英国盤  
one voice THE SONGS OF CHAGE&ASKA 海外のアーティスト達がCHAGE&ASKAの楽曲をカバーしたトリビュート・アルバム -
1996年7月31日
(日本盤  
日本盤はボーナス・トラック3曲収録 9位
2000年8月
(韓国盤  
親善コンサート開催に合わせて発売された -
2002年11月20日 STAMP セルフカバー・アルバム 1位

カラオケ・アルバム編集

発売日 タイトル 備考 順位
1988年9月21日 オリジナルカラオケ カラオケ盤。公式サイトには記載されていない -

BOXセット編集

発売日 タイトル 備考 順位
1988年6月21日 CD BOX-5 『Z=One』から『Mr.ASIA』までを収めた5枚組。公式サイトには記載されていない -
1993年12月17日 CHAGE&ASKA THE LONGEST TOUR MEMORIAL 「モーニングムーン」から「YAH YAH YAH/夢の番人」まで18枚のシングルを収めたセット 40位
1994年12月16日 SUPER BEST BOX SINGLE HISTORY 1979-1994 AND Snow Mail 『SUPER BEST』・『SUPER BEST II』に加え、「if」から「なぜに君は帰らない」までのシングル曲と、当時アナログ限定だった『Snow Mail』を収めた4枚組。 1位
2004年6月23日 CHAGE and ASKA 25th Anniversary BOX-1 『風舞』から『Z=ONE』まで7作を収めた7枚組 55位
2004年7月28日 CHAGE and ASKA 25th Anniversary BOX-2 『TURNING POINT』から『SEE YA』まで7作を収めた8枚組 50位
2004年8月25日 CHAGE and ASKA 25th Anniversary BOX-3 『TREE』から『NOT AT ALL』まで7作を収めた7枚組 42位

映像作品編集

※一部作品はLDβマックスでも発売された。「THE 夏祭り」はステレオ録画だがハイファイVHSデッキ発売前であったためノーマルステレオ。

※2012年4月・5月に、ハイビジョン機材で撮影されたライブ作品がBlu-ray化された[109]

発売日 タイトル 規格 規格品番
ライブ作品 1983年7月1日 THE 夏祭り
チャゲ&飛鳥 大阪城LIVE
VHS 12PV-3
ライブ作品 1984年4月1日 GOOD TIMES
1983.9.30 国立代々木競技場LIVE
VHS 10PV-14
ライブ作品 1986年10月21日 ONE SIDE GAME
CHAGE&ASUKA IN YOKOHAMA STADIUM
VHS X98M-1431
ライブ作品 1989年3月21日 WALK VHS V88M-1842
2020年5月27日 DVD YMEHDVD-25
ドキュメント+PV作品 1989年9月6日 CHAGE&ASUKA HISTORY I
〜10 years after〜
VHS V65M-1955
ライブ作品 1990年3月7日 CHAGE&ASUKA HISTORY II
〜PRIDE〜
VHS PCUP-10149
PV集 1990年9月21日 SEE YA VHS PCVP-10294
2020年5月27日 DVD YMEHDVD-26
ライブ作品 1991年3月21日 太陽と埃の中で I VHS PCVP-10489
太陽と埃の中で II VHS PCVP-10490
PV集 1991年11月21日 TREE VHS PCVP-50670
2020年8月5日 DVD YMEHDVD-27
PV集 1992年12月16日 Go to Eleven 〜GUYS〜 VHS PCVP-51068
2020年8月5日 DVD YMEHDVD-28
ライブ+ドキュメント作品 1993年3月24日 CONCERT MOVIE GUYS VHS PCVP-51114
2012年4月25日 Blu-ray POXS-22006
PV集 1994年2月18日 RED HILL VHS PCVP-51385
2020年11月11日 DVD YMEHDVD-29
インタビュー+ライブ作品 1994年9月21日 15th ANNIVERSARY On Your Mark VHS PCVP-51513
2020年11月11日 DVD YMEHDVD-30
ライブ作品 1996年3月21日 ASIAN TOUR IN TAIPEI VHS PCVP-51854
2001年1月1日 DVD YCBR-00002
ライブ作品 1996年10月18日 CHAGE&ASKA MTV UNPLUGGED LIVE VHS PCVP-51971
2001年1月1日 DVD YCBR-00003
PV作品 1997年7月25日 ジブリ実験劇場 On Your Mark VHS PCVP-52176
ライブ作品 1999年12月31日 LIVE BEST 1995-1999 DVD TOBF-5018
ライブ作品 2000年7月12日 千年夜一夜ライブ
〜福岡ドーム 僕らがホーム〜
DVD YCBR-00001
ライブ作品 2002年4月24日 CHAGE and ASKA CONCERT TOUR 01>>02
NOT AT ALL
VHS UMVK-1034~5
DVD UMBK-1034~5
PV集 2003年3月12日 MUSIC ON FILMS VHS UMVK-1056
DVD UMBK-1056
ライブ作品 2003年8月6日 CHAGE and ASKA CONCERT TOUR 02-03
THE LIVE
VHS UMVK-1058/9
DVD UMBK-1058/9
2012年4月25日 Blu-ray POXS-22009
ライブ作品 2004年3月31日 CHAGE and ASKA COUNT DOWN LIVE 03>>04
in SAPPORO DOME
VHS UMVK-1076
DVD UMBK-1076 (DVD:UMBX-1015 CD:UMCX-1015)
2012年4月25日 Blu-ray POXS-22010
DVDシングル 2004年9月22日 36度線 -1995夏- DVD UMBK-1077
ライブ作品 2005年3月23日 CHAGE and ASKA 25th Anniversary Special
チャゲ&飛鳥 熱風コンサート
DVD UMBK-1079/80
2012年4月25日 Blu-ray POXS-22012
ライブ作品 2006年2月1日 CHAGE and ASKA CONCERT TOUR 2004
two-five
DVD UMBK-9138
2012年4月25日 Blu-ray POXS-22011
PV集 2007年1月24日 DOUBLE DVD DVD UMBK-1116
ライブ作品 2007年8月29日 CHAGE and ASKA Concert tour 2007 DOUBLE DVD POBS-10001~2
2012年5月23日 Blu-ray POXS-22014
ライブ作品 2008年5月7日 CHAGE and ASKA Concert 2007 alive in live DVD POBD-22001
2012年5月23日 Blu-ray POXS-22015
ライブ作品集 2009年8月26日 CHAGE and ASKA LIVE DVD BOX 1 DVD YCBR-10001/3
ライブ作品集 2009年9月23日 CHAGE and ASKA LIVE DVD BOX 2 DVD YCBR-10004/6
CHAGE and ASKA LIVE DVD BOX 3 DVD YCBR-10007/9
ライブ作品 2012年4月25日 CHAGE&ASKA 夢の番人
SPECIAL EVENT 1993 GUYS
Blu-ray POXS-22007
ライブ作品 2019年8月25日 CHAGE&ASKA LIVE IN KOREA 韓日親善コンサート Aug.2000 DVD YMEHDVD-20
ライブ作品集 完全受注生産
(受付期間限定)
CHAGE and ASKA LIVE DVD BOX 4 DVD YMEHDVD-21/3

