ザルツブルク・モーツァルテウム大学

ザルツブルク・モーツァルテウム大学(ドイツ語:Universität Mozarteum Salzburg)は、オーストリアのザルツブルクにある国立大学。1841年に創設された音楽と舞台芸術のための総合芸術大学である。世界的にも有名な音楽教育機関であり、多くの著名音楽家を輩出している。

ザルツブルク・モーツァルテウム大学
Mozarteum logo.jpg
略称、旧称 MOZ
モーツァルテウム
モーツァルテウム音楽大学
独称 Universität Mozarteum Salzburg
英称 Mozarteum University of Salzburg
創設 1841年4月22日
学校種別 国立
所在地 新キャンパス/Mirabellplatz 1, Salzburg 5020
旧キャンパス/Schwarzstrasse 26, Salzburg 5020
ウェブサイト ザルツブルク・モーツァルテウム大学公式ウェブサイト

1998年以前はホーホシューレ(Hochschule, 専門大学)と呼ばれていたが、オーストリアの教育改革の一環で名称がウニヴェルジテート(Universität, 総合大学)と変わった。しかし教育機関としての内容が劇的に変わったわけではなく、モーツァルテウムの規模と教育内容は、隣国ドイツでいうところのホーホシューレに相当する。

目次

設立の歴史編集

1816年、ザルツブルクはオーストリア帝国に併合された。時の皇帝フランツ1世はザルツブルク宮廷管弦楽団の再編を望んだが、経済的な問題から実現しなかった。その後もドームを中心とする宗教儀式にオーケストラはアマチュアとして演奏していたが、正式な音楽教育の機関がなかったため、楽器の修得は個人的な師弟関係に頼るほかはなく、後継者不足に悩んでいた。

このような状況の中、1841年ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの没後50年を記念して、大聖堂音楽協会とモーツァルテウム (Salzburger Dommusikvereines und Mozarteum) がザルツブルクに設立された。設立にはフリードリッヒ・フュルスト (Friedrich Fürst) 枢機卿の援助のもと、モーツァルトの未亡人であるコンスタンツェ・ニッセン(再婚後の姓)も加わった。コンスタンツェは息子のフランツ・クサーヴァーをモーツァルテウムの学長に推薦したものの、委員会はこれを拒否した。理由は息子が国際的な活躍をしていないこと、また健康上の問題もあった。なお、コンスタンツェは1842年3月6日、フランツ・クサーヴァーは1844年7月29日に死亡している。ちなみにモーツァルトのもう一人の遺児カール・トーマスは父モーツァルトの遺産の多くをモーツァルテウムに寄付するなど、モーツァルテウムの発展に貢献をしている。

1842年9月4日に開催されたモーツァルト音楽祭 (Mozart Fest) がモーツァルテウムの最初の事業である。レジデンツのカラビニエーリ・ホールで開かれたこのコンサートは、モーツァルトのレクイエムK.626, ミサ曲ハ短調K.417dが演奏されたほか、クサーヴァー・モーツァルトが父モーツァルトのピアノ協奏曲第20番ニ短調K.466の独奏を演奏している。

その後、モーツァルテウムは1914年に音楽院となり、現在の大学に至る専門教育機関として発展している。また1880年、ザルツブルク市民により国際モーツァルテウム財団が設立された。こちらはモーツァルトの国際的研究機関としての活動を続けている。モーツァルテウム管弦楽団1841年、前述の「大聖堂音楽協会とモーツァルテウム」として設立され、主にドームでの宗教儀式のために演奏していたが、1939年に大学に一旦吸収された。しかし1958年ザルツブルク州とザルツブルク市により再興され、プロオーケストラとして独立した活動をしている。

モーツァルテウムの名前の由来編集

モーツァルテウムの名前はもちろんのことヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトに因んでいる。芸術の神ミューズ (Muse) から、ラテン語風の語尾変化で、博物館・美術館という意味の言葉、英語のミュージアム (museum)、ドイツ語のムゼーウム (Museum) が生まれたように、モーツァルト (Mozart) からモーツァルテウム (Mozarteum) という言葉が作られた。およそ「モーツァルトを記念した建物」「モーツァルトの集う所」という意味である。

専門教育機関としての歴史編集

モーツァルテウムは、1914年に音楽院 (Konservatorium Mozarteum)、1931年に帝国音楽大学 (Reichshochschule Mozarteum)、1945年に音楽単科大学 (Musikhochschule Mozarteum)、1953年に音楽と舞台芸術のためのアカデミー (Akademie für Musik und darstellende Kunst "Mozarteum" in Salzburg)、1970年に音楽と舞台芸術のための単科大学 (Hochschule für Musik und darstellende Kunst "Mozarteum" in Salzburg) 、1998年にザルツブルク・モーツァルテウム大学と正式名称を変更している。

ベルンハルト・パウムガルトナー1917年から1938年、そして1945年から1959年までモーツァルテウムの学長をつとめた。日本で「楽壇の帝王」とも称される指揮者ヘルベルト・フォン・カラヤンもモーツァルテウムに11年間通った卒業生である。

歴代学長編集

モーツァルテウム大学名誉会員編集

主な出身者編集

これまでの主な教育者編集

関連項目編集

外部リンク編集