メインメニューを開く

リリーカードとは、1988年から2003年まで名古屋市交通局で使われていた乗車カードである。2003年3月の使用停止後、残高を移し替えたユリカと交換するサービスを行っていたが、2006年3月31日をもってユリカとの交換が終了し、以後無効となった。

名称は英語ユリ名古屋市の花)を意味する「リリー(lily)」から来ている。

目次

概要編集

リリーカードは、磁気カードによるプリペイドカード式の乗車カードで、名古屋市交通局の市バス地下鉄で利用することができた。

地下鉄に乗車するときは、「カードが利用できる自動券売機」にリリーカードを投入し、普通乗車券に引き換えて使用した。また、「のりこし自動精算機」で乗車券の不足金額の支払いにリリーカードを使用することもできた。ユリカとは異なり、カードを直接自動改札機に投入することはできなかった。

バスに乗車するときは、料金箱のカードリーダーに直接投入して使用した。1992年4月からは名古屋市営バスと名鉄バスが運行する基幹バス2号系統でリリーカードとパノラマカードの相互共通利用ができた。

有効期限は無く、残額がある間はいつまでも使用可能であった[1][2]1998年5月6日にユリカが導入され、以後リリーカードは段階的に発売停止、使用停止、同額のユリカとの交換も終了となった。

カードの種類編集

  • リリーカード500(発売額: 500円、500円分使用可能)
  • リリーカード1000(発売額: 1,000円、1,000円分使用可能)
  • リリーカード3200(発売額: 3,000円、3,200円分使用可能)
  • リリーカード5400(発売額: 5,000円、5,400円分使用可能)

昼間割引券はなかった。通常柄のカードの他に、絵柄を指定できるものもあった。

「モデルタイプ」
あらかじめ用意された絵柄うち好きなものを選択し、自由にメッセージやイラストを入れることができた。最低50枚から印刷された。
「フリータイプ」
絵柄や文字を自由にデザインすることができた。最低300枚から100枚単位で印刷された。
「百合のカードにメッセージ印刷」
通常柄の「リリーカード500」に自由にメッセージを追加することができた。最低10枚から印刷された。

歴史編集

参考文献編集

  • 名古屋市 「市バス地下鉄ガイド」『広報なごや No.508 特集号』 1990年4月
  • 名古屋市交通局 『交通局ニュース No.99』 1992年3月
  • 名古屋市交通局 『交通局ニュース No.113』 1995年8月
  • 名古屋市交通局 『交通局ニュース No.118』 1996年10月
  • 名古屋市交通局 『市バス・地下鉄ニュース』 1998年5月

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 『広報なごや No.508』(市バス地下鉄ガイド)には「たまにご利用される方へ リリーカードは、有効期限はありません。安心してご利用ください。」との記載がある。
  2. ^ 『交通局ニュース No.118』には「有効期限はありませんので、残額がある間はご使用いただけます。」との記載がある。