リメー

フランスのイル=ド=フランス地域圏イヴリーヌ県のコミューン

リメー (Limay)は、フランスイル=ド=フランス地域圏イヴリーヌ県コミューン

Limay
Blason Limay01.svg
Vieux pont de Limay01.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) イル・ド・フランス地域圏
(département) イヴリーヌ県
(arrondissement) マント=ラ=ジョリー郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 78335
郵便番号 78520
市長任期 エリック・ルーロ
2008年-2014年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes des Coteaux du Vexin
人口動態
人口 16 302人
2010年
人口密度 1 420人/km2
住民の呼称 Limayens/Limayennes
地理
座標 北緯48度59分39秒 東経1度44分12秒 / 北緯48.9941666667度 東経1.73666666667度 / 48.9941666667; 1.73666666667座標: 北緯48度59分39秒 東経1度44分12秒 / 北緯48.9941666667度 東経1.73666666667度 / 48.9941666667; 1.73666666667
標高 最低:17 m
最高:137 m
面積 11.48km2
Limayの位置(フランス内)
Limay
Limay
公式サイト ville-limay.fr
テンプレートを表示

地理編集

ヴェクサン・フランセーズ地方にありセーヌ川右岸沿いに位置する、小さな工業のまちである。マント=ラ=ジョリーと向かい合い、パリの西約52kmのところにある。コミューンの領域にはセーヌ川に浮かぶリメー島の大部分が含まれている。

コミューンは南のセーヌ川に向かって開けた広大な円形闘技場のようになっている。北から南にかけては建物の3階相当で、標高130mから115mの緩やかな傾斜の高原となり、続いて急峻な斜面に移行する。下部に広がる谷は標高20mから30mである。

交通編集

  • 道路 - 県道983号線、県道190号線。セーヌ川に2本の橋が架かっており、マント=ラ=ジョリーにあるA13のインターチェンジへ行くことができる。
  • 鉄道 - サン・ラザール駅アルジャントゥイユ経由マント=ラ=ジョリー行き、リメー島の高架橋を渡るコンフラン=サントノリーヌ行きの2路線がある。まちの南部にあるリメー駅にはトランジリアン路線電車が停車する。
  • 水上交通 - 南部に川港がある。港の管理は公的機関であるパリ自治港(fr)が行っている

歴史編集

リメーには先史時代から人が定住している。コミューンからは磨かれた石、斧、矢尻など考古学的発掘品が出土している。ローマによる征服以前は、ケルト系のウェリオカセス族が占領しており、ガリア・ベルギカに属していた。

1376年、シャルル5世がリメーにケレスティヌス派修道院を設立した。この修道院は岩やサントーバンの採石場の間に位置し、聖なる三位一体に捧げられていた。修道院はフランス革命時代に取り壊された[1]。1614年、マリー・ド・メディシスによってまちの外にカプチン会の修道院建設が始められている。修道院の建設資材に利用されたのは、マント要塞の石だった。

人口統計編集

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年
5082 6615 9024 10129 12660 15695 15779

参照元:1962年以前EHESS[2]、1968年以降INSEE[3] · [4]

経済編集

産業廃棄工場、浄水場、再生プラスチック製造、バイオ燃料精製工場などがある

ゆかりの人物編集

脚注編集

  1. ^ « Découvrir Limay », sur ville-limay.fr
  2. ^ « Des villages de Cassini aux communes d'aujourd'hui », sur site de l'École des hautes études en sciences sociales (consulté le 21 avril 2011)
  3. ^ « Évolution et structure de la population (de 1968 à 2007) », sur Insee (consulté le 21 avril 2011)
  4. ^ « Recensement de la population au 1er janvier 2008 », sur Insee (consulté le 21 avril 2011)