メインメニューを開く

リズム&ブルース (バディ・ガイのアルバム)

バディ・ガイのアルバム

リズム&ブルース』(Rhythm & Blues)は、アメリカ合衆国ブルース・ミュージシャン、バディ・ガイ2013年に発表したスタジオ・アルバム。2枚組CDとしてリリースされ、1枚目は「リズム」、2枚目は「ブルース」というタイトルが付いている[10][11]

リズム&ブルース
バディ・ガイスタジオ・アルバム
リリース
録音 テネシー州ナッシュビル ブラックバード・スタジオ[1]
ジャンル ブルース
時間
レーベル RCAレコード/シルヴァートーン
プロデュース トム・ハンブリッジ英語版
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 12位(スイス[2]
  • 27位(アメリカ[3]
  • 41位(ドイツ[4]
  • 46位(スウェーデン[5]
  • 69位(オランダ[6]
  • 86位(ベルギー・ワロン地域[7]
  • 93位(フランス[8]
  • 106位(ベルギー・フランデレン地域[9]
  • バディ・ガイ アルバム 年表
    ライヴ・アット・レジェンズ
    (2012年)
    リズム&ブルース
    (2013年)
    ボーン・トゥ・プレイ・ギター
    (2015年)
    テンプレートを表示

    目次

    背景編集

    キッド・ロックキース・アーバンベス・ハート、それにエアロスミスのメンバー3人を含むゲストを迎えて制作された。本作のレコーディングにおいて、ガイは主にフェンダー・ストラトキャスターを使用したが、「デヴィルズ・ドーター」、「ウイスキー・ゴースト」、「リズム・インナー・グルーヴ」、「ミート・ミー・イン・シカゴ」、「アイ・ケイム・アップ・ハード」ではギブソン335を弾いた[1]。また、「マイ・ママ・ラヴド・ミー」のみギブソン・レスポールが使用されている[1]

    「メッシン・ウィズ・ザ・キッド」は、ガイと親交の深かったジュニア・ウェルズの持ち歌として知られる曲で、ガイはウェルズとのコラボレーション・アルバム『プレイ・ザ・ブルース』(1972年)でも、この曲を演奏している[12]。「ポイズン・アイビー」は1954年にウィリー・メイボン英語版の歌唱によりヒットした曲のカヴァーで、ガイは1968年にもこの曲の録音を残している[13]

    アメリカ盤の発売日は、ガイの77歳の誕生日に合わせて2013年7月30日となった[10]

    反響・評価編集

    アメリカでは総合アルバム・チャートのBillboard 200で27位を記録し、自身初の全米トップ40アルバムとなった[3]。また、『ビルボード』のブルース・アルバム・チャートでは自身4度目の1位獲得を果たす[3]

    スイスでは2013年8月11日付のアルバム・チャートで初登場12位となった[2]。スウェーデンのアルバム・チャートでは最高46位を記録し、同国において自身20年ぶりのトップ50入りを果たした[5]

    Stephen Thomas Erlewineはオールミュージックにおいて5点満点中3点を付け、トム・ハンブリッジのプロデュースに関して「時として少々流暢すぎるように聴こえる」「彼(ガイ)を箱から十分に解放させていない」とする一方、「バディ自身はなおも精力的で、彼の声はスティーヴン・タイラー以上に若々しく聴こえ、彼のギターも、周囲のあらゆる物を押し潰す肉体派のモンスターであり続けている」と評している[11]

    収録曲編集

    特記なき楽曲はトム・ハンブリッジとリチャード・フレミングの共作。

    ディスク1「リズム」編集

    1. ベスト・イン・タウン - "Best in Town" (Buddy Guy, Tom Hambridge, Richard Fleming) - 4:55
    2. ジャスティファイン - "Justifyin'" (B. Guy, T. Hambridge) - 3:23
    3. アイ・ゴー・バイ・フィール - "I Go by Feel" (T. Hambridge, Gary Nicholson) - 4:15
    4. メッシン・ウィズ・ザ・キッド - "Messin' with the Kid" (Mel London) - 2:33
    5. ホワッツ・アップ・ウィズ・ザット・ウーマン - "What's Up with That Woman" (T. Hambridge) - 4:02
    6. ワン・デイ・アウェイ - "One Day Away" (T. Hambridge, R. Fleming, Scott Holt) - 3:44
    7. ウェル・アイ・ダン・ガット・オーヴァー・イット - "Well I Done Got Over It" (Eddie Jones) - 2:55
    8. ホワット・ユー・ゴナ・ドゥ・アバウト・ミー - "What You Gonna Do About Me" (T. Hambridge, Lee Roy Parnell, G. Nicholson) - 4:39
    9. デヴィルズ・ドーター - "The Devil's Daughter" (B. Guy, T. Hambridge) - 5:15
    10. ウイスキー・ゴースト - "Whiskey Ghost" (T. Hambridge, G. Nicholson) - 4:36
    11. リズム・インナー・グルーヴ - "Rhythm Inner Groove" (B. Guy, T. Hambridge) - 0:34

