リトアニア・キリスト教民主党

かつて存在したリトアニアの政党
議席数の推移
議会における議席数
第二次世界大戦
1922年 - 1923年 38 議席(全 78 議席中)
1923年 - 1926年 40 議席(全 78 議席中)
1926年 - 1927年 30 議席(全 85 議席中)
独立回復後
1990年 - 1992年 2 議席(全 141 議席中)
1992年 - 1996年 10 議席(全 141 議席中)
1996年 - 2000年 16 議席(全 141 議席中)
2000年 - 2004年 2 議席(全 141 議席中)

リトアニア・キリスト教民主党リトアニア語: Lietuvos krikščionių demokratų partija、略称: LKDP)は、かつて存在していたリトアニアキリスト教民主主義政党リトアニア・キリスト教民主派リトアニア語版 (LKD) を経たのち、現在は祖国連合に合併されている。

歴史 編集

第二次世界大戦以前 編集

1905年に設立され、ローマカトリック教会と強い関係を持っていた。1920年代はリトアニアの政治で重要な地位を占めていたものの、1926年に起きたクーデターののち、1936年に活動を中止させられた。またその後、リトアニアがソビエト連邦に併合されたことから1989年までは政党が再設立されることはなかった[1][2][3]

ソ連末期から独立回復後 編集

リトアニアで独立回復の気運が高まっていた1989年、リトアニア・キリスト教民主党が再設立された。独立回復後に行われた1992年リトアニア議会選挙でも結果を残した。1996年の議会選挙では祖国連合=リトアニア保守派 (TS-LK) に次ぐ議席数を獲得した。祖国連合とは連立を組み、選挙後は与党の一員となった。連立は1999年6月に崩壊し、2000年の議会選挙では2議席を獲得するにとどまったが、この選挙での失敗が引き金となり、キリスト教民主連合 (KDS) と合併して新たにリトアニア・キリスト教民主派リトアニア語版 (LKD) が結党されることとなった。

なお、リトアニア・キリスト教民主党は1998年に欧州人民党 (EPP) に加盟した。

その後、リトアニア・キリスト教民主派は2004年リトアニア議会選挙で十分な票を得られず、議席を獲得することができなかった。2008年5月17日にリトアニア・キリスト教民主派は祖国連合と合併し、祖国連合は政党名を祖国連合=リトアニア・キリスト教民主派Tėvynės sąjunga - Lietuvos krikščionys demokratai、略称: TS-LKD)に改めた。

脚注 編集

  1. ^ Ludwikowski, Rett R. (1996). Constitution-Making in the Region of Former Soviet Dominance. Duke University Press. ISBN 0822318024. https://books.google.co.jp/books?id=qw8o0_c0m74C&pg=PA78&lpg=PA78&dq=lithuanian+christian+democratic+party+1905&source=web&ots=mvPyqLURvu&sig=13plYHHT96qeSGNHGT7eGLStBiE&hl=en&redir_esc=y 
  2. ^ Crampton, R. J. and Ben (1996). Atlas of Eastern Europe in the Twentieth Century. Routledge. ISBN 0415066891. https://books.google.co.jp/books?id=97gzDo7A0ZwC&pg=PA93&lpg=PA93&dq=lithuanian+christian+democratic+party+dominated&source=web&ots=QM-KpruqYI&sig=DOta8u9bw71ho41o2YYK6u3BaEw&hl=en&redir_esc=y 
  3. ^ Eidintas, Alfonsas (1991). Lietuvos Respublikos prezidentai. Vilnius: Šviesa. pp. 107–108. ISBN 5-430-01059-6 (リトアニア語)

関連項目 編集

外部リンク 編集