メインメニューを開く

ル・ブルジェ空港

フランスのパリ郊外にある空港

ル・ブルジェ空港(フランス語:Aéroport Le Bourget、英語:Le Bourget Airport)はフランスパリ郊外にある空港。空港の位置は現在セーヌ=サン=ドニ県ヴァル=ドワーズ県にまたがっている。

ル・ブルジェ空港
Aéroport de Paris-Le Bourget
Tarmac de l'aéroport du Bourget à Paris.jpg
IATA: LBG - ICAO: LFPB
概要
国・地域 フランスの旗 フランス
所在地 ル・ブルジェ
母都市 パリ
種類 公共用
運営者 アエロポール・ドゥ・パリフランス語版
標高 67 m
座標 北緯48度58分10秒 東経002度26分29秒 / 北緯48.96944度 東経2.44139度 / 48.96944; 2.44139座標: 北緯48度58分10秒 東経002度26分29秒 / 北緯48.96944度 東経2.44139度 / 48.96944; 2.44139
地図
フランスの空港位置図
フランスの空港位置図
LFPB
フランスの空港位置図
滑走路
方向 長さ (m) 表面
03/21 2,665 歴青コンクリート
07/25 3,000 歴青コンクリート
09/27 1,845 歴青コンクリート
出典: フランスAIP[1]
French AIP at EUROCONTROL[2]
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

目次

概要編集

パリで最初の本格的空港編集

 
1930年代のル・ブルジェ空港

パリで最初、そしてフランスで最初の本格的空港として、パリ郊外北方のセーヌ=サン=ドニ県のル・ブルジェ1919年に開港した。

その後1932年にパリの南方にオルリー空港が開港するまでの間、パリで唯一の国際空港として、SGTAやエール・オリアン、アエロポスタル航空などのフランスの航空会社のハブ空港として機能するほか、ヨーロッパ各国から多くの航空会社が乗り入れていた。

1927年アメリカ人のチャールズ・リンドバーグが世界初の大西洋無着陸横断飛行を行ったときに着陸したことで知られている他、1937年には日本神風号東京立川飛行場ロンドンの間を結ぶ世界記録飛行の際に立ち寄った。

現在編集

第二次世界大戦後暫くの間は、オルリー空港とともにパリの主要空港として使用され、主に国内線や近距離国際線に使用されていた。1974年にロワシー・アン・フランスにシャルル・ド・ゴール国際空港が完成して以降、定期旅客便はそちらに移行した。

現在は、プライベート機の発着や初夏に行われるパリ航空ショーの会場として知られている。隣接するル・ブルジェ航空宇宙博物館には、コンコルドをはじめとする過去のフランス製の各種航空機やロケット、武器などが多数保存されている。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集