書籍編集

  • 愛すべきばかちんたちへCBSソニー出版、1981年12月10日。 
  • チャゲ&飛鳥写真集 闘魂(ザ・チャレンジ)講談社、1982年10月18日。 
  • 時計まわりの青春集英社、1983年9月22日。 
  • PRIDE I 〜10年の複雑〜』八曜社、1989年7月20日。 
  • PRIDE II 〜10年の複雑〜』八曜社、1989年10月10日。 
  • 10年の複雑(上)PRIDE(文庫版)角川文庫、1992年10月10日。 
  • 10年の複雑(下)PRIDE(文庫版)』角川文庫、1992年10月10日。 
  • CHAGE&ASKA DOCUMENT ASIAN TOURの真実 ‐アジアの肌を抱きしめた男たち幻冬舎、1996年7月27日。 
  • two-five CHAGE&ASKA歌詞集アスペクト、2004年3月25日。 

ファンクラブ限定編集

  • 『ONE NIGHT MAGIC 〜君だけのチャゲ&飛鳥〜』(VHS、1986年)
  • 『WE SHALL RETURN! 〜君だけのチャゲ&飛鳥 PART II〜』(VHS、1987年)
  • 『THE VIDEO of CHAGE&ASKA TUG of C&A Vol.1』(VHS、1991年)
  • 『THE VIDEO of CHAGE&ASKA TUG of C&A Vol.2』(VHS、1991年)
  • 『THE VIDEO of CHAGE&ASKA TUG of C&A Vol.3』(VHS、1992年)
  • 『THE VIDEO of CHAGE&ASKA TUG of C&A Vol.4』(VHS、1993年)
  • 『史上最大の作戦』(ライブパンフレット+VHS、1993年)
  • 『感謝』(VHS、1996年)
  • 『ONE×ONE』(VHS、1999年)
  • 『20th Anniversary Premium Live』(VHS、1999年/DVD、2007年)
  • 『SPECIAL EVENT '93 GUYS〜夢の番人〜』(VHS、1999年)
  • 『史上最大の作戦 THE LONGEST TOUR 1993-1994』(VHS、1999年)
  • 『千年夜一夜ライブ -福岡ドーム 僕らがホーム-』(VHS、2000年)
  • 『FROM HERE』(VHS、2000年)
  • 『CHAGE and ASKA CONCERT TOUR 2004 two-five』(DVD3枚組、2005年)
  • 『Blu-rayスペシャルセット』(Blu-ray Disc15枚組、2012年)

