若山弦蔵

日本の俳優、ラジオパーソナリティ、声優、ナレーター (1932-2021)

若山 弦蔵(わかやま げんぞう、1932年昭和7年〉9月27日[8][9] - 2021年令和3年〉5月18日[4][7])は、日本声優ラジオパーソナリティナレーター。長年フリーで活動。

わかやま げんぞう
若山 弦蔵
プロフィール
本名 若山 弦蔵[1]
愛称 弦さん・弦ちゃん[2]
性別 男性
出身地 日本の旗 日本樺太大泊町[3](現・ロシアサハリン州コルサコフ
死没地 日本の旗 日本東京都[4]
生年月日 (1932-09-27) 1932年9月27日
没年月日 (2021-05-18) 2021年5月18日(88歳没)
職業 俳優ラジオパーソナリティナレーター声優
事務所 フリー
配偶者 あり[5](1958年[6] - 2021年[7]
活動
活動期間 1950年代 - 2021年
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

艶のある独特な低音の声はビロードに例えられ、声による演技を追求し続けたことから「至宝」とたたえられた[10]

略歴 編集

樺太大泊町(現・ロシアサハリン州コルサコフ)出身[3]。両親は青森県下北郡佐井村出身で、父親は銀行に勤務していた[3]。幼少期に北海道札幌市に転居[11]。旧制札幌第二中学校(現在:北海道札幌西高等学校)を経て、北海道札幌南高等学校卒業[3][12]

小学校5年時に声変わりして以降、発言するたびにクラスメイトに笑われる日々を過ごし、自分の声がコンプレックスになったが、高校在学中、音楽の教師から「あなたのようなバスは日本人には貴重だから声を大切にするように」と言われたと述べている[13]

声変わり後の自分の声に対するコンプレックスを克服するため、高校2年時にNHK札幌放送局主宰の朗読放送研究会に入る[14]。若山が後に聞いた話によれば、4人の試験官の内3人は若山のようなマイクに乗らない声の人間は落とすべきだと主張していたが、1人だけ「これからはラジオドラマが盛んになるだろうから、変な声の奴がいても良いだろう」として合格することになったのだとされる[13]

高校卒業後の1951年、新たに設立されたNHK札幌放送劇団の研究生となる[注 1][15]。1952年に本格採用となり[15][13][16]ラジオドラマへの出演をしつつ発声や声楽の勉強を行った[17]

あるラジオドラマの稽古中、演出家の近江浩一に「君はまだ声で褒められているの?」と問いただされたことが契機となり、演技の勉強も本格的に開始[10]。1956年に主演したラジオドラマ『パイロットファーム』が文部省芸術祭で団体奨励賞を受賞し、特に若山の演技は、審査員の円地文子が絶賛するなど好評を博した[18]。このことがきっかけで、1957年6月に活動拠点を東京へ移し[18]、石の会に参加[19]。ラジオドラマ出演の傍ら、海外ドラマや洋画の吹き替えの仕事も始める[20]

1958年の海外ドラマ『ローン・レンジャー』で吹き替え作品初の主演をつとめる[21]。以後、『モーガン警部』、『バークにまかせろ』『スパイ大作戦』などの人気作で立て続けに主演を務め、甘い低音の声は「レディー・キラー・ボイス」と呼ばれた[21]。映画『007』シリーズでは、ジェームズ・ボンドを演じるショーン・コネリーの吹き替えを担当し、若山の代表作の一つとなる[22]

過去にはグループ・てえぶら[23][19]太平洋テレビジョン芸能部[24]グループりんどうに所属[25]。1964年にグループりんどうが解散してからは、フリーランスで活動した。

1968年のTBSラジオパック・イン・ミュージック』を2年間担当したことを皮切りに、ラジオのパーソナリティの仕事も開始。1973年からはTBSラジオ『若山弦蔵の東京ダイヤル954』(当初は『おつかれさま5時です』)のパーソナリティーを、一度も休むことなく1995年まで22年間務めた[26]。同番組は放送回数5700回に達し、当時の生ワイドラジオ番組の長寿記録を更新。後に「TBSラジオを支えた大功労者」と評されることとなった[27]

