リコ・ベホーベン

リコ・ヴァーホーベン(Rico Verhoeven, 1989年4月10日 - )は、オランダ男性キックボクサー北ブラバント州出身。スーパープロジム/チーム・リコ所属。現GLORY世界ヘビー級王者。K-1時代はリコ・ヴァーホーベンと表記されていた。日本のメディアからはリコ・フェルホーフェンリコ・フェルフーフェンと表記されることもあり、オランダ語発音により忠実である。

リコ・ベホーベン
Rico-training.png
基本情報
本名 リカルド・フェルフーフェン
通称 Prince of Kickboxing
(キックボクシング界のプリンス)
King of Kicboxing
(キックボクシング界の王)
階級 スーパーヘビー級K-1
ヘビー級GLORY
身長 196cm
体重 118kg
国籍 オランダの旗 オランダ
誕生日 (1989-04-10) 1989年4月10日(33歳)
出身地 北ブラバント州
キックボクシング極真空手
テンプレートを表示

若くして恵まれたスーパーヘビー級の体格、卓越したテクニック、加えて端正な顔つきを持つことから「Prince of Kickboxing(キックボクシング界のプリンス)」の異名を持つ。

10代の頃からその才能を高く評価されており、アーネスト・ホーストから「まだ成功を収めていない若手の中で最も有望な才能と素晴らしいポテンシャルを持っているし、いずれビッグな選手になる」と評価され[1]ピーター・アーツに憧れていることもあって「アーツ2世」と呼ばれていた。24歳で世界最大のキックボクシング団体GLORYのヘビー級世界トーナメントで優勝を果たし、憧れのアーツの引退試合の相手も務めた。

練習仲間であるプロボクシング世界ヘビー級チャンピオンのタイソン・フューリーからは「リコとのスパーリングでテンプルにパンチをくらって2度もカットしてしまった」[2]「リコはキック界においてもトップファイターだが、プロボクシングに転向しても1~2年で簡単にトップになれる」[3]と絶賛されている。

また、総合格闘技への参戦も視野に入れて練習しており、グラップリングルールの小規模なトーナメントにも出場するなどしている。

子供の頃から日本のアニメドラゴンボール」が好きである[4]

非行に走った子供達をキックボクシングを通して更生させるプロジェクトに参加している。また、将来的には俳優になって人々を楽しませることを夢として挙げている[5]

来歴編集

5歳の時に極真空手を始める。父親が極真空手有段者であったため、父親に訓練されることもあった。その後キックボクシングに移行。[6]

2008年4月26日、K-1 WORLD GP 2008 IN AMSTERDAMのオープニングファイトでクリスチャーノ・デルガドと対戦し、1Rに左膝蹴りと右フックで2度のダウンを奪い判定勝ち。

2008年8月9日、K-1 WORLD GP 2008 IN HAWAIIのリザーブファイトでKOICHIと対戦し、判定勝ち。

2009年8月11日、K-1 WORLD GP 2009 IN TOKYOで行われたFINAL16 QUALIFYING GPに出場し、1回戦でブリース・ギドンに0-3の判定負け。

2010年5月29日、IT'S SHOWTIMEゼバット・ポーツラックと対戦し、判定勝ちを収めた[7]

2010年12月18日、IT'S SHOWTIMEでクリス・ノールズと対戦予定だったが、大雪のためイギリスの空港が前面閉鎖されてノールズがオランダに来ることができず、試合前日にフランシスコ・ムニョスとの対戦が決定し、判定勝ちを収めた[8]

2011年3月6日、IT'S SHOWTIMEでジャマール・ベン・サディックにダウンを奪われ、2Rにタオル投入TKO負け。

2011年11月17日、SuperKombat: Fight Clubにて、IT'S SHOWTIME世界ヘビー級王者ヘスディ・ゲルゲスと対戦し、きわどいながらも番狂わせの2-1の判定勝ち。

2012年1月28日、IT'S SHOWTIME 54 & 55にて、エロール・ジマーマンに1RKO負け[9]

2012年3月17日、敵地オーストラリアベン・エドワーズと対戦し、3-0の判定勝ち。

2012年5月27日、K-1 Rising 2012 ~ K-1 WORLD MAX Final 16 ~ in Madridにてセルゲイ・ラシェンコに延長戦の末に1-2の判定負け[10]

