メインメニューを開く

リッキー・パーキーRickey Parkey1956年11月7日 - )は、アメリカ合衆国男性プロボクサーテネシー州モーリストン出身。第3代IBF世界クルーザー級王者。

リッキー・パーキー
基本情報
本名 リッキー・パーキー
階級 ヘビー級
身長 183cm
リーチ 185cm
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 (1956-11-07) 1956年11月7日(62歳)
出身地 テネシー州モーリストン
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 42
勝ち 22
KO勝ち 16
敗け 20
引き分け 0
無効試合 0
テンプレートを表示

来歴編集

1981年10月24日、プロデビューを果たし2回TKO勝ちで白星でデビューを飾った。

1982年1月30日、後のWBA世界ヘビー級王者ジェームス・スミスと対戦し6回判定負けでキャリア初黒星を喫した。

1984年9月11日、後のWBC世界クルーザー級王者バーナード・ベントンUSBA全米クルーザー級王座決定戦で対戦し12回判定負けで王座獲得に失敗した。

1985年6月18日、元WBA世界ライトヘビー級王者エディ・ムスタファ・ムハマドと対戦し10回0-3(2者が3-6、2-7)の判定負け。

1985年9月10日、WBCアメリカ大陸クルーザー級王座決定戦をミハエル・アームスと対戦し12回3-0(2者が119-109、118-110)の判定勝ちで王座獲得に成功した。

1986年10月25日、IBF世界クルーザー級王者リー・ロイー・マーフィーと対戦し10回2分56秒TKO勝ちで王座獲得に成功した。

1987年3月28日、チサンダ・ムッチと対戦し12回54秒TKO勝ちで初防衛に成功した。

1987年5月15日、WBA世界クルーザー級王者イベンダー・ホリフィールドと対戦し3回2分44秒TKO負けを喫し2度目の防衛に失敗し王座から陥落しWBA王座獲得に失敗した。

1988年8月12日、USBA全米クルーザー級王座決定戦を元WBC世界クルーザー級王者アルフォンソ・ラトリフと対戦し7回KO負けで王座獲得に失敗した。

1990年12月7日、エディー・タイラーとWBF世界クルーザー級王座決定戦を行い6回1分40秒TKO勝ちで王座獲得に成功した。

1991年11月7日、WBCアメリカ大陸クルーザー級王座決定戦を元世界2階級制覇王者ドワイト・ムハマド・カウィと対戦し8回終了時棄権で王座獲得に失敗した。

1992年4月4日、WBC世界クルーザー級王者アナクレト・ワンバと対戦し8回KO負けを喫した。

1994年5月7日、クリストファー・ビゾトと対戦しと対戦し4回TKO負けを最後に現役を引退した。

獲得タイトル編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集