『バックグラウンド・ミュージック』(2009年3月29日終了)の「今週の一言」は、俳協設立につながる1960年の太平洋テレビジョン労働争議の内幕を語るなど芸能史の一証言として貴重な存在であった。音響芸術専門学校(東京都港区)の声優・アナウンス専門課程では後進の指導をしていた。最晩年もNHK-FM放送の『ラジオマンジャック』に生出演し精力的に活動していた。

2021年5月18日、心不全のため東京都内の自宅で死去[4]。88歳没[7]。訃報は13日後の5月31日に遺族により明かされた[28][29]

人物 編集

甘く響く低音の深い声が持ち味で『マダムキラー』と言われており、人気の高い声優であった[30]

吹き替えでは正義派から悪役までこなす本格派、落ち着いたナレーションもこなしている。代表的な吹き替えの持ち役は専属(フィックス)として名高いショーン・コネリー[31][32]をはじめ、ジーン・バリーピーター・グレイブスレイモンド・バー[32]ヒュー・オブライエンなどである。過去にはリー・マーヴィンも持ち役としていた。

リヒャルト・ワーグナーの愛好家としても知られる[33]1979年以来、バイロイト音楽祭には何度も足を運び、特に『ニーベルングの指輪』が上演される年[注 2]はほとんど観に行っている[33]。1985年には『タンホイザー』を観賞し、また同年末にNHK-FMで放送される同音楽祭の実況録音では、あらすじのナレーションを担当した。

仕事に対する姿勢 編集

放送劇団出身であり、日本での専業声優確立以前から活動している者の中では、舞台や俳優の仕事をしたことがほとんどなく、声優を専業として活動してきた数少ない人物である。また、テレビ黎明期の吹き替えに参入してきた新劇俳優について、「大部分の連中にとっては片手間の仕事でしかなかった」、「日本語として不自然な台詞でも疑問も持たず、台本どおりにしか喋らない連中が多くて、僕はそれがすごく腹立たしかった」と語っている[34]

吹き替えに関して、画面の中の相手役とやり取りすることを意識しており「隣から下手な台詞が聞こえてきたら、こっちはやりにくくてしょうがない」との考えもあることから、収録は別録りの単独で行うことを熱望していた[24]。そのため、技術的な問題が解消した『ザ・ロック』の吹き替え収録以降、オファーがあった際は必ず別録りを条件につけていた[34]

アニメに関しては、一時期のアニメブームが苦手であったことや、線どり(絵が全て完成していない状態)でアフレコをする作品は避けていたことから出演作は少ない。若山は白味線録音が嫌で、アニメの仕事は辞めた述べている[35]。1981年の『キネマ旬報』に掲載された和田誠との対談でアニメの話題になった際に「僕は絶対出ない」と答えている[36]

宝島』のシルバー役はアフレコ時に絵が全て完成しているという前提で引き受けたが、実際には絵が完成していることは一度もなく、納得のいく演技ができなかった[37]。絵が完成しないことから録音スケジュールの変更を依頼されたことが何度もあり、最終回の収録の際に若山はしびれを切らしてスケジュールの変更を受け入れずに予定通りに収録を行ったが、簡易撮影された静止画素材があれば良い状態で絵が全く無い白味線録音の個所も随所にあったと述べている[37][注 3]。『宝島』の放送後、全国の子供からファンレターが届き、若山は返事の内容に困ったと述べている[37]。但し共演した清水マリによると、若山は当作を「とりわけ印象に残っている作品」と語っていたという[38]

鬼警部アイアンサイド』の吹き替えでは喋り始めの息使いからリップノイズまで再現しており、その技術に後輩の神谷明は舌を巻いたという。これについて若山は『シカゴ特捜隊M』でリー・マーヴィンを吹き替えた際に身に付けたといい、「この人のセリフ回しが長くて凄いんだ。どこで合うのかわかんなくなっちゃうようなね」「だから考えたんですよ。リー・マーヴィンだって息をするだろうなって。そういう視点で見ると、ここで息してんだってわかるんだよ。だからいつも言うんだ。『アテレコは声を合わせるんじゃなくて息を合わせるんだ』って。アテレコっていう仕事は今でもそういうものだと思ってます」と語っている[39][13]。若山によれば『鬼警部アイアンサイド』に出演していた時期、新聞で若山の息遣いまで再現するアテレコが取り上げられて称賛されたことがあると述べている[13]

