メインメニューを開く

ランデヴー・エンタテインメントRendezvous Entertainment)は2002年にサックス奏者のデイヴ・コーズフランク・コディハイマン・カッツによって創設された、アメリカロサンゼルスに本拠を置く、ジャズフュージョンコンテンポラリー・ジャズ)をメインにするレコード・レーベル

2006年の3月から4月にかけてデイヴ・コーズは、ランデヴー・オール・スターズを、サックス奏者のカーク・ウェイラムとキーボーディストのブライアン・シンプソンを引き連れ来日公演した。

2008年8月15日にSmooth Jazz Vibesによりランデヴーはマック・アヴェニュー・レコードに売却されたことが報じられる。ブランド名は残り、レーベルは継続されることとなる。[1]デイヴ自身は当時キャピトル・レコードとの契約により、結局この自主レーベルよりソロ作を出すことは出来ず、コンコード・レコードへ移っていってしまった。

日本盤はビデオアーツ・ミュージックが発売元となっている。

目次

沿革編集

主なアーティスト編集

リファランス編集

外部リンク編集