2012年6月30日、IT'S SHOWTIME 57 & 58にてヘスディ・ゲルゲスと再戦し、ダウンを奪って3-0の判定勝ち[11]

2012年12月31日、DREAM.18 & GLORY 4でのGLORY GRAND SLAMヘビー級トーナメント1回戦でセルゲイ・ハリトーノフに2R終了判定勝ち。続く準々決勝でセミー・シュルトに判定負け。シュルトはその後も勝って優勝したが、翌日のインタビューでシュルトから「今回のトーナメント4試合の中でリコとの試合が一番難しかった」と評された[12]

2013年4月20日、GLORY 7 Milanにてジョナタ・ディニスと対戦し、ダウンを奪って判定勝ち[13]

2013年6月22日、GLORY 9 New Yorkにてエロール・ジマーマンと再戦し、3-0の判定勝ちでリベンジ成功[14]

2013年10月12日、GLORY 11 Chicagoのヘビー級世界トーナメント1回戦にて、優勝候補本命のグーカン・サキと対戦し、開始早々のサキのスリップをレフェリーがダウンと誤審し、その後は互角の戦いを繰り広げ、大番狂わせの2-0の判定勝ち。試合直後のリング上のインタビューでは「あのダウンには驚いた。でもリングではレフェリーがボスだから」とコメントした[15]。続く決勝では1回戦を1RKOで勝ち上がってきた親友ダニエル・ギタと対戦し、3-0の判定勝ちで優勝。優勝候補の二人を破っての優勝で脚光を浴びた。優勝後のリング上でのインタビューでは「(僅差の戦いだっただけに延長戦になることも考えたか?と聞かれて)大丈夫。4ラウンドでも5ラウンドでもやれるよ。そのために必死で練習してきた。『最後まで動いて攻め続けろ』って言われてきた。僕はその通りやった。そして栄冠を手にしたんだ。僕は次世代のピーター・アーツと呼ばれてきた。だから今日は何としてもこのベルトが欲しかった」と語った[16]

2013年12月21日、GLORY 13 TOKYOにてリコにとって子供の頃からの憧れであるピーター・アーツの引退試合の相手を務め、ローキックを効かせて判定勝ち[17]

戦績編集

総合格闘技編集

総合格闘技 戦績
1 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
1 1 0 0 0 0 0
0 0 0 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
Viktor Bogutzki 1R 2:11 TKO(パンチ連打) RXF 20 2015年10月19日

