メインメニューを開く

若山 弦蔵(わかやま げんぞう、1932年9月27日[1] - )は、日本の男性俳優ラジオパーソナリティナレーター声優フリー

わかやま げんぞう
若山 弦蔵
プロフィール
出生地 日本の旗 日本樺太大泊町
生年月日 (1932-09-27) 1932年9月27日(85歳)
所属 フリー
活動
活動期間 1950年代 -
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

目次

来歴・人物編集

樺太大泊町出身[2]。両親は青森県下北郡佐井村出身で[2]、父親は銀行に勤務していた[2]。旧制札幌第二中学校(現北海道札幌西高等学校)を経て[3]北海道札幌南高等学校卒業[2]。声変わりの後の自分の声に対するコンプレックスを克服するため[4]、高2の時にNHK札幌放送局主宰の朗読放送研究会に入る[4]。高校卒業後の1951年、新たに設立されたNHK札幌放送劇団の研究生となる[5]。同期には高垣葵石山透(ともに後に脚本家)・牟田悌三らがいた[5]。1952年にNHK札幌放送劇団の本格採用となり[5][6]ラジオドラマへの出演をしつつ発声や声楽の勉強を行った[7]

1956年に主演したラジオドラマ『パイロットファーム』が、文部省芸術祭で団体奨励賞を受賞[8]。特に若山の演技は、審査員の円地文子(作家)が絶賛するなど好評を博した[8]。このことが契機となり、1957年6月に東京に移る[8]。ラジオドラマへの出演の傍ら、海外テレビドラマや洋画の吹き替えの仕事も始める[9]

1958年のTBSの海外ドラマ『ローン・レンジャー』で吹き替え作品初の主演をつとめる[10]。以後、『モーガン警部』、『バークにまかせろ』『スパイ大作戦』などの人気作で立て続けに主演をつとめ、独特の甘い低音は「レディー・キラー・ボイス」と呼ばれた[10]

放送劇団出身であり、日本で声優が専業として確立する以前から活動している者の中では、舞台や俳優の仕事をしたことがほとんどなく、声優を専業として活動してきた数少ない人物である。また、テレビ黎明期の吹き替えに参入してきた新劇俳優について、「大部分の連中にとっては片手間の仕事でしかなかった」、「日本語として不自然な台詞でも疑問も持たず、台本どおりにしか喋らない連中が多くて、僕はそれがすごく腹立たしかった」と語っている[11]

吹き替えでは正義派から悪役までこなす本格派、落ち着いたナレーションもこなしている。代表的な洋画吹き替えの持ち役は、英国俳優のショーン・コネリー(「007」シリーズ、『ザ・ロック』)、レイモンド・バーなどである。後にピアース・ブロスナンの吹き替えを担当した神谷明は、彼が声をあてたジェームズ・ボンドにしびれたと語ったことがある。

1968年TBSラジオパック・イン・ミュージック』(2年間担当)を皮切りに、ラジオのパーソナリティの仕事も始め、1973年からはTBSラジオ『若山弦蔵の東京ダイヤル954』(当初は『おつかれさま5時です』)のパーソナリティーを、一度も休むことなく1995年まで22年間務めた[12]。同番組は放送回数5700回に達し、生ワイドラジオ番組の長寿記録を更新した。

『バックグラウンド・ミュージック』(2009年3月29日終了)の「今週の一言」は、俳協設立につながる1960年の太平洋テレビジョン労働争議の内幕を語るなど芸能史の一証言だったが、番組終了により中断となった。、音響芸術専門学校(東京都港区)の声優・アナウンス専門課程で、後進の指導をしていた。

人物・エピソード編集

  • 日本語版吹き替えの収録では若山のみ単独で行っている(ディズニーではこの方法を使用している。この方が合同収録より自然なできあがりになるため[13])。
  • ワーグナー愛好家としても知られる[14]1979年以来、バイロイト音楽祭には何度も足を運び、特に『ニーベルングの指輪』が上演される年はほとんど観に行っている[14]。1985年には『タンホイザー』を観賞し、また同年末にNHK-FMで放送される同音楽祭の実況録音では、あらすじのナレーションを担当した。
  • 文化放送キンキンのサンデー・ラジオ』の打ち切りが決まった時に、愛川欽也が「続けられない」と予定の最終回を前に番組を終了させたことに、「気持ちは分からなくもないが、楽しみにしているリスナーがいるのだから、いかがなものか」と苦言を呈したことがある。その後、新番組がスタートするまでは『竹内靖夫の電リク・ハローパーティ増刊号 ?大人のためのカバー曲スペシャル?』というラジオ番組が電リク番組になっていることを紹介して、「私がやりたいくらいだ」と言ったこともある[15]
  • 『バックグラウンド・ミュージック』の終了後は、およそ月1回(月の最終週の放送日、および聴取率強化ウィーク)の割合で『土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界』へレギュラー出演し、『バックグラウンド~』同様にリスナーからリクエストされたスクリーンミュージック等を放送するコーナーを担当して好評を博しているものの、『土曜ワイド~』は関東ローカルのラジオ番組であるため聴取出来ないファンも多く、全国ネットの番組へのレギュラー出演を望む声もある。