楽曲提供編集

  • 1987年 - 作曲「STAR LIGHT」(光GENJI
    • 作詞はASKA(飛鳥涼名義)が担当している。

ライブ・コンサートツアー編集

タイアップ楽曲一覧編集

※楽曲はオリジナル作品発売順に掲載してある(アルバム収録曲に複数のタイアップがある場合は、アルバム収録順に掲載)。

作品発売年 曲名 タイアップ 備考
1981年 男と女 大阪ガス「ガスルームエアコン」CMソング 1988年起用
1982年 熱い想い 東映『真紅な動輪』主題歌 ※初のタイアップ
その他劇中使用曲はサウンドトラック・アルバム『熱い想い』に収録。
北風物語 明星食品チャルメラ」CMソング
1984年 MOON LIGHT BLUES セイコー CMソング
1987年 SAILOR MAN JAL '87 沖縄キャンペーンソング
ロマンシングヤード オージーフットボール'87 テーマソング
1988年 恋人はワイン色 テレビ朝日系ドラマ『あぶない雑居カップル』テーマソング
ラプソディ テレビ朝日系『ワールドプロレスリング』オープニングテーマ
Energy TBS系『朝のホットライン』テーマソング インストゥルメンタルで使用されていた。
1989年 WALK SUBARUVIVIO」CMソング 1992年起用
LOVE SONG JAL '92 沖縄キャンペーンソング 1992年起用
PRIDE 東宝系『ヒーローインタビュー』挿入歌 1994年公開
砂時計のくびれた場所 TBS系スペシャルドラマ『拝啓オグリキャップ様』主題歌 1991年放送
天気予報の恋人 SUBARU「VIVIO」CMソング 1994年起用
1990年 DO YA DO TOYOTAスプリンターカリブ」CMソング
SUBARU「VIVIO」CMソング 1995年起用
水の部屋 国内信販KCカード」CMソング
モナリザの背中よりも 国内信販「KCカード」CMソング
太陽と埃の中で 日清食品カップヌードル」CMソング
フジテレビ系『TIME3』エンディングテーマ
ヤマハ発動機オートバイ「TT250R」CMソング 1993年起用
1991年 SAY YES フジテレビ系ドラマ『101回目のプロポーズ』主題歌
三菱自動車グランディス」CMソング 2004年起用
僕はこの瞳で嘘をつく PanasonicHALFコンポ」CMソング
誰かさん 〜CLOSE YOUR EYES〜 国内信販「KCカード」CMソング
BIG TREE Panasonic CMソング
1992年 if Panasonic「RQ-S40V(シェルロック)」CMソング
no no darlin' SUBARU キャンペーンソング
今日は…こんなに元気です 国内信販「KCカード」CMソング
JAL CMソング
GUYS Panasonic「RESTY」・「RQ-S85(deruカセ)」CMソング
野いちごがゆれるように JAL CMソング 1993年起用
WHY SUBARU「VIVIO」CMソング
世界にMerry X'mas SUBARU「VIVIO」CMソング
1993年 YAH YAH YAH フジテレビ系ドラマ『振り返れば奴がいる』主題歌
キリン淡麗W」CMソング 2009年起用
夢の番人 LIVE UFO '93 テーマソング
君はなにも知らないまま フジテレビ系ドラマ『振り返れば奴がいる』挿入歌
Sons and Daughters 〜それより僕が伝えたいのは SUBARU イメージソング
ファミリーマートCMソング
なぜに君は帰らない SUBARU「Impreza」CMソング
フジテレビ系ドラマスペシャル『振り返れば奴がいる』エンディングテーマ
今夜ちょっとさ 味の素クノール北海道ポタージュ」CMソング
THE TIME フジテレビ系『タイムアングル』エンディングテーマ
You are free アサヒ飲料 缶コーヒー「J.O.」CMソング
RED HILL JAL CMソング
Knock JAL CMソング 1994年起用
1994年 HEART 東宝系『ヒーローインタビュー』主題歌
NATURAL 東宝系『ヒーローインタビュー』オープニングテーマ
On Your Mark アメリカンフェスティバル'94 テーマソング
めぐり逢い フジテレビ系ドラマ『妹よ』主題歌
1995年 Something There ハリウッド映画『ストリートファイター』エンディングテーマ  1994年12月23日公開。
 1995年5月6日公開。
JAL CMソング
1996年 river TBS系ドラマ『リスキーゲーム』主題歌
もうすぐだ JAL CMソング 1997年起用
One Day TBS系『COUNT DOWN TV』1996年5月度オープニングテーマ
好きになる NHKドラマ『妻の恋』主題歌 1995年放送
1999年 この愛のために NEC 企業CMソング
VISION NHK BS放送10周年イメージソング
no doubt NEC 企業CMソング
the corner ディレクTV 冬のキャンペーンCMソング
僕がここに来る前に テレビ朝日系ドラマ『輝ける瞬間』主題歌
もうすぐ僕らはふたつの時代を超える恋になる JAL SEASONS CMソング
2001年 ロケットの樹の下で 三井住友海上火災保険「MOST」CMソング
パラシュートの部屋で 三井住友海上火災保険「MOST」CMソング
フジテレビ系『金曜エンタテイメント』オープニングテーマ
C-46 日本テレビ系『スーパーテレビ情報最前線』エンディングテーマ
夢の飛礫 テレビ東京新世紀ワイド時代劇壬生義士伝〜新撰組でいちばん強かった男〜』主題歌 2002年放送
not at all TBS系『エクスプレス』テーマソング
鏡が映したふたりでも NEC 企業CMソング 2000年起用
2003年 デェラ・シエラ・ム フジテレビケータイサイトCMソング
2007年 Man and Woman TBS系『2時っチャオ!』エンディングテーマ
エムティーアイmusic.jp」CMソング
Here & There フジテレビ系『ウチくる!?』エンディングテーマ
日清製粉グループ 企業CMソング ※アコースティック・バージョン使用(着うたのみ)
ボクラのカケラ 日本テレビ系『打鐘!北京五輪への道 走り出したHEROたち』エンディングテーマ 2006年放送