    ディスク2「ブルース」編集

    1. ミート・ミー・イン・シカゴ - "Meet Me in Chicago" (T. Hambridge, Robert Randolph) - 3:45
    2. トゥー・ダム・バッド - "Too Damn Bad" - 3:06
    3. イーヴィル・ツイン - "Evil Twin" - 5:23
    4. アイ・クッド・ダイ・ハッピー - "I Could Die Happy" - 4:13
    5. ネヴァー・ゴナ・チェンジ - "Never Gonna Change" (T. Hambridge, David Gogo) - 3:20
    6. オール・ザット・メイクス・ミー・ハッピー・イズ・ザ・ブルース - "All That Makes Me Happy Is the Blues" (T. Hambridge, G. Nicholson) - 4:36
    7. マイ・ママ・ラヴド・ミー - "My Mama Loved Me" - 3:33
    8. ブルース・ドント・ケア - "Blues Don't Care" - 3:27
      • フィーチャリング:ゲイリー・クラーク・ジュニア(ボーカル、ギター)
    9. アイ・ケイム・アップ・ハード - "I Came Up Hard" (B. Guy, T. Hambridge, R. Fleming) - 5:28
    10. ポイズン・アイビー - "Poison Ivy" (M. London) - 2:50

    参加ミュージシャン編集

    フィーチャリング・ゲストに関しては上記「収録曲」参照。

    • バディ・ガイ - ボーカルギター
    • トム・ハンブリッジ英語版 - ドラムスパーカッション、バックグラウンド・ボーカル
    • デヴィッド・グリソム - ギター(Disc 1 - #1, #2, #3, #5, #8, #11 / Disc 2 - #1, #2, #3, #6, #7, #9)、アコースティック・ギター(Disc 2 - #4)
    • ロブ・マクネリー - ギター(Disc 1 - #4, #6, #7, #9, #10 / Disc 2 - #8, #10)、スライドギター(Disc 2 - #5)
    • リース・ワイナンス - ハモンドオルガン(Disc 1 - #1, #2, #3, #5, #8 / Disc 2 - #1, #3, #6, #7, #9)、エレクトリックピアノ(Disc 1 - #3, #8 / Disc 2 - #6)、ピアノ(Disc 2 - #2, #3, #4, #7)
    • ケヴィン・マッケンドリー - ハモンドオルガン(Disc 1 - #4, #9, #10)、エレクトリックピアノ(Disc 1 - #6, #9)、ピアノ(Disc 1 - #7 / Disc 2 - #5, #8, #10)
    • マイケル・ローズ - ベース(Disc 1 - #1, #2, #3, #5, #11 / Disc 2 - #1, #2, #3, #6, #7)
    • トミー・マクドナルド - ベース(Disc 1 - #4, #6, #7, #8, #9, #10 / Disc 2 - #4, #5, #8, #9, #10)
    • ザ・マッスル・ショールズ・ホーンズ - ホーン・セクション(Disc 1 - #1, #5, #8 / Disc 2 - #6)
    • ジム・ホーク - ホーン・セクション(Disc 1 - #7)
    • クリス・カーマイケル - ストリングスアレンジ(Disc 1 - #3)
    • ウェンディ・モートン - バックグラウンド・ボーカル(Disc 1 - #2, #10)
    • レジーナ・マッカリー - バックグラウンド・ボーカル(Disc 1 - #3 / Disc 2 - #1)
    • アン・マッカリー - バックグラウンド・ボーカル(Disc 1 - #3 / Disc 2 - #1)
    • フリーダ・マッカリー - バックグラウンド・ボーカル(Disc 1 - #3 / Disc 2 - #1)
    • ジェシカ・ワグナー=コーワン - バックグラウンド・ボーカル(Disc 1 - #4)
    • ハーシェル・ブーン - バックグラウンド・ボーカル(Disc 1 - #4)
    • シャノン・カーフマン - バックグラウンド・ボーカル(Disc 1 - #4)

    脚注編集

    1. ^ a b c CD英文ブックレット内クレジット
    2. ^ a b Buddy Guy - Rhythm & Blues - hitparade.ch
    3. ^ a b c Buddy Guy - Awards”. AllMusic. 2016年3月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年12月4日閲覧。
    4. ^ Buddy Guy | Longplay-Chartverfolgung - musicline.de
    5. ^ a b swedishcharts.com - Buddy Guy - Rhythm & Blues
    6. ^ Buddy Guy - Rhythm & Blues - dutchcharts.nl
    7. ^ ultratop.be - Buddy Guy - Rhythm & Blues
    8. ^ lescharts.com - Buddy Guy - Rhythm & Blues
    9. ^ ultratop.be - Buddy Guy - Rhythm & Blues
    10. ^ a b Marshall, Matt (2013年7月13日). “Buddy Guy’s "Rhythm & Blues": Earth-Shaking Blues with the Best of Friends”. American Blues Scene Magazine. Project Music Scene. 2019年5月15日閲覧。
    11. ^ a b Erlewine, Stephen Thomas. “Rhythm & Blues - Buddy Guy”. AllMusic. 2015年12月26日閲覧。
    12. ^ Play the Blues – Buddy Guy, Junior Wells | AllMusic
    13. ^ Perna, Alan di (2015年7月30日). “Dear Guitar Hero: Buddy Guy Discusses Muddy Waters, Fender Strats, Touring with The Rolling Stones and More”. Guitar World. NewBay Media. 2015年12月26日閲覧。