リュボミール・ピプコフ

リュボミール・ピプコフキリル文字:Любомир Панайотов Пипков, ラテン文字:Ljubomir Panayotov Pipkov, 1904年9月4日 - 1974年5月9日)は、ブルガリア作曲家

ロヴェチ出身。父は作曲家のパナヨト・ピプコフソフィアの音楽アカデミーで学んだ後、1926年から1932年までパリに留学して、エコールノルマル音楽院ポール・デュカスナディア・ブーランジェ作曲を師事した。帰国後、ソフィア歌劇場のコレペティートル合唱指揮者となり、最終的に音楽監督になった。1948年から音楽アカデミーの声楽の教授を務めた。

作品には4つの交響曲ピアノ協奏曲ヴァイオリン協奏曲チェロ協奏曲クラリネット協奏曲室内楽曲オラトリオカンタータ、ピアノ曲、合唱曲、歌曲映画音楽などがある。

文献編集

  • Почетните граждани на Ловеч, Регионален исторически музей — Ловеч, съставител Капка Кузманова, ИК „Витал“, Велико Търново, 2009, ISBN 978-954-8259-84-2
  • "Книга за операта", Любомир Сагаев, Държавно издателство „Музика“, София, 1976