龍田直樹

日本の男性声優

龍田 直樹(たつた なおき、1950年9月8日[1][2][7] - )は、日本男性声優ナレーター[4]和歌山県那賀郡岩出町(現:岩出市)出身[1]青二プロダクション所属[5]

たつた なおき
龍田 直樹
プロフィール
本名 竜田 直樹
性別 男性
出身地 日本の旗 日本和歌山県那賀郡岩出町(現:岩出市[1]
生年月日 (1950-09-08) 1950年9月8日(72歳)
血液型 A型[1][2]
身長 155 cm[3]
職業 声優ナレーター[4]
事務所 青二プロダクション[5]
配偶者 高木早苗
活動
活動期間 1976年 -
デビュー作 ドン・チャック物語[6]
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

芸名竜田 直樹(読み同じ)。

略歴編集

明治大学卒業[8]

東京俳優学校第25期[9]俳協養成所第3期卒[9]東京俳優生活協同組合アーツビジョンを経て、現在は青二プロダクション所属[5]

映画『男はつらいよ』のスチルを担当していたが、渥美清の演技に憧れ、役者を目指して養成所に入所[10]

マネージャーに「僕は映像作品は無理ですね〜」と探りを入れたところ「アハハ! そうだね!!」と言われ、声優に切り替えて声優としての活動を始める[10]

人物・特色編集

音域はA - E。方言大阪弁[5]

声優としては、アニメ、ゲームに出演の他、テレビのナレーションも務めている[4]

ナレーションや人間以外のキャラクターを多数こなしている。同一作品内で動物役を兼役で演じることもしばしば(「『特定のマーガリン(ラーマソフト)じゃないと嫌だ』と身をよじる食パン」など、動物でも生き物でもないものを演じることも多い)。「『擬音(効果音)を生音に近い形でやってくれ』とも言われたことがある」と語っている。アドリブにも定評がある[11]

1985年11月から12月にかけて肝付兼太の喉の手術に伴い、『ドラえもん(テレビ朝日版第1期)』の骨川スネ夫[1]と『オバケのQ太郎』のハカセ役を代役で務めていたが、『オバケのQ太郎』では龍田はキザオ役をすでに演じていたので一人二役となった。

キテレツ大百科』において、1991年1月より途中降板した大竹宏に変わり、ブタゴリラ役を引き継いだ。

くまのプーさん』では富山敬の逝去に伴い、ラビット役を『新くまのプーさん1995年10月放送分より引き継いでいる。

ドラゴンボール』シリーズではウーロン役で出演している[12]が、『ドラゴンボール超』では八奈見乗児が病気療養に伴う休業に入ったため、ナレーションと北の界王役の代役を務めている[13]

松尾銀三梶哲也田中和実田の中勇水鳥鐵夫青野武内海賢二たてかべ和也から持ち役の一部を引き継いでいる。

出演編集

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ編集

この節には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字(蔡邕の2文字目)が含まれています(詳細)。
1976年
1977年
1978年
1979年
1980年
1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年
2020年
2021年
2022年

劇場アニメ編集

1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
  • Gu-Guガンモ(アキラ)
1986年
1987年
1988年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2003年
2006年
2007年
2008年
2009年
2011年
2012年
2013年
2019年

OVA編集

1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2003年
  • ぼくたちピチューブラザーズ・パーティはおおさわぎ!のまき(デルビル)
2004年
2005年
2008年
2010年
2011年

Webアニメ編集

ゲーム編集

1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
  • 熱闘ゴルフ(リコ)
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
  • ONE PIECE 超グランドバトル! X(カポネ・ベッジ)
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年
2020年

吹き替え編集

映画編集

テレビドラマ編集

アニメ編集

人形劇編集

特撮編集

1973年
1980年
1985年
1996年
1998年
2002年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2011年
2014年

テレビドラマ編集

映画編集

  • 帝都物語(1988年)
  • 劇場版 ダーウィンが来た!アフリカ新伝説(2019年) - ヒゲじいの声
  • 恐竜超伝説 劇場版ダーウィンが来た!(2020年) - ヒゲじいの声
  • 驚き!海の生きもの超伝説 劇場版ダーウィンが来た!(2021年) - ヒゲじいの声[108]
  • 日本列島生きもの超伝説 劇場版ダーウィンが来た!(2023年) - ヒゲじいの声[109]

CD編集

カセットブック編集

ラジオドラマ編集

CM編集

テレビ番組編集

その他編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ エンディングクレジットは「立田直樹」。
  2. ^ エンディングクレジットは「勝田直樹」。
  3. ^ a b 肝付兼太の代役。