出演編集

ラジオ編集

CM編集

これまでに放送された単独スペシャル番組編集

※下記スペシャル番組以外にも、1980年代からコンサート音源をラジオでオンエアしたり、コンサートの模様をテレビ放送することを行ってきた。

  • CHAGE&ASKA IN LONDON(1990年9月17日、NHK総合
アルバム『SEE YA』完成後にロンドンの教会で行ったライブと舞台裏の模様を収録した番組。
  • CHAGE&ASKA HISTORY '79 - '90(1991年12月27日、NHK BS2
1979年のデビュー時から1990年に2人がソロ活動するまでの期間を、秘蔵映像やリリースした映像作品の中からまとめた内容であった。
  • CHAGE&ASKA HISTORY DOCUMENT '91(1991年12月28日、NHK BS2)
1990年のソロ活動から1991年のコンサートツアー『SAY YES』のリハーサルまでの活動をまとめた内容。
アルバム『GUYS』のロンドンレコーディング風景や、PV撮影の様子などが放送され、この番組のために収録した歌も披露された。
  • CHAGE&ASKAスペシャル -Mr.ASIA- THE WORLD MUSIC AWARDS CHAGE&ASKA in MONACO(1993年10月25日、NHK BS2)
  • CHAGE&ASKAスペシャル -Mr.ASIA- '92 - '93 CHAGE&ASKAの軌跡(1993年10月26日、NHK BS2)
1992年から1993年のコンサートツアー『史上最大の作戦 THE LONGEST TOUR 1993-1994』初日の開演直前までをまとめた番組。日本ゴールドディスク大賞受賞時の模様や、初のアジア・プロモーション、ツアーリハーサルを追った内容であった。
  • CHAGE&ASKA 史上最大のメリークリスマス(1993年12月23日、日本テレビ系)
ゴールデンタイムに2時間の生放送であった。出演はCHAGE&ASKAの他に2人にゆかりのあるゲストを招いてのトークや歌の披露、CHAGE&ASKAの楽曲を使用したショートドラマの放送や、よみうりランドEASTで電球にメッセージを書き込んだ巨大クリスマスツリーの点灯、その後にCHAGE&ASKAが生登場し歌を披露するなど、盛り沢山の内容であった[注 11]
  • CHAGE&ASKAスペシャル 54分の衝撃(1993年12月25日、NHK総合)
  • CHAGE&ASKA SPECIAL Mr.ASIA 世界音楽祭3年連続受賞!! 1994 The World Music Awards(1994年7月24日、テレビ朝日系)
  • 15th Anniversary Special -起-(1994年8月23日、WOWOW
  • 15th Anniversary Special -承-(1994年8月24日、WOWOW)
  • 15th Anniversary Special -転-(1994年8月25日、WOWOW)
  • ミュージックステーション『CHAGE&ASKA 15周年記念スペシャル』(1994年9月2日、テレビ朝日系)
デビュー15周年を記念してゲストがCHAGE&ASKAのみという内容で放送された[110][注 12]。2013年現在、同番組でゲストが1組のみのスペシャル番組が放送されたのは、他にDREAMS COME TRUE(1994年8月12日放送)とサザンオールスターズ(2008年8月8日放送)がある。
  • 史上最大の作戦 IN ASIA CHAGE&ASKA その瞳で見てくれ(1996年6月16日、フジテレビ系)
  • CHAGE&ASKA スーパーライブ 〜270日間の軌跡〜(1997年1月3日、NHK BS2)
1995年から1996年にかけての彼らの活動をまとめた番組。ライブ・ビデオ『ASIAN TOUR IN TAIPEI』からのライブ映像や、ツアーの裏側にも迫った内容であった。
3年ぶりのCHAGE&ASKA再始動、そしてデビュー20周年を迎えるにあたり、9回に渡ってCHAGE&ASKAの歴史を紐解いていく番組であった。最終回にはCHAGE&ASKAも出演し、インタビューが放送された。
  • CHAGE&ASKA 再始動 〜IS BACK〜(1999年4月3日、WOWOW)
2人の個別インタビューに加え、シングル「この愛のために/VISION」のレコーディング風景、PV撮影の様子やお互いのソロ活動のダイジェスト映像も放送された。
デビュー20周年を記念してディレクTV内に1ヶ月限定で開局されたチャンネル。無料放送であった。放送最終日の12月31日は、カウントダウン・ライブ『千年夜一夜ライブ 〜福岡ドーム 僕らがホーム〜』が生放送された。
  • BSスペシャル スーパーライブ CHAGE & ASKA 1999-2000 〜もうすぐ僕らはふたつの時代を超える恋になる〜(2000年4月7日、NHK BS2)
  • BSスペシャル スーパーライブ CHAGE & ASKA 〜KEEP ON RUNNING〜(2001年10月25日、NHK BS2)
  • CHAGE and ASKA 25th Anniversary CHANNEL(2004年8月、Sky PerfecTV パーフェクトチョイスプレミアム ch179)
デビュー25周年を記念し、PPV方式(課金)で1ヶ月限定開局したチャンネル。内容は、過去にリリースされた映像作品をまるごとオンエアするといったもので、無料放送時間帯には「36度線 -1995夏-」のPVも放送された。

その他編集

  • フジテレビ系ドラマ『振り返れば奴がいる』(1993年1月13日 - 3月24日)※オープニング映像に出演
  • フジテレビ系ドラマスペシャル『振り返れば奴がいる』(1993年12月29日)※オープニング映像に出演

