メインメニューを開く
ルーカス・ファン・レイデン(自画像)

ルーカス・ファン・レイデン(Lucas van leyden、1494年1533年8月8日)は、ネーデルラント(現・オランダ)の画家版画家。ルーカス・フアン・ライデンともいわれる。ネーデルラントにおけるルネサンス期を代表する画家であった。

来歴編集

ライデンに生まれた。父の指導を受け、ついでC・エンゲブレヒツに師事し12歳の時からエングレービング版画家として活躍した。1521年にアントウェルペンで出会ったアルブレヒト・デューラーの影響のもと、遠近法や自然の細部描写を使用した銅版画を多く制作した。また、当事はまだめずらしかったエッチングの版画も制作している。レイデンは宗教画肖像画を得意とし、大胆な技術で実験的な作品を試みた。1527年にはネーデルラント各地を旅行している。

作品編集

 
「ロトと娘たち」

参考文献編集