シリーズ一覧

  1. ^ 『とびだせ!バケバケ大作戦』(1986年)、『進め! 1/100大作戦』(1987年)
  2. ^ 『あの日にかえりたい』(1988年)、『もぎたてスペシャル』(1989年)、『新きまぐれオレンジ☆ロード』(1996年)
  3. ^ 『キン肉マンII世』(2001年)、『マッスル人参争奪!超人大戦争』(2002年)
  4. ^ 『ドリームハンター麗夢』(1985年)、『ドリームハンター麗夢スペシャルバージョン 惨夢、甦る死神博士』(1985年)、『ドリームハンター麗夢II 聖美神女学園の妖夢』(1986年)、『ドリームハンター麗夢III 夢隠 首なし武者伝説』(1987年)、『NEWドリームハンター麗夢 夢の騎士達』(1990年)、『NEWドリームハンター麗夢 殺戮の夢幻迷宮』(1992年)
  5. ^ 『グラフィティ』、『11』(1992年 - 1993年)、『ZERO』(1994年 - 1995年)、『EARLYDAYS RENEWAL』、『SAGA』(1996年 - 1997年)
  6. ^ 『SEED』(2004年)、『SPIRITS』(2007年)、『GENESIS』(2016年)
  7. ^ 『メタルギアソリッド3』(2004年)、『サブシスタンス』(2005年)
  8. ^ 『ドラゴンボールヒーローズ』、『ドラゴンボールヒーローズ アルティメットミッション』シリーズ(無印、2、X)、『スーパードラゴンボールヒーローズ

