リッピーとハーディー

リッピーとハーディー』(英語: Lippy the Lion & Hardy Har Har)は、1962年アメリカ合衆国で放送されていたハンナ・バーベラ・プロダクション制作のテレビアニメである。

概要編集

常に楽観的で物事を深く考えないライオンのリッピーと、悲観主義者で愚痴っぽいハイエナのハーディーがコンビを組んで冒険する作品[1][2]。『ワニのワリー』(英語: Wally Gator)と『突貫カメ君』(英語: Touche Turtle and Dum Dum[3])との3本立てで放送されていた。タイトル映像は、人間に追われて木に刺さった槍を階段のように乗り越え、やっと逃げたと思ったらワニに襲われるという内容だった。

日本語版編集

日本では、1964年7月10日から同年9月25日まで日本テレビ系列局で『リッピィ・ハーディ珍道中』(リッピィ・ハーディちんどうちゅう)と題して放送されたのが初出。放送時間は毎週金曜 19:00 - 19:30 (日本標準時)で、『突貫カメ君』との2本立てで放送されていた。この日本語版では、若山弦蔵がリッピーの吹き替えを、愛川欽也がハーディーの吹き替えを担当した。

その後も東京12チャンネル(現・テレビ東京)の『マンガのくに』などで放送されていた。1990年代には江原正士龍田直樹による日本語吹き替え版がVHSで発売された。カートゥーン ネットワークで放送された際は別の声優陣による吹き替え版だった。

脚注編集

  1. ^ Perlmutter, David (2018). The Encyclopedia of American Animated Television Shows. Rowman & Littlefield. p. 362. ISBN 978-1538103739 
  2. ^ Woolery, George W. (1983). Children's Television: The First Thirty-Five Years, 1946-1981. Scarecrow Press. p. 130. ISBN 0-8108-1557-5. https://archive.org/details/childrenstelevis0000wool/page/130/mode/2up 2020年3月14日閲覧。 
  3. ^ Erickson, Hal (2005). Television Cartoon Shows: An Illustrated Encyclopedia, 1949 Through 2003 (2nd ed.). McFarland & Co. p. 501. ISBN 978-1476665993 

外部リンク編集

日本テレビ系列 金曜19:00枠
前番組 番組名 次番組
みんなでスコール
(1964年4月17日 - 1964年7月3日)
【水曜22:30枠へ移動】
リッピィ・ハーディ珍道中
(1964年7月10日 - 1964年9月25日)
日本シリーズ中継(金曜)
(1964年10月2日 - 1964年10月9日)

東京オリンピック中継(金曜)
(1964年10月16日 - 1964年10月23日)

きらめく王冠
(1964年10月30日 - 1964年11月27日)