ナレーションの仕事では必然性のない抑揚をつけないことを心掛けており、後に「抑揚は文章そのものが持っている、文章が力を持ってるんだから、お前は余計な色をつけるんじゃない、と固く教わったわけよ」と語っている。また、近年のワイドショーのナレーションには「もう節だらけだもんね。そっちの方が正しくなってしまってるでしょ?」と疑問を呈している[39]

あるラジオCMの収録では、現場で急遽クレジット(放送されないCMタイトルや秒数などの部分)の読み上げを求められた際に「いいよ⋯⋯有料だけど」と答えたといい、「仕事での自身の声はたとえ一声でも有料になる」という自負心および高いプロ意識を持っていた[40]

同業者と演技論を交わす中で発音にもこだわりを持つようになり、「『秋』の「あ」と『朝』の「あ」は同じ文字だが発音は別だ[注 4]」と語っている[41]。これについて後に「今では『「あ」は「あ」だろう』と言われるが、本来はそういう部分も意識するべきであり、自分だけはその違いを考えながら喋るんだ」と述べ、自身がその違いの分かる最後の世代だと語っていた[42]

近年の声優について「言葉が生きていない」「会話が自然でない」「向上心がなさすぎます[注 5]」などの苦言を呈することがある。また、「形だけ」の芝居や鍛えた地声でない「作った声」に視聴者側が慣れてしまい容認し続けていることもあり、2000年代以降に「20年以上前から僕は、アテレコは悪貨が良貨を駆逐したと思ってますから。これ以上悪くなることはあっても、良くなることはないですよ」「自分の身を削る思いでさ、いろんなものを吸収して今日に至るわけですけどもね、今の状況を見るとさ、俺たちがあれだけ苦労して勉強したことはいったいなんだったんだろうと虚しくなるよね」と語っている[34][39]

エピソード 編集

演技については、出身地の北海道で芝居のできる劇場がなかったことからアメリカ映画を鑑賞し学んだ。一方で、1940年代には札幌唯一の回り舞台がある映画館で芝居をした経験もあったという[39]

デビュー当時、若山の声質であるバリトンやバスは悪役か老け役だと相場が決まっていたことからそのような役や脇役が多かった。だが、正義側の役である『ローン・レンジャー』と『モーガン警部』で主演したことが転機となり、以降は良い役や主演ばかりになったという[10][17][6]。若山は当時、悪役の仕事が入らなくなったことで、自身の声が二枚目専門と思われるのは心外であると述べ、幅の広い声優になることを目指していた[6]

吹き替えでの持ち役であった俳優はショーン・コネリーを除き、数多く(ピーター・グレイブスヒュー・オブライエンリー・マーヴィンレイモンド・バージーン・バリー、ジョン・ブロムフィールドなど)と対面している。その際、皆が若山の声を「低い声」ではなく「深い声」と評したといい、このことを後に「うれしかった」と回想している[17]

文化放送キンキンのサンデー・ラジオ』の打ち切りが決まった時に、愛川欽也が「続けられない」と予定の最終回を前に番組を終了させたことに、「気持ちは分からなくもないが、楽しみにしているリスナーがいるのだから、いかがなものか」と苦言を呈したことがある。その後、新番組がスタートするまでは『竹内靖夫の電リク・ハローパーティ増刊号 〜大人のためのカバー曲スペシャル〜』というラジオ番組が電リク番組になっていることを紹介して、「私がやりたいくらいだ」と言ったこともある[43]