出典編集

  1. ^ a b c d e 龍田直樹(たつたなおき)の解説 - goo人名事典”. 2019年7月16日閲覧。
  2. ^ a b 「速水奨、龍田直樹スペシャルインタビュー」『WINNING RUN』第8巻、青磁ビブロス、1992年9月、 68-72頁。
  3. ^ 龍田直樹 青二プロダクション(Wayback Machineによるアーカイブ)”. 2019年7月16日閲覧。
  4. ^ a b c 龍田直樹”. タレントデータバンク. 2019年9月28日閲覧。
  5. ^ a b c d 龍田 直樹|株式会社青二プロダクション”. 2019年7月16日閲覧。
  6. ^ a b 「声優100人に聞きました'95 龍田直樹」 『ザ・声優1995』メディアックス、1994年12月10日、93頁。 
  7. ^ 龍田直樹のCD・DVDをチェック:楽天ブックス”. 2019年7月16日閲覧。
  8. ^ 『日本タレント名鑑(1988年版)』VIPタイムズ社、1988年、144頁。 
  9. ^ a b 『声優の世界-アニメーションから外国映画まで』朝日ソノラマファンタスティックコレクション別冊〉、1979年10月30日、90頁。 
  10. ^ a b 「青二プロダクション創立40周年記念座談会[第2回]」『声優アニメディア』2009年10月号、学研マーケティング、2009年9月、 104頁。
  11. ^ 「声優大名鑑'95」 『ザ・声優1995』、144-145頁。 
  12. ^ 「ドラゴンボール」界王さま&ナレーター声優・八奈見乗児が休養。”. ナリナリドットコム (2015年9月26日). 2019年11月29日閲覧。
  13. ^ 「ドラゴンボール超」ナレーター、界王役の八奈見乗児さん療養 キャスト一時変更”. 産経ニュース (2015年9月25日). 2019年7月16日閲覧。
  14. ^ まいっちんぐマチコ先生”. ぴえろ公式サイト. 2022年6月2日閲覧。
  15. ^ a b c d 鈴木秀明 編「全58話ストーリーCHECK」 『タイムボカンシリーズ 逆転イッパツマン COMPLETE BOOK』ぴあ、2018年2月5日、28・39・48・63頁。ISBN 978-4-8356-3846-1 
  16. ^ 前田徹 編「■ベストエピソード■第40話「仲人はコスイネン夫妻」」 『タイムボカン全集2 悪の華道』ソフトバンク、1998年6月30日、54頁。ISBN 4-7973-0562-2 
  17. ^ チックンタックン”. ぴえろ公式サイト. 2022年7月9日閲覧。
  18. ^ 超力ロボ ガラット”. サンライズワールド. サンライズ. 2022年11月12日閲覧。
  19. ^ ハイスクール!奇面組 : 作品情報”. アニメハック. 2022年7月9日閲覧。
  20. ^ 魔法のスターマジカルエミ”. ぴえろ公式サイト. 2022年9月2日閲覧。
  21. ^ ドラゴンボール”. 東映アニメーション. 2022年5月8日閲覧。
  22. ^ きまぐれオレンジ☆ロード”. スタジオぴえろ 公式サイト. ぴえろ. 2016年5月4日閲覧。
  23. ^ 新メイプルタウン物語 パームタウン編”. 東映アニメーション. 2022年9月15日閲覧。
  24. ^ キャラクター/キャスト”. 東映アニメーションラインナップ. トランスフォーマー・ザ・ヘッドマスターズ. 東映アニメーション. 2022年9月17日閲覧。
  25. ^ “ストーリー”. アニメ『ミスター味っ子』公式サイト. https://www.sunrise-inc.co.jp/ajikko/story/index.html 2020年12月4日閲覧。 
  26. ^ ドクター秩父山”. 株式会社 葦プロダクション 公式サイト. 葦プロダクション. 2022年11月10日閲覧。
  27. ^ トッポ・ジージョ”. 日本アニメーション. 2022年9月15日閲覧。
  28. ^ 夢見るトッポ・ジージョ”. 日本アニメーション. 2022年9月15日閲覧。
  29. ^ 『魔神英雄伝ワタル メモリアルブック』新紀元社、2006年3月3日、40頁。ISBN 978-4-7753-0436-5 
  30. ^ キャラクター”. 魔神英雄伝ワタル. 2020年6月28日閲覧。
  31. ^ 『魔神英雄伝ワタル メモリアルブック』新紀元社、2006年3月3日、56頁。ISBN 978-4-7753-0436-5 
  32. ^ 『魔動王グランゾート メモリアルブック』新紀元社、2006年5月17日、84頁。ISBN 978-4-7753-0461-7 
  33. ^ 『魔動王グランゾート メモリアルブック』新紀元社、2006年5月17日、124頁。ISBN 978-4-7753-0461-7 
  34. ^ 作品データベース キャッ党忍伝てやんでえ”. タツノコプロ. 2022年11月7日閲覧。
  35. ^ a b c 『魔神英雄伝ワタル2 メモリアルズ』サンライズ、1992年3月1日、38-40頁。ISBN 4-89601-010-8 
  36. ^ STAFF&CAST|新世紀GPXサイバーフォーミュラ”. 新世紀GPXサイバーフォーミュラ OFFICIAL WEB. 2022年9月30日閲覧。
  37. ^ CHARACTER キャラクター紹介”. 『機動武闘伝Gガンダム』 公式サイト. サンライズ. 2021年9月2日閲覧。
  38. ^ キャラクター/キャスト - ゲゲゲの鬼太郎(第4期)”. 東映アニメーション. 2022年7月12日閲覧。
  39. ^ その他の登場人物”. プリンセスナイン. ニフティ. 2019年2月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年6月20日閲覧。
  40. ^ サイボーグクロちゃん”. メディア芸術データベース. 2016年8月5日閲覧。
  41. ^ ドクター・エスカルゴン”. 星のカービィ. 2022年8月12日閲覧。
  42. ^ トンジット”. 2018年3月3日閲覧。
  43. ^ カポネ・ベッジ”. 2022年9月13日閲覧。
  44. ^ バスコ・ショット”. 2022年9月13日閲覧。
  45. ^ キン肉マンII世”. 東映アニメーション. 2022年7月22日閲覧。
