メインメニューを開く

リトル・ニキータ』(原題:Little Nikita)は、1988年制作のアメリカ合衆国の映画リヴァー・フェニックスシドニー・ポワチエらが出演。2人は1993年の映画『スニーカーズ』でも共演している。

リトル・ニキータ
Little Nikita
監督 リチャード・ベンジャミン
脚本 ジョン・ヒル
ボー・ゴールドマン
原案 トム・マスカ
テリー・シュワルツ
製作 ハリー・ギテス
出演者 リヴァー・フェニックス
シドニー・ポワチエ
音楽 マーヴィン・ハムリッシュ
撮影 ラズロ・コヴァックス
編集 ジャクリーン・キャンバス
製作会社 コロンビア映画
配給 アメリカ合衆国の旗日本の旗 コロンビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1988年3月10日
日本の旗 1988年6月25日
上映時間 97分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $15,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $1,733,070[2]
テンプレートを表示

あらすじ編集

カリフォルニアに住む愛国的な高校生ジェフは高校卒業後、軍への入隊を決意、両親に内緒で空軍士官学校に入学願書を出す。

しかし、この事によって、彼の両親リチャードとエリザベスがソ連のスパイではないかという疑惑が持ち上がり、FBIのパーメンター捜査官は彼らの身辺調査を行う。

実はリチャードとエリザベスは、ソ連から送り込まれたスパイで、指令が下るまでは一般市民として普通の生活をしている、いわゆる“スリーパー”だった。ジェフはパーメンターから両親の秘密と自分の本名が“ニキータ”である事を知り、ショックを受け、両親と国家の間で揺れ動く。

その頃、かつて自らが送り込んだスリーパーたちに連絡をとるため、KGB工作員のコンスタンティンがアメリカに潜入した。

やがてジェフはコンスタンティンに誘拐され、スパイ戦に巻き込まれていく。

キャスト編集

脚注編集

外部リンク編集