メインメニューを開く

ランソプラゾール

ランソプラゾール: lansoprazole)は、からの酸の産生を抑制するプロトンポンプ阻害薬の一つ。世界中の多くの企業で生産されており、種々の商品名がある(Prevacid、Helicid、Zoton、Inhibitol、など)。アメリカ食品医薬品局は、1995年にランソプラゾールを最初に認可した[1]

ランソプラゾール
Lansoprazole.svg
Lansoprazole 3D.png
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
ライセンス US FDA:リンク
胎児危険度分類
法的規制
  • (Prescription only)
投与方法 Oral, IV
薬物動態データ
生物学的利用能 80% or more
血漿タンパク結合 97%
代謝 Hepatic (CYP3A4- and CYP2C19-mediated)
半減期 1–1.5 hours
排泄 Renal and fecal
識別
CAS番号
103577-45-3
ATCコード A02BC03 (WHO)
PubChem CID: 3883
DrugBank APRD00077
ChemSpider 3746
KEGG D00355
化学的データ
化学式 C16H14F3N3O2S
分子量 369.363 g/mol
タケプロンOD 30mg

日本で初めて上市された商品名はタケプロン武田薬品工業)。後に後発品も多数販売されている。

ヘリコバクター・ピロリ除菌にも有用で、日本では一次除菌・二次除菌に認可されている。胃潰瘍十二指腸潰瘍のほか、逆流性食道炎にも日本では認可されている。上部消化管出血には注射剤も上市されている。

目次

効果・効能編集

1回10~30mgを1日1回投与する。期間は8週間までとする。
1回10~30mgを1日1回投与する。期間は6週間までとする。
1回15~30mgを1日1回、8週間投与する。再発・再燃を繰り返す逆流性食道炎の維持療法の場合、1日1回30mgまで投与が可能。
1回15mgを1日1回、期間は4週間までとする。
1日1回30mgをアモキシシリンクラリスロマイシンと同時に1日2回、7日間投与する。

慎重投与編集

  • 薬物過敏症の既往歴のある患者
  • 肝障害のある患者(代謝、排泄が遅延することがある)
  • 高齢者

副作用編集

主な副作用として、発疹、かゆみ、便秘下痢、口渇、腹部膨満感、頭痛、眠気、発熱、女性化乳房[2]、味覚異常などが報告されている。なお長期投与での安全性は確認されていない。その他の重篤な副作用として、アナフィラキシーショック、汎血球減少、無顆粒球症、顆粒球減少、貧血血小板減少、肝機能障害、中毒性表皮壊死症、皮膚粘膜眼症候群、間質性肺炎などがある。

出典編集

外部リンク編集