メインメニューを開く

リアクションエンジンズ A2

リアクションエンジンズ A2は、イギリスリアクション・エンジンズ英語版 (REL) により設計された極超音速機である。

目次

概要編集

A2は、LAPCAT計画の一環として欧州宇宙機関によって委任され、英国のリアクション・エンジンズ英語版によって計画された極超音速旅客機の計画である。

概要編集

A2はブリュッセル空港から離陸し、4時間40分で北極上空を飛行した後、太平洋を縦断してオーストラリアに到着するように設計された。また、航空券の価格は通常のファーストクラスの航空券と同等程度になると推定される。唯一の欠点は、航空機が到達する速度によって引き起こされる外圧および高温の問題により窓がないことである。しかしながら、乗客に「閉じ込められている」という考えを与えないようにするために、設計者は窓を液晶ディスプレイで模擬的に再現することを決定した。

その巡航速度はコンコルドの速度の約2倍に相当するマッハ5(約4800 km/h)である。

諸元編集

出典: LAPCAT A2 Facts and Figures

諸元

性能

  • 最大速度: マッハ5


  使用されている単位の解説はウィキプロジェクト 航空/物理単位をご覧ください。

関連項目編集

参考文献編集

外部リンク編集