  46. ^ 釣りバカ日誌”. 東映アニメーション. 2022年10月24日閲覧。
  47. ^ ボンバーマン ジェッターズ”. メディア芸術データベース. 2022年11月8日閲覧。
  48. ^ キャラクター/キャスト - ゲゲゲの鬼太郎(第5期)”. 東映アニメーション. 2021年7月2日閲覧。
  49. ^ キャラクター 幻影旅団編”. HUNTER×HUNTER. 2012年10月9日閲覧。
  50. ^ スタッフ・キャスト”. TOKYO * MX アニメ「怪盗ジョーカー」. 2014年9月27日閲覧。
  51. ^ EPISODE7”. 『スペース☆ダンディ』公式サイト. 2014年2月15日閲覧。
  52. ^ a b 「ドラゴンボール超」キャスト一時変更のお知らせ”. 東映アニメーション. 2015年9月27日閲覧。
  53. ^ キャラクター 宇宙サバイバル編 第10宇宙”. ドラゴンボール超 東映アニメーション. 2017年10月7日閲覧。
  54. ^ ふなっしー、アニメ化決定! 3月30日より日テレ『スッキリ!!』内でショートアニメ『ふなっしーのふなふなふな日和』が放送開始”. ファミ通.com. 2015年3月9日閲覧。
  55. ^ ラブー キャラクター 魔法つかいプリキュア!”. 東映アニメーション. 2018年12月10日閲覧。
  56. ^ がん がん がんこちゃん|アニメ声優・キャラクター・登場人物・2017冬アニメ最新情報一覧”. アニメイトタイムズ. 2022年2月27日閲覧。
  57. ^ がん がん がんこちゃん(第2期)|アニメキャスト・キャラクター・登場人物・2018冬アニメ最新情報一覧”. アニメイトタイムズ. 2022年2月27日閲覧。
  58. ^ TVアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』第4話先行カット&あらすじ公開! 妖怪のことに詳しく、ゲゲゲの森の中で出会う様々な妖怪たちに大喜びの裕太だったが……。”. アニメイトタイムズ. 2018年4月21日閲覧。
  59. ^ 『ゲゲゲの鬼太郎』第27話の先行カット到着!ついに新章「西洋妖怪編」スタート、新EDの場面カットも公開”. アニメイトタイムズ (2018年10月6日). 2018年10月6日閲覧。
  60. ^ キャラクター【妖怪】新番組「ゲゲゲの鬼太郎」”. 東映アニメーション. 2018年12月10日閲覧。
  61. ^ 『ゲゲゲの鬼太郎』第82話「爺婆ぬっぺっぽう」の先行カット到着! 老化し始める鬼太郎たち、しかし砂かけばばあが……”. アニメイトタイムズ (2019年11月23日). 2019年11月23日閲覧。
  62. ^ 『ゲゲゲの鬼太郎』第87話「貧乏神と座敷童子」より先行カット到着! 貧乏神は、自分がいるおかげでこの家の平和が保たれていると主張する”. アニメイトタイムズ (2020年1月4日). 2020年1月4日閲覧。
  63. ^ キャラクター”. おしりたんてい アニメ公式ホームページ. 2022年6月3日閲覧。
  64. ^ CHARACTER”. TVアニメ「天地創造デザイン部」公式サイト. 2020年8月19日閲覧。
  65. ^ 登場人物”. 半妖の夜叉姫. 2022年8月12日閲覧。
  66. ^ SDGs題材の1月アニメ「BABY-HAMITANG」主人公役はシンガーの遥海”. コミックナタリー (2021年12月27日). 2021年12月27日閲覧。
  67. ^ 浮浪雲”. マッドハウス. 2016年5月20日閲覧。
  68. ^ ドラゴンボール 神龍の伝説|キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション. 2022年6月2日閲覧。
  69. ^ 劇場版 ハイスクール!奇面組 : 作品情報”. アニメハック. 2022年7月9日閲覧。
  70. ^ ドラゴンボール 魔神城のねむり姫|キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション. 2022年6月2日閲覧。
  71. ^ ドラゴンボール 摩訶不思議大冒険|キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション. 2022年6月2日閲覧。
  72. ^ ビックリマン 無縁ゾーンの秘宝|キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション. 2022年9月15日閲覧。
  73. ^ ドラゴンボールZ この世で一番強いヤツ|キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション. 2022年6月2日閲覧。
  74. ^ a b 週刊少年ジャンプ特別編集『鳥山明THE WORLDアニメスペシャル』集英社、1990年10月10日、雑誌29939-10/10、180頁。
  75. ^ ドラゴンボールZ 地球まるごと超決戦|キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション. 2022年6月2日閲覧。
  76. ^ a b キャラクター/キャスト”. 東映アニメーションラインナップ. ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空. 東映アニメーション. 2020年8月1日閲覧。
  77. ^ a b キャラクター/キャスト”. 東映アニメーションラインナップ. ドラゴンボールZ とびっきりの最強対最強. 東映アニメーション. 2020年8月1日閲覧。
  78. ^ キャラクター/キャスト”. 東映アニメーションラインナップ. ドラゴンボールZ 激突!! 100億パワーの戦士たち. 東映アニメーション. 2022年6月2日閲覧。
  79. ^ ドラゴンボールZ 極限バトル!!三大超サイヤ人|キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション. 2022年6月2日閲覧。