上記の通り、仕事への姿勢は外部、内部共に厳しい意見や発言が多く、フリーだったことも重なり、音声業界においての若山は孤高で一種「怖い」存在とされていたが[24]、ベテラン声優を筆頭にその技術や演技力などを高く評価し、尊敬する人物が多かった。仲村秀生は『鬼警部アイアンサイド』で若山と共演した際、その技術や仕事への姿勢について「ズバ抜けてプロだ。ギャラをもらって勉強になったということは本当はいけないんだが(中略)大変アテレコの勉強になりました」と述べている[44]。その他、加藤みどり中田浩二神谷明も若山のプロ意識の高さに影響されたと後に語っている[30][45][39]

若本規夫は、2023年に「声優界の最高のキング」として若山の名を挙げている。若本によると、スタジオでの若山は共演者と談笑せず、周囲をながめ常に図っているような人物だったといい、若本は「むっつり右門」と呼んでいた。また、たかはし智秋は若手時代に若山と吹き替えで共演した際、派手な容姿や態度(本人いわく「鬼ギャル」だった)に憤慨した若山から「あの子をつまみだせ!!」と激昂されたことがあり、後に「(当時は)何も分かってなかった」と語っている[40]

一方で吉田理保子は初仕事で何も分からない状態で現場に入りいきなり難しい長セリフを言うことになり困っていた際に若山から「これは初めては無理だから、まずセリフを頭から3行くらい覚えればいいんだよ」とアドバイスを貰い様々な配慮に感動したと後のインタビューで語っている[46]

後輩のみならず同世代の役者からも尊敬されており、矢島正明は声優界で最も尊敬する人物に若山を挙げ「対象をしっかり捉え、役者の呼吸を自分の呼吸にしている」と語っている[47]。また大塚周夫とり・みきによるインタビューで「別録で行った共演作品を完成後に見返したら、オレの芝居と若山弦蔵の芝居がピタリと合ってたんだよ。嬉しかったなあ」と語っており、とりは「尊敬の念が伝わってきた」と回顧している[24]

早稲田大学坪内博士記念演劇博物館には自身が使用した約1万冊の台本を寄贈したことがあり、現在も保管されている[24]

晩年は日本点字図書館にてボランティア活動に携わり、音声入り電子図書を収録のため多くの小説を朗読した[10]

吹き替えで演じてみたい役に、『第三の男』のオーソン・ウェルズを挙げている[48]。また、影響を受けた俳優にリチャード・ウィドマークを挙げている[17]

出演作品 編集

太字は、主役・メインキャラクター。

吹き替え 編集

担当俳優 編集

ジーン・バリー
ジョージ・ケネディ
ショーン・コネリー
テリー・サバラス
ピーター・グレイブス
リー・J・コッブ
リー・マーヴィン
レイモンド・バー
ロッド・キャメロン英語版

映画 編集

1962年

1963年

1964年

1965年

1966年

1967年

1971年

1976年

1977年

1978年

1981年

1982年

1983年

1984年

1986年

  • 皇帝密使(ミスター・ボンド〈ジャン・マーサント〉)※フジテレビ版

1993年

2000年

2002年

ドラマ 編集

1958年

1960年

1961年

1962年

1963年

1964年

1965年

1967年

1969年

1977年

1981年

放送日不明 編集

人形劇 編集

アニメ 編集

映画 編集

テレビドラマ 編集

ラジオ 編集

ラジオドラマ 編集

  • 海外名作劇場 ゴンチャーロフの日本渡航記 ※主役
  • 連続メロドラマ 忘れ得ぬ人(ニッポン放送) ※準主役
  • R2芸術劇場 「女殺し油の地獄」(1964年2月18日、NHK東京
  • KR[ラジオ劇場] 「黒い輪」(1964年3月15日、TBSラジオ)
  • R1+R2夜のステレオ 「鳩間の泉」(1964年3月15日、NHK東京)
  • R1[架空実況] 「白瀬南極探検隊」(1964年3月20日、NHK東京)
  • R2芸術劇場 「樹と雪と甲虫と」(1964年6月9日、NHK東京)
  • R2ラジオ小劇場 「満天の星」(1964年12月12日、NHK大阪
  • オールナイトニッポン特別番組 「ラジオドラマHOUSE」(1976年11月23日、ニッポン放送) - ナレーション
  • 連続ラジオドラマ 「梨の木は物言わねど」(1980年、NHKラジオ第1放送) - 桃澤匡勝
  • 連続ステレオ小説 「海底二万里」(1981年、NHK-FM) - ネモ船長

