メインメニューを開く

ルッジェーロ3世(Ruggero III, 1175年 - 1193年12月24日)は、オートヴィル朝シチリア王(在位:1193年)。シチリア王タンクレーディと王妃シビッラ(Sibilla)の息子で、1193年に父との共同統治王として王位につき、また東ローマ皇帝イサキオス2世アンゲロスの皇女イレーネー・アンゲリナと結婚したが、同年に病死した。その後、タンクレーディも死に、ルッジェーロの弟のグリエルモ3世が母シビッラの摂政の下で王位を継ぐこととなった。

ルッジェーロ3世
Ruggero III
シチリア王
Tankred syni.jpg
ルッジェーロ3世(中央)、父タンクレーディ(右)および弟グリエルモ(左)、ほぼ同時期の描画
在位 1193年(父と共治)

出生 1175年
死去 1193年12月24日
配偶者 イレーネー・アンゲリナ
王家 オートヴィル家
王朝 オートヴィル朝
父親 タンクレーディ
母親 シビッラ・ディ・アチェッラ
テンプレートを表示