ルイス・ワトソン (第2代ロッキンガム伯爵)

第2代ロッキンガム伯爵ルイス・ワトソン英語: Lewis Watson, 2nd Earl of Rockingham1709年1745年11月4日)は、グレートブリテン王国の貴族。1722年から1724年までソンズ子爵儀礼称号を使用した。

生涯編集

ソンズ子爵エドワード・ワトソン英語版とキャサリン・タフトン(Catherine Tufton)の長男として、1709年に生まれた[1]。1722年に父が早世[1]、1724年に祖父初代ロッキンガム伯爵ルイス・ワトソンが死去すると爵位を継承した[2]。1737年から1745年までケント統監英語版を務めた[2]

1736年4月10日、第2代準男爵ロバート・ファーニーズ英語版の娘キャサリンと結婚したが、2人の間に子供はいなかった[1]

1745年12月4日に死去、ロッキンガム英語版で埋葬された[2]。子供がいなかったため、弟トマスが爵位を継承した[1]。妻キャサリンは初代ギルフォード伯爵フランシス・ノースと再婚した[2][3]

脚注編集

  1. ^ a b c d Burke's Peerage, Baronetage and Knightage (英語) (99th ed.). London: Burke's Peerage Limited. 1949. p. 557.
  2. ^ a b c d Cokayne, George Edward, ed (1895) (英語). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (N to R). 6 (1st ed.). London: George Bell & Sons. p. 385. https://archive.org/details/completepeerage06cokahrish/page/n386 
  3. ^ Hasted, Edward (1798). "Parishes". The History and Topographical Survey of the County of Kent (英語). Institute of Historical Research. 6: 499–531. 2014年3月10日閲覧
名誉職
先代:
レスター伯爵
ケント統監英語版
1737年 – 1745年
次代:
ロッキンガム伯爵
グレートブリテンの爵位
先代:
ルイス・ワトソン
ロッキンガム伯爵
1724年 – 1745年
次代:
トマス・ワトソン