ラジオCM 編集

テレビアニメ 編集

1963年
1965年
1966年
1967年
1968年
1978年
1982年

劇場アニメ 編集

人形劇 編集

ゲーム 編集

2005年
2007年
2009年
2010年
2012年
2013年
2014年
2019年
2020年

レコーディング(LP・CD) 編集

  • ピンク・ムード・サウンズ 若山弦蔵(ナレーション) ピンク・ムード・デラックス Vol.1 1966年(ビクター・レコード)# 銀座ブルース 他
  • ピンク・ムード・サウンズ 若山弦蔵(ナレーション) ピンク・ムード・デラックス Vol.2 1967年(ビクター・レコード)# 眠られぬ夜のブルース 他

バラエティ 編集

テレビCM 編集

  • 帝人 テトロン(ポリエステル)のワイシャツ(ナレーション)
  • ブリジストン『REGNO』(ショーン・コネリー出演CMのナレーション)
  • サントリー
    • アガダマパンチ(ナレーション)
    • 紅茶のお酒(ナレーション)
    • 緑茶(ナレーション)
  • トクホン トクホンA「肩たたき犬篇」(ナレーション)
  • サンヨー食品 うどん 田吾作(ナレーション)

朗読 編集

テーマパーク 編集

受賞歴 編集

  • 第3回ギャラクシー賞 ラジオ・個人部門 受賞(1966年)
  • 野路菊賞受賞(2000年)

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ 同期には高垣葵石山透(共々後に脚本家)・牟田悌三らがいた[15]
  2. ^ 原則新演出を5年連続上演したあと1年上演なしというサイクル。1年措きに5年間毎年行くのか、新演出ごとに必ず行くという意味なのかは談話内容からは不明。
  3. ^ 若山は後日、他の声優から宝島のアフレコはアニメの現場の中では上質な部類であり、アニメの収録では全編絵がないことも珍しくないと聞かされ、それに不満を言えば干されてしまうと答えられたと述べている[37]
  4. ^ 本人曰く、牟田悌三と演技論を交わす中で知ったという。
  5. ^ 他の若手声優と同時収録した際、わざと「相手は芝居が受けられないんじゃないか」と思うような台詞を発したにもかかわらず、何の抵抗もなしに平気で台本通り演じていたといい、「プライドや信念があればケンカすると思うんですがね」と語っている。

