メインメニューを開く

ラヴレース』(Lovelace)は、2013年アメリカ合衆国で制作された伝記映画。伝説的なポルノ映画ディープ・スロート』の主演女優リンダ・ラヴレースを描いた作品。

ラヴレース
Lovelace
監督 ロブ・エプスタイン英語版
ジェフリー・フリードマン英語版
脚本 アンディ・ベリン
製作 ハイディ・ジョー・マーケル
ローラ・リスター
ジェイソン・ワインバーグ
ジム・ヤング
製作総指揮 アヴィ・ラーナー
ダニー・ディムボート
トレヴァー・ショート
ボアズ・デヴィッドソン
ジョン・トンプソン
マーク・ギル
メリット・ジョンソン
出演者 アマンダ・セイフライド
ピーター・サースガード
シャロン・ストーン
アダム・ブロディ
ジュノー・テンプル
音楽 スティーヴン・トラスク英語版
撮影 エリック・エドワーズ
編集 ロバート・ダルヴァ
マシュー・ランドン
配給 アメリカ合衆国の旗 ミレニアム・フィルムズRadius-TWC
日本の旗 日活
公開 アメリカ合衆国の旗 2013年1月22日
サンダンス映画祭
アメリカ合衆国の旗 2013年8月9日
日本の旗 2014年3月1日
上映時間 93分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $356,582[1]
テンプレートを表示

ストーリー編集

厳格なカトリック教徒の家庭で育ったリンダは、バーを経営するチャックと出会い恋に落ち、すぐに結婚するのだった。チャックから様々な性技を仕込まれていったリンダは、たちまち性への魅力に取りつかれていく。しかし、次第にチャックの身勝手で暴力的な本性が露わになっていき、金銭的に困窮した彼は妻であるリンダをポルノ映画に出演させる。チャックから教わった「秘技」により、出演したポルノ映画『ディープ・スロート』は空前の大ヒットを記録する。こうして全米で有名になったリンダだったが、次第に彼女はポルノ業界と夫であるチャックに対して不信感を募らせていく。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

参考文献編集

  1. ^ Lovelace” (英語). Box Office Mojo. 2014年7月8日閲覧。

外部リンク編集