関連項目編集

ヤマハ音楽振興会が主催していた音楽コンテスト。チャゲ&飛鳥は、第16回大会・第17回大会の福岡大会からエントリーしてつま恋本選会まで進出し、ともに入賞する[18][19]
ヤマハ音楽振興会が制作協力していたラジオ・テレビ番組でヤマハポピュラーソングコンテストと連動して番組が制作されていた。パーソナリティを務めていた大石吾朗が、当時 "チャゲと飛鳥" としていて7人編成のバンドであったグループ名を、間違えて「チャゲ&飛鳥」とラジオ番組でアナウンスしたことがきっかけで "チャゲ&飛鳥" となる[注 13]。その後デュオ(2人組)としてデビューするが、グループ名はそのまま使用された。
毎日放送で1983年4月 - 1984年9月まで彼らがラジオパーソナリティを務めた番組。2010年に行われた初代番組プロデューサー渡辺一雄の追悼会では、無期限活動休止中であったが2人揃って公の場に姿を現した[111]
1983年9月30日にチャゲ&飛鳥がコンサート会場として初めて使用した会場。当初は、前年日本武道館でのコンサート開催を計画していたが、事務所関係者の間で賛否が分かれて断念した。その代わり、「まだ誰もやったことのない場所でやろう」となって選ばれたのが国立代々木第一体育館であった[112][注 14]。2007年には無期限活動休止前最後となるコンサートを開催。また、2013年に活動再開後初となるライブ開催を予定していた場所であった[113]
日本レコード協会主催の音楽賞である。CHAGE&ASKAは、第6回(1992年)[28]・第7回(1993年)[29]と2年連続で大賞を受賞した[注 15]
IFPIが主催する国際音楽賞。CHAGE&ASKAは1992年から3年連続で受賞した。1992年の授賞式に日本代表として招待されていたが、スケジュールの都合で出演できず、1993年に改めて日本代表として初出演しパフォーマンスした[注 16]。1994年はアジア代表として出演し、アメリカのコーラスグループである14カラット・ソウルと共演した[注 17]。2010年には安室奈美恵が現地でパフォーマンスした。
MTVが放送するアコースティックを基調とするライブ番組。CHAGE&ASKAは、アジア圏のアーティストとして初めて出演を果たす[注 18]。収録は1996年6月19日にロンドンのファウンテン・スタジオで行われた。
1999年12月31日に初のドーム公演と初のカウントダウン・ライブを開催した会場。それまで、コンサートとして最大でも1万人から1万5千人規模の会場になるべく拘って活動してきたが(過去に3万人規模の横浜スタジアムでコンサートを開催するなどの例外はあった)、"特別なお祭り的イベント" ということで2人の故郷でもある福岡で開催した。内容はCHAGEソロ(途中でMULTI MAX登場)、ASKAソロ、CHAGE & ASKAの3部構成であった。なお、韓国の関係者がこのライブを視察に来ていたことで、翌年にソウルでの親善コンサート開催アーティストをCHAGE&ASKAに決めるきっかけとなった[114]
CHAGE and ASKA公認の物真似コントとして、「CHAKE&YASKA(チャケアンドヤスカ) 栄光の軌跡」があった。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 当時の呼称は「代々木オリンピックプール」
  2. ^ なお、バラードのチャゲアスを払拭されるためにASKAは「YAH YAH YAH」「晴天を誉めるなら夕暮れを待て」(ASKAソロ楽曲)など、CHAGEは「濡れた夢」などのそれぞれが作詞作曲した作品も発売している。
  3. ^ 南原清隆がChageのモノマネで“チャケ”、内村光良がASKA(飛鳥涼)のモノマネで“ヤスカ涼”である。
  4. ^ おニャン子クラブ高井麻巳子に次いで2組目、男性アーティストとしては初の快挙となった。その後、2020年6月29日付でKinKi Kids堂本剛が同じ記録を達成した。
  5. ^ 男性アーティスト別で集計すると歴代9位となる[98]
  6. ^ サザンオールスターズDREAMS COME TRUE安室奈美恵宇多田ヒカルなどが同じく歴代5位となる。
  7. ^ 歴代1位はAKB48(10年)、2位はB'z(7年)であり、Mr.ChildrenGLAY浜崎あゆみらと同記録になる。
  8. ^ Mr.Children(「Tomorrow never knows」「名もなき詩」)と並ぶ。
  9. ^ グループとしては、サザンオールスターズ(1980〜2000年代)に次いで2組目の快挙となった。
  10. ^ カセットテープでのみ発売。公式サイトには記載されていない。
  11. ^ キャッチコピーは「もうやれません、こんなこと。CHAGEもASKAも日テレも」
  12. ^ CHAGE&ASKAに加え、宇佐元恭一MULTI MAXも歌を披露した。
  13. ^ 日本テレビ系特番『CHAGE&ASKA 史上最大のメリークリスマス』 1993年12月23日放送の中でASKAが話しているが、話の途中で大石吾朗がゲストで出演する。
  14. ^ なお、念願の日本武道館公演は翌1984年8月8日・9日に開催している。
  15. ^ 当時、大賞を2年連続で受賞した邦楽アーティストはCHAGE&ASKAが初であった。
  16. ^ no no darlin'」を披露する
  17. ^ Sons and Daughters 〜それより僕が伝えたいのは」を披露する
  18. ^ CHAGE&ASKAは、レギュラー放送の『MTV Unplugged』出演した唯一の日本人アーティストである。

