リトアニア臨時政府

リトアニア臨時政府リトアニア語: Lietuvos laikinoji Vyriausybė、略称: LLV)は、1941年ソビエト連邦による占領期からナチス・ドイツによる占領初期の数週間にかけて存在した、リトアニアの独立を目指して活動した臨時政府である。1941年4月22日に秘密裏に結成され、6月23日に宣言[1]8月5日に活動を停止した[1][2][3][4]

臨時政府の閣議の様子
(中央)アンブラゼヴィチュス首相代行兼教育相
(左端から)マトゥリョニス財相、センクス情報局長、ヴィトクス農相、ヴァイナウスカス商務相兼監査院長、ランズベルギス=ジェムカルニス共同経済相、ヴェンツュス保健相、グルジンスカス食料局長
(右端から)シュレペティース内相、ラシュティキス国防相、ダムシス工務相、パヤウイス労働社会保障相、ノヴィツキス運輸通信相、プラプオレニスLAF全権代表、マツケヴィチュス法相

カウナスヴィリニュスリトアニア人行動主義戦線リトアニア語版 (LAF) のメンバーも臨時政府に加わった。

歴史編集

 
臨時政府で首相代行兼教育相を務めたユオザス・アンブラゼヴィチュスリトアニア語版
アンブラゼヴィチュスは戦後米国に移住し、ブラザイティス (Brazaitis) と姓を変えた[5]
 
国営無線局リトアニア語版が入居していたカウナスの建物の銘板
1941年6月23日に臨時政府がラジオを通じて独立回復を宣言したことが刻まれている。臨時政府はこのとき、ユダヤ人のリトアニアからの排除も同時に宣言していた[6]

1941年6月22日、ナチス・ドイツがソ連への侵攻を開始(バルバロッサ作戦)。これと同時にリトアニアでも蜂起が起きたが、臨時政府はその蜂起の初期、6月23日に宣言された[1]。しかし、臨時政府の首相に就任するとされていたリトアニア人行動主義戦線リトアニア語版 (LAF) の指導者カジース・シュキルパリトアニア語版駐独公使は、ドイツ当局によってベルリンの自宅に軟禁されていた[1][6][7]。ドイツ当局がリトアニアの独立を認めなかったためである。もう一人の首相候補であったラポラス・スキピティスリトアニア語版も当時ベルリンにいて、ベルリンを離れることは許されていなかった。そのため、臨時政府教育相のユオザス・アンブラゼヴィチュスリトアニア語版が首相代行を務めることとなった[1][6][7]。アンブラゼヴィチュスを含め、キリスト教民主派が臨時政府の多くを占めていた[7]

臨時政府における人材不足は深刻で、例えば元国防相のヴィータウタス・ブルヴィチュスリトアニア語版6月2日にソ連軍に逮捕されており、国防相には代わりにスタシース・ラシュティキスリトアニア語版将軍が就いた。1941年6月21日(ドイツ軍侵攻開始の前日)、臨時政府のメンバーがソビエトの当局に逮捕された。逮捕されたのは、ヴラダス・ナセヴィチュスヴィータウタス・スタトクスヨナス・マシリューナスリトアニア語版で、彼らはモスクワの刑務所に収容された。彼らに対する裁判は11月26日に行われ(当時のリトアニアはまだナチス・ドイツ占領下)、28日に刑が言い渡された。ブルヴィチュスは死刑、マシリューナス、ナセヴィチュス、スタトクスはシベリア送りとされた。

臨時政府は、ソ連占領前に施行されていたリトアニアの法律を復活させることを決議[7]。また、司法制度も占領以前のものに戻された[7]。そして、財産の私有も再び認められるようになり、土地や家屋、資産、企業などが本来の所有者に返還されたが、ユダヤ人や「リトアニア民族の利益に反する行為に活発に関わった」者はその対象外とされた[8]

軍事組織を必要としていた臨時政府は、6月29日に民族防衛労働大隊リトアニア語版 (TDA) を組織し、TDAを管轄するカウナス軍司令官にユルギス・ボベリスリトアニア語版大佐を任命した[9]。TDAはリトアニア各地でユダヤ人虐殺を行ったことでも知られる[9]。ボベリスは臨時政府に対してユダヤ人強制収容所の設置を求め、臨時政府は6月30日、閣議でこれを了承した[9]。8月1日、臨時政府は、ユダヤ人をゲットーに収容する際の規則(「ユダヤ人地位規則」)などを閣議決定した[10]

ナチス・ドイツとの交渉を望んでいた臨時政府は、ドイツ側から譲歩を引き出そうとして反ユダヤ主義的宣言を出した[11]。これがユダヤ人迫害を容認する内容であったことから、臨時政府に対する現在の評価は大きく分かれていると指摘される[12]。臨時政府は「ドイツとの堅固な同盟のもとで独立国家維持を望む」とドイツ側に伝えた[13]ものの、ナチス・ドイツはこれを承認せず[2][11]、臨時政府は8月5日、ドイツ当局によって活動を禁止させられるに至った[1][2][3]

