ルキウス・センプロニウス・アトラティヌス (紀元前444年の補充執政官)

ルキウス・センプロニウス・アトラティヌスラテン語: Lucius Sempronius Atratinus、生没年不詳)は共和政ローマの政治家・軍人。紀元前444年に補充執政官を務めた。また一説によると共和政ローマ初のケンソルでもある。

Rmn-social-header-1-.svg
ルキウス・センプロニウス・アトラティヌス
L. Sempronius (A. f.[1]) Atratinus
出生 不明
死没 不明
出身階級 パトリキ
氏族 センプロニウス氏族
官職 補充執政官(紀元前444年)
ケンソル(紀元前443年)
テンプレートを表示

経歴編集

補充執政官編集

紀元前444年、共和政ローマ初の執政武官として3人が選出されたが、選挙に瑕疵があり就任3ヶ月で全員辞職した[2]。辞任後は補充執政官選出のためインテルレクス制となり、ティトゥス・クィンクティウス・カピトリヌス・バルバトゥスがインテルレクスの時に、アトラティヌスは同僚のルキウス・パピリウス・ムギッラヌスと共に補充執政官に選出された[3]ディオニュシオスによれば、アトラティヌスは辞職した執政武官の一人、アウルス・センプロニウス・アトラティヌスの兄弟であるという[4]

執政武官の辞任後、この前年の紀元前445年に離反していたアルデアから和平交渉の使者がきていた[5]。補充執政官はアルデアとの和平協定に調印したという。リウィウスによると、アトラティヌスら補充執政官の名前はどの年代記にも名簿にもなかったが、リキニウス・マケルがこのアルデアとの協定文書と、モネータ神殿に保管されていた公文書に彼らの名前を見つけたとする説を紹介している[6]。ディオニュシオスもこの年の記録は執政武官と執政官のどちらかか、両方書いてあるかマチマチであり、ある神聖な記録を根拠におそらく両方いたのであろうとしている[7]

ケンソル編集

紀元前443年も執政官制となり、ベテランが選出された。しかし執政官2人は対外政策に忙しく、長年ケンスス (戸口調査) が行われていなかった。そのため、元老院はケンススを専門に行う職の新設を決定した。ケンススは最後に神々に生贄を捧げるルーストルム (清めの儀式) を行う必要があり、この時点ではプレブスには神聖な儀式を行うことが出来ない[注釈 1]ため、必然的にパトリキの役職が増える事になる。こうして、新たな職には前補充執政官のムギッラヌスとアトラティヌスが選出され、ケンススを行うのでケンソル (監察官) と呼ばれた。リウィウスは、彼らが補充執政官となったかは疑問の余地はあるものの、執政官の任期の埋め合わせ[注釈 2]であったのだろうとしている[8]。ディオニュシオスによれば、紀元前459年に行われた10回目のルーストルム[9][注釈 3]から17年間ケンススが行われていないため、執政官がケンスス新設を提言したとしている[10]。また、キケロは『縁者・友人宛書簡集』の中で、ルキウス・パピリウス・ムギッラヌスは、ローマ建国紀元312年にルキウス・センプロニウス・アトラティヌスと共にケンソルを務めた、と記している[11]。彼らは11回目のルーストルムを行った[12]

モムゼンベロッホ、Robert Vincent Cramといった研究者はこのケンソルの存在を疑っており、ロイツニルソンといった肯定的な研究者は、執政武官制度とケンソルの新設を結びつけて考えている[13][注釈 4]

注釈編集

  1. ^ プレブスに神官職が解放されるのは紀元前300年オグルニウス法まで待たねばならない
  2. ^ 執政官の任期は通常1年。補充執政官として前執政武官の任期を引き継いだためそれに満たなかった
  3. ^ 117,319人が市民登録された
  4. ^ 記録ではしばらくケンソルと執政武官の区分があいまいで、このケンソルの任期がおそらく一年未満であり、次回の紀元前435年カンプス・マルティウスに施設が建てられ、任期が一年半となるなど形式が整った

出典編集

  1. ^ Broughton, p.53.
  2. ^ リウィウス, 4.7.1-3.
  3. ^ リウィウス, 4.7.7-10.
  4. ^ ディオニュシオス『ローマ古代誌』11.62.2
  5. ^ リウィウス, 4.7.4-7.
  6. ^ リウィウス, 4.7.11-12.
  7. ^ ディオニュシオス『ローマ古代誌』11.62.3
  8. ^ リウィウス, 4.8.
  9. ^ リウィウス, 3.24.10.
  10. ^ ディオニュシオス『ローマ古代誌』11.63
  11. ^ Cicero, Epistulae ad Familiares, 9.21
  12. ^ de Boor, p.3.
  13. ^ Broughton, p.54.

参考文献編集

  • ティトゥス・リウィウスローマ建国以来の歴史 2』岩谷智訳、京都大学学術出版会、2016年。
  • T. R. S. Broughton (1951, 1986). The Magistrates of the Roman Republic Vol.1. American Philological Association 
  • Carl de Boor (1873). Fasti Censorii. Apud Weidmannos. OCLC 28619073 

関連項目編集

公職
先代:
執政武官
アウルス・センプロニウス・アトラティヌス
ルキウス・アティリウス・ルスクス
ティトゥス・クロエリウス・シクルス
紀元前444年
補充執政官
同僚:ルキウス・パピリウス・ムギッラヌス
紀元前444年
次代:
執政官
マルクス・ゲガニウス・マケリヌス II
ティトゥス・クィンクティウス・カピトリヌス・バルバトゥス V
先代:
紀元前459年 X
ケンソル
同僚:ルキウス・パピリウス・ムギッラヌス
紀元前443年 XI
次代:
ガイウス・フリウス・パキルス・フスス
マルクス・ゲガニウス・マケリヌス
紀元前435年 XII