リオ・ネグロ県(リオ・ネグロけん、西: Departamento de Río Negro)はウルグアイ西部に位置し、ウルグアイを構成する県の一つ。県都はフライ・ベントス

リオ・ネグロ県

Río Negro
リオ・ネグロ県の旗
リオ・ネグロ県の紋章
紋章
Location of リオ・ネグロ県
南緯33度07分29秒 西経58度18分01秒 / 南緯33.12472度 西経58.30028度 / -33.12472; -58.30028
ウルグアイの旗 ウルグアイ
創立 1868年
県都 フライ・ベントス
行政
 • 県知事 Omar Lafluf (PN)
面積
 • 合計 9,282km2
人口
(2004)
 • 合計 53,989人
族称 Rionegrense
住人の呼称 Rionegrense
ISO 3166-2 UY-RN
ウェブサイト http://www.rionegro.gub.uy/

西側にはウルグアイ川が流れておりアルゼンチンとの国境になっている。また、県名にもなっているネグロ川が県の南側に流れている。

経済編集

主な産業は酪農とワイン醸造である。県西部では農業が行われており、亜麻ヒマワリ小麦トウモロコシブドウ等を生産している。県東部では酪農用の牧草を生産している。

ラス・カニャス周辺には温泉が湧出しており観光資源となっている。

ボトニア社編集

フィンランドのボトニア社(Botnia)がフライ・ベントスのウルグアイ川沿岸にパルプ工場を建設する計画が発表され、その投資額は10億ドル、8,000人以上の雇用を生み出すという巨大プロジェクトであった。しかし、パルプを漂白する際に使用する漂白剤等の工業排水がウルグアイ川の水質汚染に繋がるとして、ウルグアイ川の対岸にあるアルゼンチンエントレ・リオス州の住民とウルグアイ、アルゼンチン両国の環境保護団体が、2005年4月30日にウルグアイ川に架かる橋を封鎖して抗議活動を行った。

2005年12月20日世界銀行が調査を行い「パルプ工場は両国の環境と観光に関して悪影響を及ぼさない」と結論付けたが、環境保護団体はその調査結果を受け入れず、再び橋を封鎖した。


人口集積地編集

人口データは2004年国勢調査による。*は1996年のデータ。

都市 人口
サン・ハビエル 1,358*
ヌエボ・ベルリン 2,240
フライ・ベントス 22,577
ヨウング 14,521

関連項目編集

外部リンク編集