出典 編集

  1. ^ 「新桜オールスタァ名鑑」『芸能画報』3月号、サン出版社、1958年。 
  2. ^ 声優・小林清志と羽佐間道夫が相見える! 草創期の吹き替え秘話”. 2022年8月27日閲覧。
  3. ^ a b c d 北海道新聞』2002年2月28日夕刊、「私のなかの歴史・声優・若山弦蔵さん - 声の職人半世紀①」
  4. ^ a b c “声優の若山弦蔵さん死去、人気スパイ映画「007」で吹き替え担当”. 日刊スポーツNEWS. (2021年5月31日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202105310000754.html 2023年11月5日閲覧。 
  5. ^ 若山弦蔵「言いたい放題 明日は我が身の時代ですゾ!」『国会ニュース』12月号、国会政経ニュース社、1987年12月、6 - 7頁。 
  6. ^ a b c 『映画情報』12月号、国際情報社、1959年、61頁。 
  7. ^ a b c “ショーン・コネリーの吹き替え、声優の若山弦蔵さん死去…88歳”. 讀賣新聞オンライン. (2021年5月31日). https://www.yomiuri.co.jp/culture/20210531-OYT1T50180/ 2021年5月31日閲覧。 
  8. ^ a b c d e f 『DJ名鑑 1987』三才ブックス、1987年2月15日、167頁。NDLJP:12276264/84 
  9. ^ 『声優名鑑』成美堂出版、1999年8月、690頁。ISBN 4-415-00878-X 
  10. ^ a b c d 小池真一 (2021年6月30日). “S・コネリーさんを吹き替えた低音の魅力 -「声の芸術家」若山弦蔵さん-”. 共同通信. 47NEWS. https://nordot.app/782419883752374272 2021年8月24日閲覧。 
  11. ^ 「[若山弦蔵さんのお品書き]ニシン漬け 身が締まる、低温の魅力」読売新聞、2006年9月4日、東京朝刊、21頁
  12. ^ 『北海道新聞』2002年3月4日夕刊、「私のなかの歴史・声優・若山弦蔵さん - 声の職人半世紀③」
  13. ^ a b c d e 中尾彬のトークギャラリー」『安全衛生のひろば』11月号、中央労働災害防止協会、1992年11月、4 - 6頁。 
  14. ^ 『北海道新聞』2002年3月5日夕刊、「私のなかの歴史・声優・若山弦蔵さん - 声の職人半世紀④」
  15. ^ a b c 『北海道新聞』2002年3月6日夕刊、「私のなかの歴史・声優・若山弦蔵さん - 声の職人半世紀⑤」
  16. ^ 通販生活 2013秋冬号、p.125 私の人生を変えたあの人の言葉 連載第8回
  17. ^ a b c d 20世紀に連れてって No.7 若山弦蔵
  18. ^ a b 『北海道新聞』2002年3月7日夕刊、「私のなかの歴史・声優・若山弦蔵さん - 声の職人半世紀⑥」
  19. ^ a b 「テレビ人名鑑」『キネマ旬報』臨時増刊テレビ大鑑、キネマ旬報社、1958年6月、131頁。 
  20. ^ 『北海道新聞』2002年3月8日夕刊、「私のなかの歴史・声優・若山弦蔵さん - 声の職人半世紀⑦」
  21. ^ a b 『北海道新聞』2002年3月11日夕刊、「私のなかの歴史・声優・若山弦蔵さん - 声の職人半世紀⑧」
  22. ^ “若山弦蔵さん死去 「007」吹き替え 声優、ラジオパーソナリティー”. 東京新聞. (2021年6月1日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/107806 2021年8月24日閲覧。 
  23. ^ 『キネマ旬報年鑑 昭和35年版』キネマ旬報社、1960年、430頁。 
  24. ^ a b c d e 若山弦蔵さん”. TORI MIKI (2021年6月1日). 2021年6月1日閲覧。
  25. ^ 『タレント名鑑NO2』芸能春秋社、1963年、229頁。 
  26. ^ 『北海道新聞』2002年3月12日夕刊、「私のなかの歴史・声優・若山弦蔵さん - 声の職人半世紀⑨」
  27. ^ “安住紳一郎アナ 声優・若山弦蔵さんを追悼「TBSラジオを支えて下さった大功労者」”. スポニチ. (2021年6月6日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/06/06/kiji/20210606s00041000451000c.html 2021年8月24日閲覧。 
  28. ^ 若山弦蔵さん死去 S・コネリー役声優、ラジオでも活躍”. 朝日新聞デジタル (2021年5月31日). 2021年5月31日閲覧。