出典編集

  1. ^ ミュージックステーション 出演者ラインアップ 1988年3月18日放送 テレビ朝日 2020年7月5日閲覧
  2. ^ a b Eremenko, Alexey. Chage & Aska|Biography & History - オールミュージック. 2020年5月15日閲覧。
  3. ^ “アジアを代表するデュオ、CHAGE and ASKAが彼らの時代を創造した『TREE』”. OKMusic (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2019年9月18日). https://okmusic.jp/news/354630 2020年4月24日閲覧。 
  4. ^ CHAGE and ASKA(チャゲ・アンド・アスカ)の情報まとめ”. OKMusic. ジャパンミュージックネットワーク株式会社. 2020年4月24日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an 別冊カドカワ 完全保存版430ページ CHAGE&ASKA『大事なものは変わっていく』(2000年) 角川書店 p1-430
  6. ^ Songs Of CHAGE And ASKA - 벅스(朝鮮語)
  7. ^ 恰克与飞鸟 - 百度百科(簡体字中国語)
  8. ^ 恰克與飛鳥的專輯、歌曲與介紹 - LINE MUSIC(繁体字中国語)
  9. ^ a b c CHAGE and ASKAのプロフィール | ORICON NEWS オリコン 2021年11月10日閲覧。
  10. ^ FAN CLUB【CHAGE and ASKA Official Web Site】(日本語)
  11. ^ a b チャゲアス解散 ASKA「脱退」表明 デビュー40周年の日に衝撃 スポニチアネックス 2019年8月26日配信, 2019年8月27日閲覧
  12. ^ a b LOVE LOVEあいしてる CHAGE&ASKA トーク集 フジテレビ 2018年5月19日閲覧。
  13. ^ CHAGE and ASKA『WALK』 レコチョク 2020年6月4日閲覧
  14. ^ a b c ALL|DISCOGRAPHY CHAGE and ASKA Official Web Site 2021年10月26日閲覧。
  15. ^ a b ALL|DISCOGRAPHY CHAGE and ASKA Official Web Site 2021年10月26日閲覧。
  16. ^ a b c CHAGE and ASKAの40年を振り返る――出会いからASKA脱退まで 日刊SPA! 2019年9月1日配信, 2021年10月14日閲覧。
  17. ^ “日本のリバプール”博多スーパースター列伝<第6回>チャゲ&飛鳥(1) - アサ芸プラス、2014年2月12日
  18. ^ a b 第16回ポピュラーソングコンテスト ヤマハ音楽振興会
  19. ^ a b 第17回ポピュラーソングコンテスト ヤマハ音楽振興会
  20. ^ ひとりではないChage、デビュー曲「ひとり咲き」が結んだ縁”. 読売新聞オンライン (2021年1月26日). 2021年10月5日閲覧。
  21. ^ CHAGE and ASKAが無期限活動休止 オリコン 2015年4月12日閲覧
  22. ^ a b 再結成ユニコーン、14年10ヶ月ぶりの首位獲得 オリコン 2009年2月24日配信, 2021年9月6日閲覧。
  23. ^ 『J-POP名曲事典300曲 「シャドー・シティ」から「Hello, Again 〜昔からある場所〜」まで誕生秘話』140頁。
  24. ^ “西寺郷太のPOP FOCUS 第5回 CHAGE and ASKA「恋人はワイン色」”. 音楽ナタリー. (2020年5月12日). https://natalie.mu/music/column/378101 2020年5月12日閲覧。 
  25. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p CHAGE&ASKA、解散報道を事務所が否定 オリコン 2009年1月9日配信, 2021年10月18日閲覧。
  26. ^ The Record vol.443 p4 日本レコード協会 2020年8月19日閲覧
  27. ^ 「邦楽ヒットアルバム 200万枚時代が来た?」『日本経済新聞』1991年11月25日付夕刊、14頁。
  28. ^ a b 第6回日本ゴールドディスク大賞
  29. ^ a b 第7回日本ゴールドディスク大賞
  30. ^ The Record vol.442 p4 日本レコード協会 2020年10月13日閲覧
  31. ^ ASKA薬物事件が影響…「セーブ・ザ・チルドレン」活動終了― スポニチアネックス 2014年7月7日配信, 2022年5月1日閲覧。
  32. ^ ASKA チャリティーコンサートで歌唱間違えるハプニング「怒ってる?」 東スポ 2022年4月21日配信, 2022年5月1日閲覧。
  33. ^ 第8回日本ゴールドディスク大賞
  34. ^ Billboard” (英語). Google Book (1996年6月22日). 2013年12月30日閲覧。
  35. ^ a b リリース情報「CHAGE and ASKA LIVE DVD BOX 4」及び「CHAGE & ASKA LIVE IN KOREA 韓日親善コンサート Aug.2000」をリリースいたします。 CHAGE and ASKA Official Web Site 2019年8月9日配信, 2019年8月9日閲覧
  36. ^ a b c d e f g 2000〜2009年|HISTORY CHAGE and ASKA Official Web Site 2021年10月14日閲覧。
  37. ^ 速水健朗 『バンド臨終図巻 ビートルズからSMAPまで』文春文庫、2016年12月10日、193頁。ISBN 978-4167907594 
  38. ^ CHAGE and ASKA公式サイトで解散報道を否定 音楽ナタリー 2009年1月9日配信, 2021年10月26日閲覧。
  39. ^ CHAGE and ASKA、無期限活動休止を発表 音楽ナタリー 2009年1月30日配信, 2021年10月26日閲覧。
