リズム歌謡

リズム歌謡とは歌謡曲の中の1ジャンルを示す名称である。

歌謡曲の中でもリズムを強調したもの、またはリズムが印象的に聞こえるもの(効果的に使われているもの)を指す。「リズム」に特に決まりはなく、マンボブギルンバチャチャチャボサノヴァサンバジャズツイストロックワルツなどのリズムが用いられている。曲名中にリズム名が記載されている事がある(例:美空ひばり「お祭りマンボ」)。

1990年代後半から2000年代前半にかけ、1950年代から1970年代のリズム歌謡の曲がクラブミュージックの分野で「レア・グルーヴ」として注目されるようになった。


リズム歌謡曲の一例(リズム歌謡の編集盤に収録されているものを列記する)編集

「東京ドドンパ娘」
「東京ブギウギ」
「買物ブギー」
「恋のメキシカン・ロック」
「お祭りマンボ」
「真赤な太陽」
「スナッキーで踊ろう」

関連項目編集