キックボクシング編集

キックボクシング 戦績
70 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
60 19 1 1
7

〇ジャマル・ベン・サディック 4R TKO GLORY 79 Arnhem Collision 3 2021年10月23日 【GLORYヘビー級タイトルマッチ】

〇タリック・カバベス 1R 終了後TKO GLORY 77 Rotterdam 2021年1月30日 【GLORYヘビー級トーナメント】

〇ヘスディ・ゲルゲス 3R 判定 GLORY 77 Rotterdam 2021年1月30日【GLORYヘビー級トーナメント】

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日ヘスディ・ゲルゲス
バダ・ハリ 3RTKO (バダ・ハリの怪我) GLORY 74 Arnhem
【GLORYヘビー級タイトルマッチ】
2019年12月21日
グト・イノセンテ 5R終了 判定5-0 GLORY 59 Amsterdam
【GLORYヘビー級タイトルマッチ】
2018年9月29日
ムラデン・ブレストバッチ 5R終了 判定5-0 GLORY 54 Birmingham
【GLORYヘビー級タイトルマッチ】
2018年6月2日
ジャマール・ベン・サディック 5RTKO (パンチ) GLORY 49 Rotterdam
【GLORYヘビー級タイトルマッチ】
2017年12月9日
アントニオ・シウバ 2RTKO (パンチ) GLORY 46 China 2017年10月14日
イスマエル・ラザール 5R終了 判定5-0 GLORY 41 Holland 2017年5月20日
バダ・ハリ 2RTKO (バダ・ハリの怪我) GLORY 36 Oberhausen 2016年12月10日
アンダーソン・ブラドック・シルバ 2RTKO (3ノックダウン) GLORY 33 New Jersey
【GLORYヘビー級タイトルマッチ】
2016年9月9日
ムラデン・ブレストバッチ 5R終了 判定5-0 GLORY 28 Paris
【GLORYヘビー級タイトルマッチ】
2016年3月12日
ベンジャミン・アデグバイ 1RKO (右フック) GLORY 26 Amsterdam
【GLORYヘビー級タイトルマッチ】
2015年12月4日
ベンジャミン・アデグバイ 5R終了 判定5-0 GLORY 22 Lille
【GLORYヘビー級タイトルマッチ】
2015年6月5日
エロール・ジマーマン 2R TKO (ジマーマンの怪我) GLORY 19 Virginia
【GLORYヘビー級タイトルマッチ】
2015年2月6日
× アンドレイ・ヘラシムチュック 3R終了 判定3-0 Kunlun Fight 15 2015年1月3日
ダニエル・ギタ 5R終了 判定5-0 GLORY 17 Los Angeles
【GLORYヘビー級タイトルマッチ】
2014年6月12日
ピーター・アーツ 3R終了 判定2-1 GLORY 13 TOKYO
【ピーター・アーツ引退試合】
2013年12月21日
ダニエル・ギタ 3R終了 判定3-0 GLORY 11 Chicago
【GLORYヘビー級世界トーナメント2013 決勝】
2013年10月12日
グーカン・サキ 3R終了 判定2-0 GLORY 11 Chicago
【GLORYヘビー級世界トーナメント2013 1回戦】
2013年10月12日
エロール・ジマーマン 3R終了 判定3-0 GLORY 9 New York 2013年6月22日
ジョナタ・ディニス 3R終了 判定5-0 GLORY 7 Milan 2013年4月20日
× セミー・シュルト 2分2R終了 判定0-5 DREAM.18 & GLORY 4 〜大晦日 SPECIAL 2012〜
【GRAND SLAMヘビー級トーナメント2012 準々決勝】
2012年12月31日
セルゲイ・ハリトーノフ 2分2R終了 判定5-0 DREAM.18 & GLORY 4 〜大晦日 SPECIAL 2012〜
【GRAND SLAMヘビー級トーナメント2012 1回戦】
2012年12月31日
ヘスディ・ゲルゲス 3R終了 判定3-0 IT'S SHOWTIME 57 & 58 2012年6月30日
× セルゲイ・ラシェンコ 3R+延長1R終了 判定1-2 K-1 Rising 2012 ~ K-1 WORLD MAX Final 16 ~ in Madrid 2012年5月27日
ベン・エドワーズ 判定3-0 Capital Punishment 5 2012年3月17日
× エロール・ジマーマン 1R 0:59 KO(左フック) IT'S SHOWTIME 54 & 55 2012年1月28日
ヘスディ・ゲルゲス 3R終了 判定2-1 SuperKombat: Fight Club 2011年11月17日
レアモン・ウェルボレン 3R終了 判定 Kalverdijkje Leeuwarden 2011 2011年6月18日
ジャスティス・スミス 1R KO(パンチ連打) SuperKombat World Grand Prix I 2011年5月21日
× ジャマール・ベン・サディック 2R 1:00 TKO(タオル投入) It's Showtime Sporthallen Zuid 2011年3月6日
フランシスコ・ムニョス 3R終了 判定 IT'S SHOWTIME 2010年12月18日
Michael Duut 判定 RingRage part 5 2010年10月9日
リカルド・ヴァン・デン・ボス 判定 IT'S SHOWTIME 2010 Amsterdam II 2010年9月12日
ゼバット・ポーツラック 3R終了 判定 IT'S SHOWTIME 2010年5月29日
ムトゥル・カラブレット 判定 Beast of the East 2010年1月30日
ジャンティジュ・シェルセマ 1R KO It's Showtime 2009年11月21日
× ルステミ・クレシュニック 判定 It's Showtime 2009年10月24日
ガボール・メイツァー 3R終了 判定 It's Showtime 2009 Budapest 2009年8月29日
× ブリース・ギドン 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD GP 2009 IN TOKYO
【FINAL16 QUALIFYING GP 1回戦】
2009年8月11日
× イスマエル・ロント 3R終了 判定 Gentlemen Fight Night 2009年6月13日
リカルド・フィエート 3R終了 判定3-0 It's Showtime 2009 Amsterdam 2009年5月16日
ピーター・マエストロビッチ 3R終了 判定3-0 Oktagon presents: It's Showtime 2009 2009年3月14日
フィリップ・バーリンデン 3R終了 判定 It's Showtime presents: Fights at the Border 2009年2月8日
デニス・ストルツェンバッハ 3R終了 判定 It's Showtime 2008年11月29日
KOICHI 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2008 IN HAWAII
【リザーブファイト】
2008年8月9日
クリスチャーノ・デルガド 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2008 IN AMSTERDAM
【オープニングファイト】
2008年4月26日
リドウアン・アブデルラウイ 3R終了 判定 K-1 EUROPE MAX 2008 IN HOLLAND 2008年2月17日
カミル・ソコロフスキー 5R終了 判定 KlasH IV 2007年12月16日
× Said Eljajaui 3R終了 判定 Fight Night Veghel 2007年5月13日
トス・ゾルタン 判定 WFCA 2007年3月24日
ブライアン・ダウヴィス 3R終了 判定 Freefight en Kickbox Gala 2006年10月15日
ハンス・クルーズ 判定 No Guts No Glory 2006年5月27日
リドウアン・アブデルラウイ 3R終了 判定 不明 2006年4月9日
クリス・オウェラント 3R KO(右フック) WFCA 2006年2月4日
ステイン・ファン・タテンホーブ 3R終了 判定 Gala in Roosendaal 2005年11月26日
アルバート・ロメオ KO Gala in Goes,Zeeland 2005年10月16日
サンダー・ダイビス 判定 FFE Gala in Zonnehuis 2005年5月29日
ウィルバート・ダム 2R 1:56 KO IMPACT Roosendaal 2005年4月30日