  40. ^ チャゲアスのデビュー30周年を記念したベストアルバム 音楽ナタリー 2009年1月8日配信, 2021年10月26日閲覧。
  41. ^ チャゲアス、4年ぶり活動再開 今夏6年ぶりライブで「二人の声が重なる」 オリコン 2013年1月25日配信, 2021年10月26日閲覧。
  42. ^ チャゲアス、8月の代々木3daysで再始動「代々木で止めて、始まる」 オリコン 2013年3月28日配信, 2021年10月26日閲覧。
  43. ^ チャゲアス・ASKA、一過性脳虚血症の疑いで休養 ライブも延期 オリコン 2013年6月11日配信, 2021年10月26日閲覧。
  44. ^ ASKA所属事務所が“騒動”謝罪 一連の報道は否定「事実に反する」 オリコン 2013年8月1日配信, 2021年10月26日閲覧。
  45. ^ 週刊文春、ASKA事務所の主張に反論 事前の取材依頼と本人の承諾あった オリコン 2013年10月11日配信, 2021年10月26日閲覧。
  46. ^ チャゲアス・ASKAが活動自粛 所属事務所が発表 オリコン 2013年10月10日配信, 2021年10月26日閲覧。
  47. ^ ASKA容疑者、覚せい剤所持容疑で逮捕 スポーツニッポン 2014年5月17日
  48. ^ ASKAの逮捕に伴う当社の対応について”. ユニバーサル ミュージック合同会社 (2014年5月19日). 2014年5月19日閲覧。
  49. ^ “ASKA関連商品に関する当社の対応につきまして”. ヤマハミュージックコミュニケーションズ. (2014年5月19日). https://www.yamahamusic.co.jp/s/ymc/news/detail/464 2014年5月19日閲覧。 
  50. ^ “ASKA逮捕でCD出荷停止&回収決定 レーベル「厳正な措置」”. ORICON STYLE(オリコン). (2014年5月19日). https://www.oricon.co.jp/news/2037590/full// 2014年5月19日閲覧。 
  51. ^ ASKA、事務所から契約解除 FCも8月で運営休止 オリコン 2014年6月27日配信, 2021年10月26日閲覧。
  52. ^ チャゲアス 子ども支援活動終了へ…SCJから申し入れ スポニチアネックス 2014年7月6日配信、2019年1月11日閲覧。
  53. ^ CHAGE and ASKA「CHAGE&ASKA VERY BEST ROLL OVER 20TH」 会場販売のお知らせ Chage official website 2017年5月15日閲覧
  54. ^ 「CHAGE&ASKA VERY BEST ROLL OVER 20TH」CD販売、音楽配信再開のお知らせ CHAGE and ASKA official Web Site 2017年6月30日閲覧
  55. ^ CHAGE and ASKA 音楽配信楽曲追加のお知らせ CHAGE and ASKA official Web Site 2017年11月12日閲覧
  56. ^ チャゲアスのCD、一部出荷再開 逮捕以来3年ぶり 2018年1月12日閲覧
  57. ^ CHAGE and ASKA DVD 一部作品 販売再開のお知らせ”. CHAGE and ASKA Official Web Site. ロックダムアーティスツ (2018年1月29日). 2018年1月29日閲覧。
  58. ^ CHAGE and ASKA 旧譜CD作品 販売再開のお知らせ”. CHAGE and ASKA Official Web Site. ロックダムアーティスツ (2018年4月17日). 2018年4月18日閲覧。
  59. ^ CHAGE and ASKA及びASKA名義のCD/DVD作品出荷再開のお知らせ ユニバーサルミュージック 2018年10月7日閲覧
  60. ^ 関係者各位|BLOG|ASKA Official Web Site 「Fellows」” (日本語). ASKA Official Web Site 「Fellows」. 2019年8月25日閲覧。
  61. ^ ASKAがCHAGE and ASKA脱退を表明” (日本語). Natalie.mu. 2019年8月25日閲覧。
  62. ^ チャゲアス廃盤映像作DVD化決定、追加リリースも 日刊スポーツ 2020年5月13日配信, 2020年5月13日閲覧
  63. ^ 『日経エンタテインメント』 1999年10月号(インターネット・アーカイブのキャッシュ)より
  64. ^ 【1991年8月】SAY YES “月9”のメガヒット チャゲアス初のミリオンセラー スポニチアネックス 2011年8月5日配信,2019年3月7日閲覧
  65. ^ Something There CHAGE and ASKA Official Web Site 2019年3月7日閲覧
  66. ^ フジテレビ系『トリビアの泉』2006年5月31日放送
  67. ^ [1]
  68. ^ CHAGE and ASKAの歴史を振り返る! CHAGE「ASKAの復活を待っていたのに残念」CDや映像作品、配信まで出荷停止。しかし、復活をみんなが待っている! 2016年12月5日閲覧
  69. ^ 【特集】『CHAGE&ASKA VERY BEST ROLL OVER 20TH』時代とともに進化し続けたCHAGE and ASKAの音楽 mysound 2017年8月7日閲覧
  70. ^ チャゲアス世界配信 全33アルバムをiTunes Storeで IT media NEWS 2006年9月21日配信, 2020年6月9日閲覧
  71. ^ ASKAが稲垣、草なぎ、香取のネット生出演に持論 日刊スポーツ 2018年1月31日閲覧
  72. ^ ぴあ ファンが選ぶASKAのソロ曲BEST20+100Q ダイジェスト WEB版”. ぴあ. 2014年4月3日閲覧。
  73. ^ ASKA容疑者、CHAGEを「金目当て」復活を遠ざけた猜疑心 2016年12月3日閲覧
  74. ^ HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP」1996年11月25日放送 Chageの発言より。
