リオール・シャンバダール

リオール・シャンバダールヘブライ語: ליאור שמבדל‎, ラテン文字転写例:Lior Shambadal, 1950年[1]5月14日[2] - )は、イスラエル指揮者[3]

テルアビブの生まれ。幼少時より、ヴィオラトロンボーン指揮法作曲を学ぶ。ザルツブルクモーツァルテウム音楽院カール・メレスに指揮法を師事した後、ウィーン国立音楽院ハンス・スワロフスキーの門下となる。さらにイタリアでもフランコ・フェラーラカルロ・マリア・ジュリーニらの下で研鑽を重ねる。一方で作曲はヴィトルト・ルトスワフスキに師事していた。1980年にイスラエルのハイファ交響楽団の首席指揮者に就任し、1986年にはテル・アヴィヴ室内管弦楽団の音楽監督に転任。1993年から2000年まで、ドイツのカイザースラウテルン歌劇場の音楽総監督となり、1997年から2019年までベルリン・シンフォニカー(ベルリン交響楽団)の首席指揮者となった。2000年から2003年までは、リュブリャナスロヴェニア放送交響楽団の首席指揮者も兼任した。

脚注編集

  1. ^ Rudolf Macudziński”. 2019年8月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月4日閲覧。
  2. ^ アーカイブ 2019年3月29日 - ウェイバックマシン
  3. ^ リオール・シャンバダール - Discogs