  80. ^ ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦|キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション. 2022年6月2日閲覧。
  81. ^ キャラクター/キャスト”. 東映アニメーションラインナップ. ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴. 東映アニメーション. 2022年6月2日閲覧。
  82. ^ ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ|キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション. 2022年6月2日閲覧。
  83. ^ ゲゲゲの鬼太郎 大海獣”. 東映アニメーション. 2022年7月15日閲覧。
  84. ^ キャラクター/キャスト”. ドラゴンボール 最強への道. 東映アニメーション. 2022年6月2日閲覧。
  85. ^ 魔法陣グルグル [劇場版]”. 日本アニメーション. 2022年10月14日閲覧。
  86. ^ ゲゲゲの鬼太郎 おばけナイター”. 東映アニメーション. 2022年7月15日閲覧。
  87. ^ ゲゲゲの鬼太郎 妖怪特急! まぼろしの汽車”. 東映アニメーション. 2022年7月15日閲覧。
  88. ^ ジャングル大帝 劇場版(1997)”. 手塚治虫公式サイト. 2016年6月8日閲覧。
  89. ^ キン肉マンⅡ世 マッスル人参争奪!超人大戦争|キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション. 2022年7月24日閲覧。
  90. ^ 劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』追加キャストに竹中直人、フィッシャーズ、ロン・モンロウ決定!登場キャラクターも追加発表!”. ONE PIECE.com (2019年5月25日). 2019年5月26日閲覧。
  91. ^ スタッフ・キャスト”. ドリームハンター麗夢 オフィシャルウェブサイト. 2022年11月4日閲覧。
  92. ^ STAFF&CAST|新世紀GPXサイバーフォーミュラ11”. 新世紀GPXサイバーフォーミュラ OFFICIAL WEB. 2022年9月30日閲覧。
  93. ^ STAFF&CAST|新世紀GPXサイバーフォーミュラZERO”. 新世紀GPXサイバーフォーミュラ OFFICIAL WEB. 2022年9月30日閲覧。
  94. ^ STAFF&CAST|新世紀GPXサイバーフォーミュラSAGA”. 新世紀GPXサイバーフォーミュラ OFFICIAL WEB. 2022年9月30日閲覧。
  95. ^ Character”. 魔動王グランゾート 公式サイト. 2020年6月28日閲覧。
  96. ^ ナーズ”. カオス ヒーローズ オンライン -CHAOS HEROES ONLINE- ヒーローカタログ. 2013年12月14日閲覧。
  97. ^ ナカチャ”. カオス ヒーローズ オンライン -CHAOS HEROES ONLINE- ヒーローカタログ. 2014年1月14日閲覧。
  98. ^ 若き日のララ・クロフトの冒険を描く新生『トゥームレイダー』が4月25日発売決定!”. ファミ通.com. 2013年2月4日閲覧。
  99. ^ CHARACTER”. 英雄伝説 空の軌跡 FC Evolution. 2015年4月1日閲覧。
  100. ^ 電撃PlayStation』Vol.611、KADOKAWA、2016年3月31日。
  101. ^ 『電撃PlayStation』Vol.613、KADOKAWA、2016年4月28日。
  102. ^ CHARACTER”. ファイナルファンタジーVII リメイク. スクウェア・エニックス. 2020年4月7日閲覧。
  103. ^ 『スペース・プレイヤーズ』日本語吹き替え、元日本代表&芸人&レジェンド声優!”. シネマトゥデイ. 2021年7月28日閲覧。
  104. ^ “プーと大人になった僕”. ふきカエル大作戦!!. (2018年9月14日). https://www.fukikaeru.com/?p=10304 2018年9月14日閲覧。 
  105. ^ 『チキチキマシン猛レース!』最新エピソード 2019年4月 dTVチャンネル®「ブーメラン」で日本初配信”. PR TIMES (2019年4月5日). 2022年8月26日閲覧。
  106. ^ ルーニー・テューンズ・ショー登場キャラクター”. カートゥーン ネットワーク. 2022年7月29日閲覧。
  107. ^ 実写映画 「スペース・プレイヤーズ」(8/27公開 )登場で話題沸騰!あのバッグス・バニーの最新アニメシリーズ「ルーニー・テューンズ・カートゥーンズ」 カートゥーン ネットワーク初放送”. PR TIMES (2021年8月13日). 2022年7月29日閲覧。
  108. ^ “NHK人気自然番組「ダーウィンが来た!」劇場版 第3弾『驚き!海の生きもの超伝説 劇場版ダーウィンが来た!』2021年6月11日(金)より全国ロードショーが決定!本日ビジュアル解禁”. PR TIMES (PR TIMES). (2021年6月10日). https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000203.000034304.html?adlt=strict&toWww=1&redig=F4D79CA9FC3B4435BB9F428232BB3E78 2022年7月24日閲覧。 
  109. ^ “NHK人気自然番組「ダーウィンが来た!」劇場版 第4弾!『日本列島生きもの超伝説 劇場版ダーウィンが来た!』2023年2月3日(金)より全国ロードショー決定!本日ポスタービジュアル解禁!”. PR TIMES (PR TIMES). (2022年10月7日). https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000328.000034304.html 2022年10月7日閲覧。 
  110. ^ ハイブリッド給湯・暖房システム ECO ONE|CM&MAKING

外部リンク編集