  75. ^ CHAGE and ASKA公式サイトで解散報道を否定 音楽ナタリー 2016年12月3日閲覧
  76. ^ ASKA、ラジオで“解散”報道を語る&無料ライブ開催 音楽ナタリー 2016年12月3日閲覧
  77. ^ チャゲアス復活否定で強がるASKA「連絡はあまりしなくていい」 ZAKZAK 2017年8月21日閲覧
  78. ^ 関係者各位|BLOG|ASKA Official Web Site 「Fellows」” (日本語). ASKA Official Web Site 「Fellows」. 2019年8月25日閲覧。
  79. ^ ASKAがCHAGE and ASKA脱退を表明” (日本語). Natalie.mu. 2019年8月25日閲覧。
  80. ^ ASKA、チャゲアス復活の可能性について言及“あいつとは二度と無い”と思った過去も - スポニチ Sponichi Annex 芸能”. スポニチ Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社 (2022年6月13日). 2022年8月12日閲覧。
  81. ^ a b 『ぴあ&ASKA』ぴあ、2012年10月16日。ISBN 978-4-8356-2152-4 
  82. ^ 綾小路翔と鬼龍院翔が白熱!チャゲアス「SAY YES」の魅力 2017年11月12日閲覧
  83. ^ 星野源36歳「今とにかく寂しい。お互いが自然に思って結婚、それが僕の理想」と自身の結婚観を語る ニュースウォーカー 2018年2月11日閲覧
  84. ^ 澤野弘之が初めて行ったライブは、初めて追いかけたアーティスト、CHAGE&ASKA - DI:GA ONLINE
  85. ^ THE NOVEMBERS、激変する世界の様相を捉えた“新しい物語” 『At The Beginning』に描かれた未来への眼差し real sound 2020年5月27日配信, 2020年6月8日閲覧
  86. ^ ナイスポ 2006年4月6日付紙面より
  87. ^ 【インタビュー】ぺこぱ・松陰寺太勇、強烈ビジュアルで「キムタクに二度見された」” (日本語). トレンドニュース(GYAO!). 2020年1月18日閲覧。
  88. ^ フジモン&ケンコバ、ASKAに熱烈オファー ギャラはたむけんのビットコインで支払い アメバタイムズ 2018年2月17日閲覧
  89. ^ シンガーソングライターの原点、藤田麻衣子 90年代J-POPの魅力 ミュージックヴォイス 2018年10月9日閲覧
  90. ^ 邦楽アーティストの重要な100人 (Top 100 Japanese pops Artists - No.1) HMV 2003年11月30日配信, 2020年7月15日閲覧
  91. ^ ポケットビスケッツに続け!復活してほしいユニット ランキング 女性SPA! 2018年9月2日閲覧
  92. ^ 第2回日本ゴールドディスク大賞 2020年06月07日閲覧
  93. ^ 第6回日本ゴールドディスク大賞 2020年06月07日閲覧
  94. ^ 第7回日本ゴールドディスク大賞 2020年06月07日閲覧
  95. ^ 第8回日本ゴールドディスク大賞 2020年06月07日閲覧
  96. ^ a b c 歴代1位の記録も! CHAGE and ASKAの凄さを改めて振り返る! exciteニュース 2016年12月3日閲覧
  97. ^ 堂本剛のプロジェクト・ENDRECHERI、「アルバム1位通算獲得作品数」記録が男性ソロ歴代3位タイに【オリコンランキング】 オリコン 2020年6月23日配信, 2020年6月23日閲覧
  98. ^ 歌のゴールデンヒット 2019年10月7日放送回 TBS 2019年10月8日閲覧
  99. ^ AKB48、初週売上138万枚で43作連続1位 今年度最高シングル売上を記録【オリコンランキング】 オリコン 2019年9月24日配信, 2020年1月26日閲覧
  100. ^ B'z、シングル10冠の偉業達成! オリコン 2007年10月9日配信, 2020年1月26日閲覧
  101. ^ 【オリコン】SMAP、25年越し「SAY YES」超え 「世界に一つ~」が歴代6位に オリコン 2016年9月13日閲覧
  102. ^ アスカ残し、チャゲ逝く 「なんかショック…」ちょっとした騒動に with news 2016年2月15日閲覧
  103. ^ 1991年ヒストリー CHAGE and ASKA official web site 2016年6月25日閲覧。
  104. ^ SMAPがアルバム総売上1000万枚を突破!チャゲアス以来、史上2組目の快挙 オリコン 2008年9月30日配信,2019年7月2日閲覧
  105. ^ SMAP、グループ3組目の3年代連続アルバム首位 オリコン 2010年7月27日配信, 2020年6月4日閲覧
  106. ^ a b コブクロが快挙! デュオ史上3組目のアルバム200万枚突破!! オリコン 2007年3月12日配信, 2020年6月4日閲覧
  107. ^ CHAGE&ASKA、解散報道を事務所が否定 オリコン 2009年1月9日配信, 2020年7月5日閲覧
  108. ^ 公式サイトの各作品ページにて閲覧可能
  109. ^ CHAGE, ASKA, CHAGE and ASKA 2012 on Blu-ray 特設サイト
  110. ^ 出演者ラインアップ BACK NUMBER”. テレビ朝日. 2013年11月30日閲覧。
  111. ^ 活動休止中のチャゲアスが久々2ショット~MBS『ヤングタウン』名物プロデューサーを偲ぶ会”. ORICON STYLE (2010年12月7日). 2014年4月1日閲覧。
  112. ^ NHK BS2『CHAGE&ASKA HISTORY '79 - '90』内でのインタビューより
  113. ^ CHAGE and ASKA スペシャルライブ 2013 "On Your Mark" 特設サイト
  114. ^ 『ASKA CONCERT TOUR GOOD TIME』 パンフレット内のインタビューを参照

外部リンク編集

公式サイト
レコード会社によるサイト
YouTube・Facebook・Twitter