リェイダ博物館カタルーニャ語: Museu de Lleida, スペイン語: Museo de Lérida)は、スペインカタルーニャ州リェイダ県リェイダにある博物館美術歴史を専門としている。カタルーニャ州政府、リェイダ市議会、ローマ・カトリック教会リェイダ司教区英語版サグリアー郡英語版議会が運営している。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg リェイダ博物館

Museu de Lleda, obres.jpg

リェイダ博物館の位置(スペイン内)
リェイダ博物館
スペイン内の位置
リェイダ博物館の位置(リェイダ県内)
リェイダ博物館
リェイダ博物館 (リェイダ県)
施設情報
正式名称 リェイダ司教区・サグリアー郡博物館
専門分野 美術歴史
事業主体 カタルーニャ州政府、リェイダ市議会、ローマ・カトリック教会リェイダ司教区英語版サグリアー郡英語版議会
開館 1997年8月1日
所在地 スペインの旗 スペインカタルーニャ州リェイダ県リェイダ
位置 座標: 北緯41度36分50秒 東経0度37分17秒 / 北緯41.61389度 東経0.62139度 / 41.61389; 0.62139
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

歴史編集

 
博物館設立時の建物

1833年以降の第1次カルリスタ戦争で敗北したカタルーニャ地方からは多くの宗教美術品が失われたが、19世紀半ばにはカタルーニャ語とカタルーニャ文化の復興運動であるラナシェンサ(ルネサンス)運動が興った。

1891年にはラナシェンサ運動の一環として、ホセ・モルガデス英語版によってビック・エピスコパル博物館英語版が設立された。数年後にはホセ・メセゲール・イ・コスタ英語版司教によってリェイダ教区教会考古博物館が設立され、幅広いコレクションを収集した。また他方では、19世紀半ばに設立された古美術博物館にさかのぼる、リェイダ研究所の考古学コレクションもリェイダ博物館の基盤となっている[1]

これらの収集品を基にして、1997年8月1日にリェイダ博物館が設立された[2]。2003年7月には本館の建設が開始され、2007年11月30日にはリェイダ大学リェイダ公共図書館英語版などがあるアラゴー通り英語版(アラゴン通り)に本館が竣工した。

収蔵物編集

展示スペースは7,000平方メートル以上[1]古代ローマ時代、イスラーム時代、ロマネスク時代、ゴシック時代、ルネサンス時代、バロック時代など、様々な時代のコレクションを有し、以下のような時代区分がなされている。先史時代から20世紀までの、リェイダ司教区英語版の範囲を対象として[2]、現在のリェイダ県の範囲とはやや異なる。このため、アラゴン州にありカタルーニャ語が話されるラ・フランハ英語版からの出土物も所蔵しているなど、設立時からいくつかの議論がなされている。

脚注編集

  1. ^ a b LLEIDA MUSEUM Turisme de Lleida
  2. ^ a b El museu リェイダ美術館

外部リンク編集