リショーニームרִאשׁוֹנִים ri’šônīm)とは、ゲオーニームの後継者であり、11世紀から16世紀にかけてのハラーハーにおけるラビとその信頼性をさす言葉。

アハローニームに対して、「最初の(リショーン)」の意味で、リショーンの複数形。

関連項目編集

有名なリショーニームの一覧編集

外部リンクと参考資料編集