  29. ^ 【訃報】名声優&名ナレーター、若山弦蔵さん逝く”. テレ朝芸能&ニュース (2021年6月1日). 2021年5月31日閲覧。
  30. ^ a b NHKラジオ『NHKラジオ深夜便 時代を創った声 声優 加藤みどり』2018年4月8日放送分
  31. ^ 『007 製作50周年記念版 ブルーレイBOX』若山弦蔵|インタビュー|「吹替の帝王」 Powered by 20th Century FOX Home Entertainment(2013年2月におけるアーカイブ)”. 2023年9月24日閲覧。
  32. ^ a b 松田咲實「洋画吹き替え持ち役リスト(男優1)」『声優白書』江崎加子男(資料協力)、オークラ出版、2000年3月1日、18頁。ISBN 4-87278-564-9 
  33. ^ a b 『北海道新聞』2002年3月13日夕刊、「私のなかの歴史・声優・若山弦蔵さん - 声の職人半世紀(10)」
  34. ^ a b c とり・みき『とり・みきの映画吹替王』洋泉社〈別冊映画秘宝 Vol.3〉、2004年。ISBN 4-89691-837-1 
  35. ^ 週刊読売』1991年4月7日号、読売新聞社、1991年4月7日、232頁。 
  36. ^ 「和田誠対談シリーズ 第4回 ゲスト 若山弦蔵 テレビの吹替え問題からラスベガスの楽しさまで」『キネマ旬報』1月下旬号、キネマ旬報社、1981年1月、128頁。 
  37. ^ a b c d 「言語文化の担い手に聞く--声優三十年」『月刊ことば』、英潮社、1980年6月、62頁。 
  38. ^ 清水マリの足跡
  39. ^ a b c d e レジェンド声優・若山弦蔵、オネエ言葉でアテレコしていた?”. CBCラジオ (2018年11月27日). 2021年1月30日閲覧。
  40. ^ a b (日本語) 【若本規夫&田村ゆかり&小松未可子が登場!】たかはし智秋と縁のある声優大集合!GWスペシャル企画「声優陣格付けチェック」(わちゃわちゃんねる#116), https://www.youtube.com/watch?v=Y_BJSMCSu_Y 2023年5月1日閲覧。 
  41. ^ “ラジオ放送90年 82歳の現役DJ ラジオと歩んだ日々 声優 若山弦蔵さん”. しんぶん赤旗日曜版. (2015年6月7日). https://www.jcp.or.jp/akahata/web_weekly/2015/06/07-week/ 
  42. ^ TBSラジオ伊集院光とらじおと』2021年6月1日放送分。
  43. ^ 若山弦蔵さんが愛川欽也さんに苦言を呈する――ラジオ番組の終了に関して
  44. ^ 阿部邦雄『TV洋画の人気者 声のスターのすべて』近代映画社、1979年。ASIN B000J8GGHO 
  45. ^ きっかけは赤面症!?時代劇の悪役から「エースをねらえ!」宗方コーチ!中田浩二の声優人生に迫る【声優伝説】”. シネマトゥデイ (2017年3月25日). 2021年5月31日閲覧。
  46. ^ 吹替の帝王・吉田理保子インタビュー” (2019年5月23日). 2023年5月21日閲覧。
  47. ^ 『スター・トレック』カーク船長の声でおなじみ!矢島正明、いまの声優界に喝【声優伝説】”. シネマトゥデイ. 2021年5月31日閲覧。
  48. ^ 第7回 若山弦蔵「本質的な意味でのディスクジョッキーを僕はずっとやりたかった」”. 松永良平. 2020年3月28日閲覧。
  49. ^ 番組表
  50. ^ 007 ドクター・ノオ”. WOWOW (2016年6月24日). 2016年7月26日閲覧。
  51. ^ 007 ダイヤモンドは永遠に”. WOWOW (2016年6月24日). 2016年7月30日閲覧。
  52. ^ 007 ダイヤモンドは永遠に”. WOWOW (2016年6月24日). 2016年7月30日閲覧。
  53. ^ 池田憲章、『ミステリー・ゾーン/未知の世界 傑作選 Vol.1』 Disc 2、ジャケット裏解説文、パイオニアLDC、1997年。
  54. ^ 新宝島”. 手塚治虫公式サイト. 2016年6月11日閲覧。
  55. ^ ハリスの旋風”. メディア芸術データベース. 2020年12月31日閲覧。
  56. ^ わんぱく探偵団7754”. メディア芸術データベース. 2020年12月31日閲覧。
  57. ^ 宝島”. メディア芸術データベース. 2020年12月31日閲覧。
  58. ^ 宝島”. トムス・エンタテインメント. 2022年9月14日閲覧。
  59. ^ プロゴルファー猿”. メディア芸術データベース. 2020年12月31日閲覧。
  60. ^ CHARACTER”. ファイナルファンタジーVII リメイク. スクウェア・エニックス. 2020年3月17日閲覧。

外部リンク 編集