メインメニューを開く

リュバン・ボージャン(Lubin Baugin, ピティヴィエ、1612年頃-パリ、1663年)は、17世紀フランス画家宗教画静物画などが現存している。

リュバン・ボージャン
Lublin Baugin Die fuenf Sinne.jpg
『チェス盤のある静物』(1630年頃) ルーヴル美術館
生誕 1612年
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国ピティヴィエ
死没 1663年
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国パリ

生涯編集

リュバン・ボージャンは1612年頃にピティヴィエの裕福な家系に生まれた。1622年から1628年の間に画家としての訓練を受け、1629年にサン=ジェルマン=デ=プレの画家親方として認められている[1]。1632年から33年頃にイタリアに向かい、その後ローマに滞在している。この間に最初の結婚をして息子と娘一人ずつをもうけている。この時期の彼の作品には、コレッジオグイド・レーニラファエロパルミジャニーノといったイタリアの画家たちの影響が見られる。

1641年の時点ではパリに戻っている。1643年から1648年頃にはノートルダム寺院のための大作の依頼を受けている。また、1650年には当時の大蔵卿パルティセリ・デムリイーからの依頼を受けた記録が残っている。

ギャラリー編集

参照編集

  1. ^ Bénézit et al. 2006, p. 1348.

参考資料編集

  • Bénézit, E., Busse, J., Dorny, C., Murray, C. J., & Beaulah, K. (2006). Dictionary of artists. Paris: Gründ. ISBN 2700030702

外部リンク編集