獲得タイトル編集

  • GLORYヘビー級世界トーナメント2013 優勝(2013年)
  • 第2代GLORY世界ヘビー級王座(2014年)

出演編集

脚注編集

  1. ^ KickboxTV interview Ernesto Hoost
  2. ^ Follow @RicoVerhoeven because he give me a 2" cut on my temple that almost.killed me! Thanks RICO my main man! But it ok I'm a warrior lol タイソン・フューリー公式Twitter 2013年5月29日20時36分
  3. ^ Every1 follow @RicoVerhoeven top fighter fights in glory but could easy be a top pro boxer in a year or 2! Also hates @TonyBellew!!! タイソン・フューリー公式Twitter 2013年5月29日3時17分
  4. ^ 『ドラゴンボール』好きのリコが世界へ飛び出す K-1公式サイト 2009年8月5日
  5. ^ 【IT’S SHOWTIME通信】 リコ・フェルフーフェン インタビュー J SPORTS コラム 2010年9月6日
  6. ^ Fighter - Rico Verhoeven Profile
  7. ^ 5・29オランダでバダ・ハリに何が起こった!? Archived 2010年6月4日, at the Wayback Machine. K-1公式サイト 2010年6月1日
  8. ^ 【IT’S SHOWTIME通信】 12.18アムステルダム大会試合レポート J SPORTS コラム 2010年12月21日
  9. ^ 【It's Showtime】ジママーン、1・2・3・4で圧勝KO劇 MMA Planet 2012年1月29日
  10. ^ 【K-1】互いに決め手に欠けた接近戦は、レシェンコが制す MMA Planet 2012年5月28日
  11. ^ 【It's Showtime】ダウンを喫し、拳負傷。カラケスがリコに下る MMA Planet 2012年7月1日
  12. ^ ゴング格闘技2013年3月号 セミー・シュルト インタビュー
  13. ^ ペトロシアン完勝、まさに絶対王者!グローリー7 ミラノ大会リポート スポーツナビ 2013年4月21日
  14. ^ タイロン・スポーンが95kgトーナメント優勝 「グローリー9」ニューヨーク大会リポート スポーツナビ 2013年6月24日
  15. ^ リコ、親友対決制してヘビー級王座奪取 GLORYシカゴ大会結果リポート 2 スポーツナビ 2013年10月13日
  16. ^ リコ、親友対決制してヘビー級王座奪取 GLORYシカゴ大会結果リポート スポーツナビ 2013年10月13日
  17. ^ 【GLORY13】ピーター・アーツ、引退試合はスプリット判定負け MMA Planet 2013年12月21日

関連項目編集

外部リンク編集

空位
前タイトル保持者
セミー・シュルト
第2代GLORY世界ヘビー級王者

2014年6月21日 - 現在

次王者
N/A