ルイス・デ・モラレス

ルイス・デ・モラレスLuis de Morales, 1510年? - 1586年5月9日)は、スペインの宗教画家エストレマドゥーラバダホスの生まれで、スペイン黄金時代美術の画家である。

ルイス・デ・モラレス『聖母子 Virgen con Niño 』(プラド美術館

彼の作品のほとんどは宗教的題材を扱ったもので、イエス・キリストの幼児期や受難が大画面に描かれている。

画家の作風には、中世後期の絵画にフランドル絵画の写実技法、そして画家がバレンシア(スペインにおいて、イタリア・ルネサンス様式が流入した都市)で習得したレオナルド・ダ・ヴィンチスフマート技法が組み合わされている[1]

画家は、「聖なるモラレス (スペイン語で、El Divino)」と呼ばれるが、その理由は、画家の技術と色鮮やかな写実性とともに、その絵から伝わる崇高な精神性からである。

代表作編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ プラド美術館ガイドブック、2009年刊行、48項参照 ISBN 978-84-8480-189-4 2021年4月7日閲覧