ルイジアナ買収(ルイジアナばいしゅう、Louisiana Purchase)、またはルイジアナ売却(ルイジアナばいきゃく、Vente de la Louisiane)は、1803年アメリカフランスから210万平方キロメートルを超える領地を1500万ドル(現金1125万ドルと当時の借入金375万ドルを帳消しした。)で買収した出来事である。

ルイジアナ買収の対象地域(緑) 地図と州区分は21世紀のもの

資金はオランダホープ商会イギリスベアリング家ファイナンスしている。つまりアメリカ国債で支払われたため、両家が割り引いて現金化した。両家とフランスの関係はナポレオン戦争終結後も続き、1817年に両家は年利8.13パーセントから9.52パーセントでフランス国債を引き受けている。

概要編集

当時の「フランス領ルイジアナ」は主にミシシッピ川流域の広大な領地で、現在のアイオワアーカンソーオクラホマカンザスコロラドサウスダコタテキサスニューメキシコネブラスカノースダコタミズーリミネソタモンタナルイジアナワイオミングの15州にまたがる。

3代目アメリカ合衆国大統領トーマス・ジェファーソンは、当初はフランス領ニューオーリンズを領有したいと考えていた。ニューオーリンズはミシシッピ川の河口に位置し、物流の拠点として重要な街となっていた。

ジェファーソンは1802年に特使をパリに派遣し、ニューオーリンズ買収を提案した。当時フランスはナポレオンの執政下にあり、イギリスとは敵対していた。イギリスがカナダからルイジアナに侵攻した場合、これを防衛することはそもそも無理と結論したナポレオンは、むしろこれを売却してこれで得た利益を大陸での戦費に当て、さらにアメリカのヨーロッパ政策をフランス寄りにすることができることも期待して、ルイジアナを破格の1500万ドルでアメリカに売却することを決定した。

これを受けて1803年4月30日に売却に関する条約が交わされた。アメリカ合衆国の領土はこれにより、この当時で2倍になった(現在でも全領土の23パーセントに相当する)。

ルイジアナ買収200周年編集

2003年にルイジアナの買収から200周年を迎え、これに合わせて様々な記念行事が行われた。しかし、フランスのジャック・シラク大統領とアメリカのジョージ・W・ブッシュ大統領イラク戦争をめぐって対立していたため、両者は参加しなかった。

関連項目編集

外部リンク編集