ラズロ・コヴァックス

Flag of Hungary.svg この項目では、印欧語族風に、名前を名姓順で表記していますが、ハンガリー語圏の慣習に従いコヴァーチ・ラースローと表記することもあります。

ラズロ・コヴァックスLaszlo Kovacs, 1933年5月14日 - 2007年7月22日)は、ハンガリー出身の撮影監督。本名はハンガリー語読みでコヴァーチ・ラースローKovács László, [ˈlaːsloː ˈkovaːtʃ])となる。初期の頃はレスター・コヴァックスLester Kovacs)、またはレスリー・コヴァックスLeslie Kovacs)とクレジットされた。

ラズロ・コヴァックス
Laszlo Kovacs
本名 Kovács László
生年月日 (1933-05-14) 1933年5月14日
没年月日 (2007-07-22) 2007年7月22日(満74歳没)
出生地 ハンガリーの旗 ハンガリー フェイェール県ツェツェ
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ビバリーヒルズ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 撮影監督
主な作品
イージー・ライダー
ファイブ・イージー・ピーセス
未知との遭遇
ゴーストバスターズ

目次

来歴編集

ハンガリーフェイェール県のツェツェに生まれる。ブダペストの大学で撮影技術を学ぶ。ここでヴィルモス・スィグモンドと知り合い、生涯の親友となった。

1956年ハンガリー動乱が起きた際にはアーノルド&リヒターカメラモノクローム35mmフィルムで撮影[1][2]、動乱鎮圧後の11月、そのフィルムを持ってオーストリアへ脱出、翌1957年アメリカ合衆国亡命した。フィルムはその後1961年CBSテレビドキュメンタリー番組として放送された(ナレーターウォルター・クロンカイト)。

1963年アメリカ合衆国の市民権を取得。いくつかの仕事を転々とした後、同じくアメリカに逃れて来たヴィルモス・スィグモンドと共にB級映画から撮影技師としての活動を始める。1969年、『イージー・ライダー』の撮影を担当して名を上げ、アメリカン・ニューシネマの撮影を多く担当したほか、話題作やB級映画、ドキュメンタリー映画まで幅広い映画の撮影を手掛けた。2002年全米撮影監督協会から特別功労賞を授与された[3]

2007年7月22日ビバリーヒルズの自宅で就寝中に死去。74歳。

主な作品編集

文献編集

  • Ray Zone, New Wave King, The Cinematography of Laszlo Kovacs, ASC (2002), ASC Holding Corp., ISBN 0-935578-19-6
  • Masters of Light - Conversations with cinematographers (1984) Schaefer, S & Salvato, L., ISBN 0-520-05336-2

脚注編集

  1. ^ Bob Fisher, "Laszlo Kovacs, ASC... It’s a Wonderful Life", ICG Magazine, International Cinemaographers Guils, December 1998
  2. ^ Schaefer, Dennis; Larry Salvato (1986). “Vilmos Zsigmond”. Masters of Light: Conversations with Contemporary Cinematographers. University of California Press. p. 311. ISBN 978-0-520-05336-6. http://books.google.com/books?id=bMZKXMjOmusC&pg=PA311. 
  3. ^ Laszlo Kovacs - Trivia imdb.com

関連項目編集

関連文献編集

外部リンク編集