出演作品編集

太字は、主役・メインキャラクター。

テレビアニメ編集

1963年
1965年
1966年
1967年
1968年
1978年
1982年

劇場アニメ編集

1984年
2006年

ゲーム編集

2005年
2007年
2009年
2010年
2012年
2013年
2014年

吹き替え編集

俳優編集

ジーン・バリー
ショーン・コネリー
ピーター・グレイブス
リー・マーヴィン

洋画・海外ドラマ編集

海外アニメ編集

テレビドラマ編集

映画編集

ラジオ編集

ラジオドラマ編集

  • 海外名作劇場 ゴンチャーロフの日本渡航記 ※主役
  • 連続メロドラマ 忘れ得ぬ人(ニッポン放送) ※準主役
  • R2芸術劇場 「女殺し油の地獄」(1964年2月18日、NHK東京
  • KR[ラジオ劇場] 「黒い輪」(1964年3月15日、TBSラジオ)
  • R1+R2夜のステレオ 「鳩間の泉」(1964年3月15日、NHK東京)
  • R1[架空実況] 「白瀬南極探検隊」(1964年3月20日、NHK東京)
  • R2芸術劇場 「樹と雪と甲虫と」(1964年6月9日、NHK東京)
  • R2ラジオ小劇場 「満天の星」(1964年12月12日、NHK大阪
  • オールナイトニッポン特別番組 「ラジオドラマHOUSE」(1976年11月23日、ニッポン放送) - ナレーション
  • 連続ラジオドラマ 「梨の木は物言わねど」(1980年、NHKラジオ第一放送) - 桃澤匡勝

ラジオCM編集

人形劇編集

レコーディング (LP・CD)編集

  • ピンク・ムード・サウンズ 若山弦蔵(ナレーション) ピンク・ムード・デラックス Vol.1 1966年 (ビクター・レコード)# 銀座ブルース 他
  • ピンク・ムード・サウンズ 若山弦蔵(ナレーション) ピンク・ムード・デラックス Vol.2 1967年 (ビクター・レコード)# 眠られぬ夜のブルース 他

バラエティ編集

テレビCM編集

  • 帝人 テトロン(ポリエステル)のワイシャツ(ナレーション)
  • サントリー
    • アガダマパンチ(ナレーション)
    • 紅茶のお酒(ナレーション)
    • 緑茶(ナレーション)
  • ブリヂストン レグノ(ナレーション〈初代〉)

受賞歴編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈・出典編集

  1. ^ 『声優名鑑』、690頁、成美堂出版、1999年、ISBN 978-4415008783
  2. ^ a b c d 北海道新聞』2002年2月28日夕刊、「私のなかの歴史・声優・若山弦蔵さん - 声の職人半世紀①」
  3. ^ 『北海道新聞』2002年3月4日夕刊、「私のなかの歴史・声優・若山弦蔵さん - 声の職人半世紀③」
  4. ^ a b 『北海道新聞』2002年3月5日夕刊、「私のなかの歴史・声優・若山弦蔵さん - 声の職人半世紀④」
  5. ^ a b c 『北海道新聞』2002年3月6日夕刊、「私のなかの歴史・声優・若山弦蔵さん - 声の職人半世紀⑤」
  6. ^ 通販生活 2013秋冬号、p.125 私の人生を変えたあの人の言葉 連載第8回
  7. ^ 20世紀に連れてって No.7 若山弦蔵
  8. ^ a b c 『北海道新聞』2002年3月7日夕刊、「私のなかの歴史・声優・若山弦蔵さん - 声の職人半世紀⑥」
  9. ^ 『北海道新聞』2002年3月8日夕刊、「私のなかの歴史・声優・若山弦蔵さん - 声の職人半世紀⑦」
  10. ^ a b 『北海道新聞』2002年3月11日夕刊、「私のなかの歴史・声優・若山弦蔵さん - 声の職人半世紀⑧」
  11. ^ とり・みき 『別冊映画秘宝Vol.3 とり・みきの映画吹替王』、 洋泉社、2004年、275頁
  12. ^ 『北海道新聞』2002年3月12日夕刊、「私のなかの歴史・声優・若山弦蔵さん - 声の職人半世紀⑨」
  13. ^ 2007年12月30日伊集院光 日曜日の秘密基地』にて。
  14. ^ a b 『北海道新聞』2002年3月13日夕刊、「私のなかの歴史・声優・若山弦蔵さん - 声の職人半世紀⑩」
  15. ^ 若山弦蔵さんが愛川欽也さんに苦言を呈する――ラジオ番組の終了に関して
  16. ^ 新宝島”. 手塚治虫公式サイト. 2016年6月11日閲覧。
  17. ^ ハリスの旋風”. メディア芸術データベース. 2016年10月25日閲覧。
  18. ^ わんぱく探偵団”. メディア芸術データベース. 2016年9月20日閲覧。
  19. ^ 宝島”. メディア芸術データベース. 2016年11月27日閲覧。
  20. ^ プロゴルファー猿”. メディア芸術データベース. 2016年10月1日閲覧。
  21. ^ 007 ドクター・ノオ”. WOWOW (2016年6月24日). 2016年7月26日閲覧。
  22. ^ 007 ダイヤモンドは永遠に”. WOWOW (2016年6月24日). 2016年7月30日閲覧。

外部リンク編集