内閣編集

臨時政府における内閣人員は次のとおり。

役職 氏名 備考
首相 カジース・シュキルパリトアニア語版[14][15] ベルリンにて自宅軟禁されたため就任せず[1][6]
首相代行 ユオザス・アンブラゼヴィチュスリトアニア語版[14][16][15] 兼任[1][6]
教育相
国防相 ヴィータウタス・ブルヴィチュスリトアニア語版 6月2日ソビエトにより逮捕、11月に殺害。
スタシース・ラシュティキスリトアニア語版[14][16][15]
法相 メチスロヴァス・マツケヴィチュスリトアニア語版[14][16] 臨時政府解散後は法務局顧問を務めた[17]
外相 ラポラス・スキピティスリトアニア語版[14][16][15] ベルリンからの移動を許されなかったため就任せず。
内相 ヴラダス・ナセヴィチュスVladas Nasevičius[16][15] 6月21日ソビエトにより逮捕、その後シベリアに送られたため就任せず。
ヨナス・シュレペティースJonas Šlepetys[14][16]
財相 ヨナス・マトゥリョニスリトアニア語版[14][16][15] 臨時政府解散後は財務局顧問を務めた[17]
商務相 ヴィータウタス・スタトクスVytautas Statkus[16][15] 6月21日ソビエトにより逮捕、その後シベリアに送られたため就任せず。
プラナス・ヴァイナウスカスリトアニア語版[14][16] 兼任。
監査院長
工務相 アドルファス・ダムシスリトアニア語版[14][16][18][15]
農相 バリース・ヴィトクスリトアニア語版[14][16][15] 臨時政府解散後は農業局顧問を短期間務めた[17]
労働社会保障相 ユオザス・パヤウイスリトアニア語版[14][16][15]
共同経済相 ヴィータウタス・ランズベルギス=ジェムカルニス[14][16][19][15]
運輸通信相 ヨナス・マシリューナスリトアニア語版 6月21日ソビエトにより逮捕、その後シベリアに送られたため就任せず。
アンタナス・ノヴィツキスAntanas Novickis[14][16]
保健相 クサヴェラス・ヴェンツュスKsaveras Vencius[14][16]
LAF全権代表 レオナス・プラプオレニスリトアニア語版[14]
食料局長 ヴラダス・グルジンスカスリトアニア語版[20]
情報局長 ユオザス・センクスリトアニア語版

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h カセカンプ 2014, p. 217.
  2. ^ a b c 重松 2017, p. 180.
  3. ^ a b エイディンタスほか 2018, p. 316.
  4. ^ (リトアニア語) Jegelevičius, Sigitas (11 June 2004). “1941 m. Lietuvos laikinosios vyriausybės atsiradimo aplinkybės”. Voruta 11 (557). ISSN 1392-0677. オリジナルの2004年8月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20040826213015/http://www.is.lt/voruta/article.php?article=604. 
  5. ^ 重松 2017, p. 182.
  6. ^ a b c d e 重松 2017, p. 177.
  7. ^ a b c d e エイディンタスほか 2018, p. 314.
  8. ^ エイディンタスほか 2018, pp. 314–315.
  9. ^ a b c 重松 2017, p. 178.
  10. ^ 重松 2017, pp. 178–179.
  11. ^ a b エイディンタスほか 2018, p. 315.
  12. ^ 重松 2017.
  13. ^ 重松 2017, pp. 179–180.
  14. ^ a b c d e f g h i j k l m n o Paminėtini 1941 metų įvykiai: Sukilimas ir Laikinoji vyriausybė 1967.
  15. ^ a b c d e f g h i j k Jankauskas 2010, p. 110.
  16. ^ a b c d e f g h i j k l m n o Lietuvos laikinoji vyriausybė”. Visuotinė lietuvių enciklopedija. 2019年7月15日閲覧。
  17. ^ a b c Stanislovas Buchaveckas. “generaliniai tarėjai”. Visuotinė lietuvių enciklopedija. 2019年7月15日閲覧。
  18. ^ 重松 2017, p. 181.
  19. ^ 重松 2017, p. 184.
  20. ^ Vladas Grudzinskas”. Mažosios Lietuvos enciklopedija. 2020年12月18日閲覧。

参考文献編集

  • Jankauskas, Juozas (2010). 1941 m. birželio sukilimas Lietuvoje: Pagrindiniai sukilimo organizatoriai, vadovai, ryšininkai ir pasiuntiniai. Vilnius: Lietuvos gyventojų genocido ir rezistencijos tyrimo centras. ISBN 9786098037050 
  • “Paminėtini 1941 metų įvykiai: Sukilimas ir Laikinoji vyriausybė”. Į laisvę (Lietuvių fronto bičiuliai) nr.40(77) (1967 m. liepos mėn.): 14–15.
  • エイディンタス, アルフォンサス、アルフレダス・ブンブラウスカス、アンタナス・クラカウスカス、ミンダウガス・タモシャイティス 著、梶さやか、重松尚 訳 『リトアニアの歴史』明石書店、2018年。ISBN 9784750346434 
  • カセカンプ, アンドレス 著、小森宏美、重松尚 訳 『バルト三国の歴史——エストニア・ラトヴィア・リトアニア 石器時代から現代まで』明石書店〈世界歴史叢書〉、2014年。ISBN 9784750339870 
  • 重松尚 著「リトアニア臨時政府(1941年)——「抵抗」の歴史とその記憶」、橋本伸也 編 『せめぎあう中東欧・ロシアの歴史認識問題——ナチズムと社会主義の過去をめぐる葛藤』ミネルヴァ書房、2017年、173–194頁。ISBN 9784623080946