ルキウス・アウレリウス・オレステス (紀元前126年の執政官)

古代ローマの執政官


ルキウス・アウレリウス・オレステス(Lucius Aurelius Orestes)はプレブス(平民)出身の共和政ローマの政治家・軍人。紀元前126年執政官(コンスル)を務めた。サルディニアの反乱を鎮圧した。

ルキウス・アウレリウス・オレステス
L. Aurelius L. f. L. n. Orestes
出生 不明
死没 不明
出身階級 プレブス
氏族 アウレリウス氏族
官職 法務官紀元前129年以前)
執政官紀元前126年
指揮した戦争 サルディニア反乱鎮圧
テンプレートを表示

出自編集

オレステスが属するアウレリウス氏族が勃興したのは比較的遅く、紀元前3世紀の半ばになって重要な公職につくようになった(氏族で最初に執政官になったのは、紀元前252年のガイウス・アウレリウス・コッタ)。従って、紀元前2世紀にはすでに十分な財力と影響力を有していたものの、いわゆるノビレス(新貴族)とみなされていた[1]凱旋式のファスティによれば父も祖父もプラエノーメン(第一名、個人名)はルキウスである[2]。このため、オレステスは紀元前157年の執政官ルキウス・アウレリウス・オレステスの息子であると考えられる[3]

経歴編集

オレステスの初期の経歴は不明である。しかし、ウィッリウス法(en)の規定と執政官に就任したときから逆算して、遅くとも紀元前129年には法務官(プラエトル)に就任していたはずである。紀元前126年に執政官に就任、同僚はパトリキ(貴族)出身のマルクス・アエミリウス・レピドゥスであった[3]

当時サルディニアでは反乱が発生しており、この鎮圧のためにオレステスが派遣された[4]。彼の部下には財務官(クァエストル)を務めていた[5]若きガイウス・グラックスグラックス弟)と、マルクス・アエミリウス・スカウルスがいた。両者共にサルディニアからその政歴を開始したことになる[6]。ローマ軍は冬季衣服が不足しており、このため冬季に大変な困難に陥いる可能性があった。サルディニア都市はローマ軍への衣服提供を拒否したが、これは元老院の承認を得ての高位であった。このときに、グラックスはサルディニア中を歩き回って支援を求め、この困難を救っている。ヌミディアミキプサも独自の判断でローマ軍に穀物を提供しているが、これもグラックスに敬意を払ってのことだった。その後、元老院はグラックスの人気に懸念を抱き、サルディニア遠征軍を交代させることとした。しかし、オレステスは前執政官(プロコンスル)としてその後も数年間サルディニアに留まったが、グラックスはローマへ戻った[7]。オレステスは紀元前122年にようやくローマに戻り、凱旋式を実施している[3]。オレステスのその後に関しては不明である。

キケロはオレステスが弁論家として尊敬されていたと書いている。にも関わらず、スキピオ・アエミリアヌスガイウス・ラエリウス・サピエンスの時代には、彼の名前は「著名でない弁論家」にリストされている程度である。彼の演説の原文は、キケロが『ブルトゥス』を著述した紀元前46年までは保存されていた[8]

子孫編集

同名の息子ルキウス・アウレリウス・オレステスは、紀元前103年に執政官を務めている[9]

小説編集

オレステスはミリィ・イェジエルスキーの小説『グラックス兄弟』の主要な登場人物の一人である。

脚注編集

  1. ^ Egorov A., 2014 , p. 87.
  2. ^ 凱旋式のファスティ
  3. ^ a b c Clebs E. "Aurelius 180", 1896, s. 2515.
  4. ^ ティトゥス・リウィウス『ローマ建国史』、Pereches, 60.
  5. ^ プルタルコス対比列伝グラックス兄弟』、22.
  6. ^ セクストゥス・アウレリウス・ウィクトル『著名な人々について』、72, 3.
  7. ^ プルタルコス対比列伝グラックス兄弟』、23.
  8. ^ マルクス・トゥッリウス・キケロ『ブルトゥス』、94.
  9. ^ Clebs E. "Aurelius 181", 1896, s. 2515.

参考資料編集

古代の資料編集

現代の研究書編集

  • Egorov A. "Julius Caesar. Political biography" - St. Petersburg. : Nestor-History, 2014. - 548 p. - ISBN 978-5-4469-0389-4 .
  • Clebs E. "Aurelius 180" // RE. - 1896. - T. II, 2 . - P. 2515 .
  • Clebs E. "Aurelius 181" // RE. - 1896. - T. II, 2 . - P. 2515 .
  • Broughton T. "Magistrates of the Roman Republic" - New York, 1951. - Vol. I. - P. 600.

関連項目編集

公職
先代:
ルキウス・コルネリウス・キンナ
ルキウス・カッシウス・ロンギヌス・ラウィッラ
執政官
同僚:マルクス・アエミリウス・レピドゥス
紀元前126年
次代:
マルクス・フルウィウス・フラックス
マルクス・プラウティウス・ヒュプサエウス