リール宮殿美術館

リール宮殿美術館(リールきゅうでんびじゅつかん、フランス語: Palais des Beaux-Arts de Lille)は、フランスリールにある市立美術館であり、フランスで有数の大規模の美術館である。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg リール宮殿美術館
Palais des Beaux-Arts de Lille
Lille palais des beaux arts.jpg
リール宮殿美術館の位置(リール (フランス)内)
リール宮殿美術館
リール (フランス)内の位置
リール宮殿美術館の位置(フランス内)
リール宮殿美術館
リール宮殿美術館 (フランス)
施設情報
専門分野 美術
収蔵作品数 72,430点(2015年)
来館者数 301,073人(2015年)
開館 1809年
所在地 59000
フランスの旗 フランス リール
位置 北緯50度37分50秒 東経3度03分45秒 / 北緯50.63056度 東経3.06250度 / 50.63056; 3.06250座標: 北緯50度37分50秒 東経3度03分45秒 / 北緯50.63056度 東経3.06250度 / 50.63056; 3.06250
外部リンク http://www.pba-lille.fr/
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

概要編集

19世紀初め、ナポレオン1世の勅令により、美術の普及のため、美術館の建設が命じられた。1801年の指令により、リールを含む15都市が選ばれ、教会やフランス軍の占領地域からの押収品が移送された。画家ルイ・ジョセフ・ワトーが最初に収蔵品を整理し、息子フランソワ・ワトーが1808年から1823年にかけて副キュレーターを務めている。

美術館は1809年に開館し、当初は接収された教会の建物が使用されていたが、その後市の施設に移された。1866年、ジャン=バティスト・ウィカーのコレクションを集めた「ウィカー美術館」が統合された。現在のベル・エポック風の建物の建築が始まったのは1885年で、当時のリール市長ゲリー・レグランがこれを主導した。建物は1892年に完成した。建築家は、パリ出身のエドゥアール・ベラールとフェルナン・エティエンヌ=シャルル・デルマである。リール市中心部のレピュブリク広場に位置する。

1990年代に改修工事が行われ、1997年に再オープンした。これによって、地下に700平方メートルのスペースが新たに生まれ、特別展や、レリーフ、19世紀彫刻の展示などに用いられている。

美術館全体の面積は22,000平方メートル、2015年現在の収蔵作品数は72,430点に上り、大規模な美術コレクションとなっている。ラファエロドナテッロヴァン・ダイクジェームズ・ティソヨルダーンスレンブラントゴヤエル・グレコダヴィッドコロークールベトゥールーズ=ロートレックドラクロワルーベンスロダンカミーユ・クローデルシャルダンなどの作品を収蔵している。

ギャラリー編集

外部リンク編集