ルイージ・アラマンニ

ルイージ・アラマンニ: Luigi AlamanniまたはAlemanni1495年3月6日 - 1556年4月18日)は、イタリアフィレンツェ出身で、フランス宮廷に仕えた詩人政治家ルイジ・アラマンニとも表記される。

ルイージ・アラマンニ

アラマンニの父は当時イタリアで銀行家、政治家として権力を持っていたメディチ家を支持していたが、一方のアラマンニはメディチ家がフィレンツェ支配しようとしたため反抗し、絞首刑を宣告された[1][2]

その後は絞首刑を逃れるためにフランスに亡命し、ヴァロワ朝第9代フランス王フランソワ1世に仕えた。

1546年亡命者の心情が綴られている『濃耕(La Coltivazione)』を著した。

1548年、フランスに伝わる古典的な物語モデルとした騎士道に関する詩『有徳の士ジローネ(Girone il Cortese)』を著す。

1670年頃には古代ギリシア吟遊詩人であるホメーロスの長編叙事詩イーリアス』を真似た作品『アバルキーデ(Avarchide)』を著した。

1556年4月18日、フランスのアンボワーズで亡くなる。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 高津ほか 1973, p. 24.
  2. ^ 川名公平. “アラマンニ”. 日本大百科全書(ニッポニカ)(コトバンク). 2019年6月2日閲覧。

参考文献編集

外部リンク編集

  • アラマンニ』 - コトバンク
  •   この記事にはアメリカ合衆国内で著作権が消滅した次の百科事典本文を含む: Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Alamanni, Luigi". Encyclopædia Britannica (英語). 1 (11th ed.). Cambridge University Press. p. 468.